« 2008年10月 | Main | 2008年12月 »
さぬきの夢2008inパリ
香川短大でフランス語を教えている尾崎美恵さんからメールを頂ました。

急に寒気団がやって来て身も心も縮こまっておりますが、来年度の出展に向けて準備を始めております。
今年はステージで前衛の書や和太鼓のパフォーマンスを考えております。
今回も前回同様手探り状態です。企画書が出来上がったらお送りしたいと思います。


尾崎さんは、昨年7月のパリ・ジャパンエキスポで知り合った方です。

「さぬきの夢2008」というブースを出展し、讃岐うどんの半生麺や香川県特産の庵治石、漆器、うちわ、手すき和紙、水引、凧、書などの伝統工芸、アーテストの作品を展示即売していました。
(また、会場の大型スクリーンではヨーロッパ初公開の映画「UDON」を上映しました。)


左側の小柄な女性が尾崎さん

尾崎さんがジャパンエキスポ出展を思い立ったのは、フランスの語学研修で立ち寄ったパリのうどん屋でした。1400円の掛けうどんに行列する人々見たとき、この人たちに、本場の「さぬき文化」を紹介したい、とい思いがふつふつと湧き上がってきたのだそうです。

KUNITORAYA : Un tres bon restaurant d'Udon a Paris.

しかし、日本からのジャパンエキスポへ出展するとなると、渡航費も合わせて数百万円もの費用が必要となります。
お金もコネもなく、まさにやる気だけのゼロからのスタートでした。

スポンサーを見つけるために、少しでも関係ありそうなところには、飛び込み営業。しかし、ほとんど相手にされずに、当たり前のように断られたそうです。
多くの人は、尾崎さんの企画と情熱には感嘆し、「がんばってください、何かあればご相談にのります!」と励ましの言葉はくれるものの、実際にお金を出してくれる人は、本当に少ない。
それでも、断わられるほど俄然張り切る尾崎さん。あらゆる人に「さぬきの夢」を語り、関心を示す人がいればどこへでも出かけ、遠方の人には手紙を書き、新聞にエッセーも書く・・・。

その甲斐あって、最後には、国土交通省四国運輸局・香川県・香川県観光協会・NHK高松放送局・在フランス日本国大使館・ジェトロ香川・(社)香川経済同友会などの後援をいただくことができました。
また、映画「UDON」の版権を持つフジテレビも破格の値段で応じてくれたそうです。

映画『UDON』(フジテレビ)より

そして、ボランティア2名といっしょにフランスに乗り込み、香川の特産品やアート200キロを会場ブースに持ち込んだのでした。

在仏日本大使館は、「さぬきの夢2008inパリ」を日仏150周年事業として登録し、公邸で行われた「ジャパンエキスポ」前夜祭へ招待してくれました。
また、現地の高校教師、女子中学生、パティシエ、フランス外務省勤務の日本語教師などがボランティアとしてかけつけてくれました。

ブースでは、丸亀団扇、半生うどん、手ぬぐい、五本指ソックスなど、面白くて手ごろな値段のものから売れていきました。
また、絹の布草履、讃岐提灯、砂子染め、墨彩画、古布ジュエリー、皮工芸、凧、瓦などにも興味津々。本物の日本工芸品を紹介しているブースが他にはなかったからです。
結局、展示販売の代金で出展費用を購うことができたそうです。

たった一人の女性の熱い思いが、周囲を動かして、「さぬきの夢」を現実にしてしまいました。

「必要なものはお金ではなく、くじけない情熱と、それを支える多くの人の支えとネットワーク、これ以外の何ものでもないと・・・!」

尾崎さんの言葉には、やり遂げた人にしか語れない重みがあります。

 日増しに丸亀城の木々が色付き始め朝晩我々の眼を癒してくれておりますが、お世話になっております。ご縁と言うのは不思議ですね。

 ところで、今年も国交省の「よーこそジャパン」のキャンペーン支援事業として補助金を申請いたします。そこで、私も来年彼等に観光アンケートを実施を考えております。

来年はブースとステージを借りる予定ですが、そこで何か「おまけ」のようなグッズをつけて・・・と思っておりますが、如何でしょうか。アドバイス頂ければ幸いです。
 尾崎美恵


尾崎さんのパワーはいささかの衰えも見せていません。
来年もまた、さまざまな協賛や後援をとりつけて、パリの会場に乗り込むことでしょう。

「さぬきの夢2009inパリ」は、すでに始まっています。

墨のアーティスト樋笠幸三氏(香川県在住)の作品


■「さぬきの夢2008inパリ」の展示内容

  :めりけんや        うどん半生200食
  :吉原食糧株式会社     製粉業
  :ななみ屋         庵治石の灯篭「さび」・「ありあけ」
  :川口屋漆器店       漆器(ブローチ・ピアス・ペンダント)
  :結納センター 土田    水引の髪飾り
  :セント・レデース     和の衣類
  :5センス          靴下 (へんろたび・オリーブソックス )
  :オルネット        和雑貨 (手ぬぐい・風呂敷)
  :内田紙工 和凧
  :塩屋団扇商工業協同組合 団扇
  :三谷順子(うちわ工房 竹) 団扇
  :三好商店 讃岐提灯
  :大栄窯業株式会社     淡路瓦(コースター・アクセサリー・箸置き)  
 アーテスト
  :樋笠 幸三 (前衛書道家)3mブースの壁面を書で飾る・
  :大塚 岳(陶芸家)    抹茶茶碗
  :原田 諭起子(装飾作家) 待宵和のアクセサリー
  :藤本 玲湧(クラフト作家)風船葛 革製品
  :るいまま組みチーム


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Dream of Sanuki 2008 in Paris

I received an email from Ms. Mie Ozaki, who is teaching French in Kagawa College.

Shuddering in the recent cold wave I am preparing for the next year presentation. A performance of an avant-garde calligraphy and a presentation of Japanese drums are in perspective.
I am fumbling my way this time as I was last time. I will send you a project paper as soon as I finish it.


Ms. Ozaki is one I was acquainted with in the last Japan Expo in Paris.

At the time she set up a booth named “Dream of Sanuki 2008” and sold half cooked Sanuki Udon (wheat noodle), Ajiseki stone a special product of Kagawa Prefecture, japanwares, handmade Japanese paper, mizuhiki, kites, traditional art works as calligraphy and works of artists. (On a big screen in the site a film “UDON” was presented first time in Europe.).
It was at a Udon shop in Paris, she dropped in as a French language trainee, that she had an idea to set up an Udon booth in Japan Expo. Seeing people standing in a queue for udon for 1400 yen a bowl she strongly resolved to present a genuine Sanuki Udon on the occasion.

However, in order to realize that idea it will cost several million yen including the travel expense. With no money, nor connection she kicked of from zero.

She has tried to catch every possible chance to find out sponsors, But mostly she was neglected and routinely rejected
Many people, however, cheer her up, admiring her planning and enthusiasm, saying “I will help you when you will be in a pinch.” but few people have actually fund her. Rejection, however, made her work harder. She talked to everybody about her dream of Sanuki, mailed to distant acquaintances and wrote essays on news papers.

As a result of her exertion she succeeded at getting the backups of Tourist Association of Shikoku District Transport Bureau of MLIT, Kagawa Prefecture, Tourist Association of Kagawa Prefecture, NHK Kochi Broadcast Station, Japanese Embassy in France, JETRO Kagawa and Kagawa Association of Corporate.,
Besides, Fuji TV, the holder of copyright of the film UDON, permitted her present it at rock-bottom price.

And she went to France with two volunteers carrying 200 kg of specialty products and art works of Kagawa Prefecture to booths in the site.

The Japanese Embassy in France registered the “Dream of Sanuki 2008 in Paris” as a memorial project of Japan-France 200th anniversary, and invited it to the eve party of Japan Expo in the embassy residence.

The booth enjoyed large sales of Marugame fans, half cooked Udon, Japanese facecloths and five toed socks, those with different looks and accessible prices. Furthermore, Japanese silk zoris, sanuki lanterns, dyed objects of Sanuki, ink brush paintings, fabric jewel bags, leather craft works, kites and roof tiles
attracted visitors, for there was no other booth exhibiting and vending Japanese art works.

A fervent desire of a woman has moved others and realized “Dream of Sanuki.”
A really required thing is not money, but an adamant enthusiasm and the network which supports it, that’s all.
Her words are so heavy because nobody but those who accomplished something can utter.

Day by day it is getting more peculiar the autumn colors of Maruyama Castle comfortable to my eyes. Thank you for all your trouble. Let us keep our emotional ties!
By the way, I am going to apply to the Tourism Ministry for a subsidy as a cooperating body with its “Yokoso Japan” campaign, and planning a tourist questionnaire on the site.
And I will rent a booth and a stage there, and will prepare some sales incentive. How do you think about it. I would be very glad if you give me an advice.

Mie Ozaki


Power of Ms. Ozaki shows no sign of weakening.
She will appear in Paris, with many cooperation and backings also in the coming year.

“Dream of Sanuku 2009 in Paris” is already beginning.
 2008/11/28 18:28  この記事のURL  / 
「外国人客増、5割強が『不安』」への疑問
疑問に思う記事がありました。
観光庁が行った「観光立国と観光庁に関する世論調査」に関する記事です。

日本を訪れる外国人旅行客が増えることについて、5割強の人が治安面で不安に感じていることが政府の「観光立国と観光庁に関する世論調査」で22日、分かった。

訪日外国人客(年間)は、2007年に過去最高の835万人を記録。政府は10年までに1000万人に増やすのを目標に誘致活動を進めているが、受け入れ態勢の整備とともに治安対策の強化も求められそうだ。

 調査結果では、外国人客が増えたと感じている人は8割。ただ、外国人客の増加について聞いた質問(複数回答)では、「治安面から不安で、何らかの対策が必要」と答えた人が最も多く53%。「地域社会でトラブルが多くなる」も27%いた。「国際交流が進む」は51%、「地域経済の活性化につながる」は40%だった。

(11月23日2時52分配信 時事通信)

この「観光立国と観光庁に関する世論調査」について、観光庁のウェブサイトを探してみたのですが、見つけることができませんでした。
全貌がわからないので、想像してみると・・・、

質問:あなたは最近外国人客が増えていると感じますか?
(1)非常に増えている(2)やや増えている(3)変わらない(4)減っている

といった質問に対して、
(1)か(2)を選んだ人が8割程度いた、というようなことではないかと思います。

同じように、
質問:外国人客が増えていることに対して、あなたはどのように感じますか。(複数回答可)
といった設問に対して、チェックの多かった選択肢が、

・治安面から不安で、何らかの対策が必要=53%
・国際交流が進む=51%
・地域経済の活性化につながる=40%
・地域社会でトラブルが多くなる=27%

だったのではないでしょうか。

これは、とても常識的な答えだと思います。
もし、自分がアンケートに答えたとしても、選ぶ選択肢だと感じました。

まとめるなら、

・国際交流が進む反面、治安面の何らかの対策が必要
・地域経済の活性化につながる反面、地域社会のトラブルも増える

と言うことだと思います。

ところが観光庁は、これを、
・外国人客増、5割強が「不安」
という風にまとめています。

政府世論調査の結果を、詳細まで読む人は少ないでしょうから、「5割強が不安」が一人歩きすることは間違いないでしょう。
何か意図することがあって、あえてエキセントリックな結論にまとめたのでしょうか。
みなさんは、どう考えますか?


詳細な調査結果が、そのうち、観光庁のウェブサイトに掲載されるはずです。
実際はどうなのか、しっかり確認していきましょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Question to "Increasing visitors from abroad - More than 50% are anxious"

I have found a questionable report - "the opinion survey on the national tourism policy and the Tourism Agency" conducted by the Tourism Agency.

It is found on 22 November, that more than 50% of the polled were anxious for the rising number of visitors from abroad according to "the opinion survey on the national tourism policy and the tourism agency" conducted by the government.

The annual number of the visitors from abroad marked 8,350,000 last year - the greatest so far. The government is now engaged in enticement activities to raise this number to ten million until 2010. Parallel to the preparation of the receiving facilities, promotion of the security measures may be urgent.

Results of the survey: 80% of the respondents feel the increase of the visitors from abroad; and as a result, 53% (multiple answers allowed) "feel anxiety in the public security, and some security measures needed"; 27% "think troubles will increase in local society"; 51% " expect the international exchange will progress"; and 40% "expect the local society will be activated."

I have searched in vain the website of the Tourism Agency for "the opinion survey on the national tourism policy and the Tourism Agency" Not knowing the whole picture, I made a following supposition:

It is supposed that 80% of the respondents have chosen (1) or (2) from the following form.
Question: Do you feel the visitors from abroad are increasing in number?
(1) very increasing, (2) somewhat increasing, (3) constant, (4) diminished

In like wise,
Respondents have answered as follows to the following question:

Question: What do you think if the visitors from abroad are increasing? Choose from the following branches (multiple answers allowed).

I feel anxiety in the public security, and some security measures needed (Yes=53%).
I expect the international exchange will progress (Yes=51%)
I expect the local society will be activated (Yes=40%)
I think troubles will increase in local society (Yes=27%)

These might be very commonsensical answers. I myself would answer likewise.
It may be summaries as follows:

- Some security measures are needed, while international exchange will progress.
- Troubles will increase in local society, while the local business will be activated.

However, the Tourism Agency summarized this as:
Visitors from abroad are increasing, and more than 50% are anxious for it.

Few people read results of governmental survey in detail, so "more than 50% are anxious for it" will no doubt go around independently. What speculation has made this eccentric result? How do you think about it?

Soon we will be able to gain survey results from the website of the Tourism Agency. Let's grab the real cause of it firmly.
 2008/11/24 10:45  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ2008【確定数値】
ジャパンエキスポを主催しているフランスSEFA社のシボ紗江さんから、「ジャパンエキスポ通信」というニュースレターをいただきました。
彼女は今年の9月からSEFA社日本担当になった方で、以前は、日本のポップカルチャーをフランスで広めるコーディネートの仕事をしていたそうです。

ジャパンエキスポ2008に関する確定数値が載っていたのでご紹介します。

・来場者
2008年の来場者数は134,467人(確定値)でした。(2007年の80,727人から急増してます。)

男女の比率はおよそ半々で、大半は学生さんです。会場の雰囲気が、文化祭ノリになる理由も分かりますね。



来場者の居住地はフランス国内が中心で、フランス以外の国からは12%です。
少ないように感じますが、人数に直すと16,000人以上が国外から来ていることになります。

来場者の満足度はかなり高く、実に93%が「また来たい」と答えています。


・出展者
2008年の出展者数は381ブースでした。(2007年は263ブース)。
プロが169ブース、アマチュアが212ブースということなので、B to C (企業対消費者)だけでなく、C to C (消費者間)の取引も多かったことがわかります。

出展者の国籍は12カ国。日本人以上に、上手に“日本”をビジネスにしている国もあるようです。

出展者の満足度も高く、92%が「満足」または「とても満足」と答えています。

確かに、圧倒的な集客力と来場者の滞留時間の長さについては、文句のつけようはないだろうと思います。

私が会場で行ったコスプレイヤー「50人アンケート」結果もあわせてご参照ください。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Japan Expo 2008 (figures)

We received a News Letter, Japan Expo Tsuushin, from SEFA France Co. that hosts Japan Expo.
I will present the definite figures about Japan Expo, that were on this news letter.

- Visitors
The definite number of visitors in 2008 was 134,467. (It made a big surge from 80,727 in 2007)

The ratio of men to women was fifty-fifty, mostly students. It is comprehensible why the atmosphere of the site was like that of campus festival.

The visitors were mostly from France, but 12% of them were from other countries. That means considerable number of 16,000 were from other countries.

The satisfaction level was significantly high, and 93% of them said, "I will come again."

- Exhibitors
The number of exhibitors in 2008 were 212 booths. (263 booths in 263) Along with B to C, there were considerable number of C to C.

Exhibitors belonged to 12 nations. Many non-Japanese exhibitors seems to do business on 'Japan' more than Japanese do.

Satisfaction level of exhibitors were high enough, and 92% or more answered "satisfied" or "very satisfied".

Admittedly overwhelming number of visitors and their long staying might be perfect conditions.

Ref: "Questionnaire to 50 visitors"
 2008/11/21 16:14  この記事のURL  / 
マンガを通じた日仏交流〜アンシャントマン
大阪にある、株式会社アンシャントマンさんを訪問しました。

マンガを軸にして、日本とフランスとの文化交流をビジネスにしている会社です

企業ミッションは「マンガ文化を通じて、世界中の人々を魅了し、人類の幸福や発展に貢献」すること。
ジャパンエキスポをはじめフランスのマンガ関連イベントに9回出店販売の実績を持っています。
(チビジャパンエキスポのプログラム)

社長の松山秀俊さんは、大学卒業後ゲーム業界に就職。その後、神戸大学大学院に再入学し、マンガ文化を研究された方です。
修士論文は「日本のマンガ文化が異文化社会を魅了するメカニズム〜フランスを対象に〜」です。

その、松山さんとお話をしていて、共感することがとても多いと感じました。

例えば・・・、
・クールジャパンの原点はマンガ・アニメにある。
フランスでは、80年代から海外進出した日本のマンガ・アニメを、子供の頃から見て育った世代が、大人になろうとしている。
マンガやアニメを通じで日本を知り、憧れている世代で、彼らがクールジャパンを引っ張っている。

・しかし、このクールジャパン現象に、日本人が、積極的に何か貢献したわけではない。
海外からこんなに熱い視線を集めていることに、あまり関心がない。
むしろ日本人以外の国の人が、クールジャパンビジネスを手がけているし、まがい物も増えている。
そろそろ、日本人が本気で海外に向けて情報発信する時期だ。

・日本のサブカルチャーいうと、男のオタクというイメージが強い。
しかし、それはマスコミのイメージで、実際は女性のファンも多い。
フランスのジャパンエキスポにも男女は半々だ。 だから、おしゃれな感じがするし、お金も使う。
日本でも、もっと普通に女性が集まることができるイベントをやれるはずだ。
・・・・などなど。

今フランスではマンガ「ヒカルの碁」の影響で、碁のブームが起きているそうです。松山さん自身も、なんとフランス人から碁の手ほどきを受けたとか。
柔道やカラテなどを愛好する人の数も、日本よりフランスのほうが多くなっています。
すでに、こんな逆転現象も、起きはじめているのです。
(フランスの日本マンガ情報誌)

奥様のペイリン(Pei Ling)さんは、台湾出身です。
裁判所で北京語と英語の通訳の仕事をされていたのですが、今は松山さんの仕事のお手伝いしています。
台湾での、日本人気もなかなかすごいそうです。
例えば、本屋さんに入ると、店の半分は日本語の本が売られていて、
「ここはどこ?」と錯覚してしまうのだとか。
(松山さんと奥様のペイリンさん)

アメリカ村にあるメイド喫茶に連れて行っていただき、三人で食事をしました。
秋葉原にあるメイド喫茶とは違って、しっかりとした食事もできるレストランでした。

(e-maid/ maid cafe & restaurant)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

- Japan-France cultural exchange through manga - ENCHANTEMENT

I visited the company Enchantement in Osaka, a company which does business for Japan-France cultural exchange with manga as an axis.

Its company mission is to "enchant world people and contribute to the happiness and development of the human being". It records 9 times in the participation in the Japan Expo and other manga-related events in France with vending booths.

The boss of this company, Hidetoshi Matsuyama, was once employed in a game business, but after that he entered again into the postgraduate course of Kansai University to study manga culture. His master's thesis was "The mechanism how Japanese manga enchants different culture societies - with France as an example."

In conversation with Mr. Matsuyama I sheared many points in the opinions with him.

For instance:
- The origin of the phenomenon Cool Japan is manga and animation. In France the generation that grew with manga and animation since 1980, have attained the adult ages now.
This generation that was acquainted with Japan through manga and animation and came to yearn for it, now exert traction on Cool Japan.

- But no Japanese has positively contributed to this Cool Japan phenomenon. Japanese pays little attention to this intense look from abroad. Rather, many non-Japanese are getting their hands on it, and phonies start to appear.
It's the time now Japanese have to send information overseas.

- The word "Japanese subculture" probably remind you male "otaku". But. that comes from mass communication bias. There are many female "otaku".
Among visitors to the Japan Expo in France the men to women ratio was half to half. They are fashionable, and consuming as well.
Also in Japan have to be a event in which ordinary women can participate, and it certainly possible.

According to him, a manga "Hikaru's go-play" effect on the boom of a game of go in France now. Mr. Matsuyama himself have learned go from a French. More people devoted themselves in judo and karate in France than in Japan. Even such an inversion phenomenon are taking place.

His wife Mrs. Pei Ling comes from Taiwan. She was working as a Chinese-English interpreter in courthouse, but now she is helping him in his business.
Popularity of Japan in Taiwan is something, too. For instance in a bookstore in Taiwan a half of the shelves are occupied by Japanese books, and make you cry where it is here.

We, three, sat at a table in some maid cafe in American Village. I could enjoy there authentic dish, different from that of a maid cafe in Akihabara.
 2008/11/20 14:05  この記事のURL  / 
スーパードクター
今朝、偶然、テレビでスーパードクターの特集を見ました。

宇山一郎医師といい、藤田保健衛生大学病院消化器外科教授で、腹腔鏡下手術による胃切除術で、胃の全摘に世界で初めて成功した方だそうです。王監督の癌の手術を担当して有名になりました。

そのスーパードクターの顔をボーっと見ていて、はっと気付いたのですが、なんと、中学のときに同じクラスだった「宇山君」なのです。
30年以上経っても、面影はあるものです。これには、びっくりしました。

宇山君は野球部でした。その頃の野球部は部員数も多くて、どこか開き直ったふてぶてしいヤツも多かったですが、彼は育ちが良いのかおっとりしていました。

国語の授業で、「特急」は何を短縮した言葉かという質問に、当てられた宇山君が、しばーらく考えてから、「特急列車」と答えたことを覚えています。正解は「特別急行」。坊主頭が真っ赤になっていました。
(なぜこんなことを鮮明に覚えているのか、よく分かりませんが・・・。)

その後宇山君は、一生懸命勉強して医者になり、さらに努力して、少年時代のスーパースター王貞治の癌の手術に成功。スーパードクターになったわけです。

「神の手を持つ医者」宇山一郎。
手術で命を救われた患者さんからは、本当に、神様のように映ることでしょう。
間違いなく世のため人のためになっていると確信が持てる仕事をしている・・・羨ましい限りです。

というわけで、今朝は、
「自分も、いつかは他人様から感謝される人間になりたいものだ」
と、志を新たにしたしだいです。


宇山 一郎(うやま いちろう) wikipedia
経 歴
静岡県に生まれる。少年時代は野球に打ち込み、王貞治にあこがれたこともある。
1985年 岐阜大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部外科学教室入局
1991年 練馬総合病院勤務
1997年 藤田保健衛生大学消化器外科講師
2002年 藤田保健衛生大学消化器外科助教授
2006年 藤田保健衛生大学消化器外科教授。王貞治の胃がんの腹腔鏡手術を執刀し、話題となる。
2007年 三遊亭圓楽 (5代目)の胃がんの腹腔鏡手術の執刀した。

主治医が見つかる診療所(TV東京)
カテゴリ: 日本の医師 | 静岡県出身の人物


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

A super doctor

This morning unexpectedly I saw a special topic of a super doctor on TV.

A doctor named Uyama Ichiro is a professor of Fujita Health University Hospital digestive surgery, who marked the world first success in the laparoscopic operation. He has become famous as a doctor in attendance of the cancer operation of Oh.

I was looking blankly at his face on TV, when I became conscious that he is Uyama, one of my middle school classmates. After 30 years the face shows signs of him. I was surprised.

He belonged to the baseball club. The club members generally had a terrible attitude, but he was an unfussy person, probably because of his gentle nurture.

I remember a scene - In the Japanese lesson he made a wrong answer to a teacher's question and was very embarrassed. I don't know why I remember this.

After that he worked hard in school to be a doctor, and with more hard work to success in the operation of a cancer of Oh, his boyhood idol superstar, and he himself has become super doctor.

Uyama Ichiro, a doctor with hands of God
The patients saved by him must regard him as a god. He is really enviable, because his work without doubt contribute to the people.

This morning I renewed my resolution that I will be a person, who will be really appreciated by others.
 2008/11/17 14:09  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ