« 2009年02月 | Main | 2009年04月 »
Marui Curren Shinjuku
3-18-1,Shinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo 160-0022

03-3354-0103

http://www.0101.co.jp/stores/guide/store020.html

MARUI CO.,LTD.


SHOP LIST
The latest shop list is on the ebook: Tokyo Fashion Shopping 2011


No.11:Image from Tokyo Fashion Shopping 2011

 2009/03/30 16:06  この記事のURL  / 
Marui One Shinjuku
3-1-20,Shinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo 160-0022

03-3354-0105

http://www.0101.co.jp/stores/guide/store060.html#

MARUI CO.,LTD.

SHOP LIST

The latest shop list is on the ebook: Tokyo Fashion Shopping 2011



No.13: Image from Tokyo Fashion Shopping 2011

 2009/03/29 16:30  この記事のURL  / 
東京国際アニメフェア2009に行ってきました
東京国際アニメフェアは、今回で8回目になる世界最大級のアニメの見本市です。
制作会社や玩具メーカー、放送局など255社が出展しています。(昨年は289社が出展しました。)

見本市はいつも、Something new(なにか新しいモノ)を見せてくれます。
モーターショウしかり、ゲームショウしかり。パソコンや家電のショウでも、各企業はこぞって斬新なアイデアを展示してきます。
特にファッション業界では、どの企業も、取り立てて新しいアイデアが思いつかない場合ですら、なんとか今風に見せることに腐心してます。

ところが、アニメフェアで目に付いたもの・・・。

ピカチュウ、トトロ、アンパンマン

冬のソナタ

エヴァンゲリヲン

NARUTO

ドラゴンボール

ジャングル大帝、ブラック・ジャック、宇宙戦艦ヤマト、名探偵コナン、ケロロ軍曹・・・などなど。

多くの企業が、おなじみの定番商品を前面に押し出して出展しています。
「なぜ??」というのが、素朴な疑問でした。

ここで、思い出したのが、以前読んだ「アニメーション産業の現状と課題 平成15年」(経済産業省)というレポートです。

曰く、
アニメの制作は利益が薄く、時には赤字になる場合もある。
一方、版権ビジネスは利益率が高い。
地上波、CS・BS、映画、海外番組、ビデオ・DVD、ゲーム、玩具、食品、文具、本・雑誌などに利用できる版権をどれだけ持っているかが、企業の経営の鍵になっている。
新しいものを生み出すより、既存の定番商品を二次利用三次利用したほうが儲かる仕組みになっている、というのがレポートの指摘です。

もしかしたらアニメフェアの実相は、版権(コピーライト)ビジネスのための見本市なのかもしれない、と感じました。

また、海外企業ブースも多くみかけました。
ジャパンエキスポを主催している、フランスのSEFA社もブースを出展しています。
社長のジェフや副社長のトマと再会できました。
「近頃、ジャパンエキスポに対する興味が急に高まっているのを実感する」と
トマがびっしり埋まったスケジュール表を見せてくれました。

こちらは、版権とはあまり縁がなさそうなので、少しほっとしました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Tokyo International Animation Fair

Tokyo international animation fair is one of the world biggest animation trade fairs, and this time it marks the 8th time.
In the exhibition participated 255 bodies such as film production companies and toy manufacturers and broadcasting stations (Last year 289 bodies)

The trade fairs always brings to me something new.
Each enterprise displays original ideas in trade fairs such as motor shows, game shows and shows of PC and home appliances.
Especially in fashion industry every enterprise endeavor to,
show its fresh and modern ideas even when it has not an ace idea.

However, what I saw in the Animation Fair this time was:
Pikachu, Totoro, Anpanman, Winter sonata, Evangelion, NARUTO, Dragonball, Jungle Taitei, Black Jack, Uchusenkan Yamato, Meitantei
Conan, Keroro Gundan and so on.
Many enterprises has exhibited well-known, routine repertoires in the front.
“Why?” was my simple reaction.

In this connection I remembered a report of Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) titled “Present Condition and Problem of Animation Industry, 2003”, which I have read before.

The report indicates:
Animation production is not profitable business and in some cases it even goes into the red, while copyright business is more profitable.
What is vital for a business management is how many copyrights they have for TV programs, movie films, videos, DVDs, games, toys, foods, stationeries, books and magazines.
A mechanism exists that the second and third utilization of existing regular items brings more profits rather than a new creation.
I felt that the reality of the animation fair is a trade show for the copyrights.

In the fair I saw many oversea booths.
Also SEFA, the French company, which organizes Japan Expo, had its booth there.
I happened to see Jeff again, the president of SEFA, and Toma.
This last showed me his appointment book filled with appointments, saying:
“Recently I could feel a tide of interest in Japan Expo.

I was relieved to find here no strong connection with the copyright.
 2009/03/20 00:11  この記事のURL  / 
バンドデシネの夕べ
バンドデシネ(bande dessinee)は、フランスやベルギーを中心としたフランス語圏のマンガです。
「描かれた帯」という意味のフランス語で、略してBD(ベデ)。

日本のマンガと違う点は、ストーリーより絵が重視されていることです。
フルカラーの作品が多く、絵とシナリオ、線画と彩色をそれぞれ別の人が担当することも珍しくありません。
A4サイズのハードカバーで、ページ数も50ページ程度。
コレクションとして集めている人も多いのだそうです。

東京・吉祥寺で行われたバンドデシネファンの集いに参加しました。
茶・BDBD(ちゃ・べでべで)と題するこの集いは、以前このブログでもご紹介した、マッシリアブルーの福井さん&ティボーさんが経営しているバンドデシネショップ・MBD(マベデ)が主催です。

会場になった吉祥寺「おちゃらか」は、フランス人がオーナーの「日本茶カフェ」。

ここには、日本が大好きなフランス人と、フランスが大好きな日本人がたくさん集っていました。

フランス人は日本のどこに惹かれるのでしょう。
会場で知り合いになったフランス人たちにその理由を聞いてみました。

「フランスでは、いつも『自分が、自分が』と言っていないと生きていけないから疲れる。」
「日本にいるとリラックスできる。」

・・・わかります。一歩外に出ると、常に何かと戦っているような感覚。
常に自己主張していないと、存在が認められない恐怖感。
私自身、フランス出張では、かなり「疲れる」経験が多かったです。

だから、「ゆるい」人間関係の日本にいるとほっとする、という彼らの気持ちがよくわかります。
そして、そんな感性を持つフランス人が決して少ないないこと知って、面白かったです。

人間は、自分とは正反対のものに、憧れを持つのかもしれません。

バンドデシネの、緻密で緊張感のある画を見ているたら、フランスで味わった「戦い」の感覚を思い出しました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Bande Dessinee Evening

A “bande dessinee” is a kind of manga in the francophonie, meaning literally a “drawn band”, abbreviated to BD.

Difference from Japanese manga is that it attached more importance to pictures than story.
The most of them are full colored work, and often pictures and stories, at times drawing and coloring are worked by different workers, available in A4 size hardcover with about 50 pages.
There are those who is gathering it as a collection.

I participated in a meeting of bande dessinee fans in Kichijoji, Tokyo.
This meeting named “Cha BDBD” was organized by a bande dessinee shop MBD, being managed by the couple Reiko FUKUI and Tibeau BESIEF of Massilia Bleue, whom I have introduced in this blog before.

Ocharaka in Kichijoji, the site of this meeting, is a Japanese tea parlor own by a French, in which gather French who love Japan and Japanese who love France.

What in Japan attracts French? I put this question to some French in the meeting.

“In France people have to keep asserting themselves to live, and it is very stressful.”
“In Japan we can be relaxed.”

I understand them. In France I felt as if I were always fighting among people. I was very uneasy lest others may fail to recognize my existence, if I do not keep asserting myself. During my business tour in France, often I have felt stressed myself.

So I understand that they feel easier here, where human relation are more carefree.
It was interesting experience for me to learn that quite a few French feel that way..

Human being may be attracted to an object that is direct opposite of himself.

Watching the elaborate and tense pictures, I remembered the feeling of fighting, which I have experienced in France.
 2009/03/09 12:46  この記事のURL  / 
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ