« 2008年08月 | Main | 2008年10月 »
アバクロは日本で買えますか
外国人フォーラムでは、アバクロことアバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)が大好きな少年が、日本でアバクロを買うことができるかどうかを心配しています。
ちょっと覗いてみましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本で2年間ほど暮らすことになりました。そこでみなさんに伺いたいのは、日本にアバクロがあるかってことです。
もしあるのなら、値段はアメリカと同じくらいですか?
ボクはアバクロしか着ないんです。良いお答えをお待ちしております。
ちなみに、住むのは京都です。
by XxXGirlXxX 2007/4/19



私の知る限りアバクロの店は日本には無いわね。もしかしたら、これは、あなたにアバクロの支店をやれていう天の声かも・・・なんてね。
別のブランドを着なさいよ。日本人デザイナーのでもなんでもね。それかネットで買うことね。ただし、靴なんかは関税に注意しなきゃだめよ。ホントに高く付くから。
by Sira 2007/4/19

ボクが見たり、友達から聞く範囲では、日本でアバクロを手に入れるには、相当余計にお金を出すつもりでないと無理だね。
Siraの言うとおり、アバクロは日本に直営店を持っていない。単品だったら、日本のファッション雑誌でアバクロの記事を見つけたり、個人経営の店で割高の商品を買うことはできるだろうけど。
by Dave 2007/4/19

他のブランドを探しなよ。
日本にはイケてるブランドがたくさんあるよ。キミ年はいくつ?
ボクは京都に行ったことがある。アバクロはインポートショップでなら買えるけど、メチャ高いよ。Tシャツで6000円くらいかな。
あと、東京でアバクロのでっかい看板を見たけど、もし日本に一軒も店がないんなら、意味わかんないね。
by Phil Tomsovic 2007/4/19

うむむむむむむ。。。
ボクは17歳ですが、何か?
ボクはアバクロが好きでアバクロについては何一つ問題がないのに、日本に行くってだけで、何でそれを変えなきゃいけないのか理由が分からない。これは日本から来た人に対して日本で買った大好きな服には絶対触るなよって言っているようなもんだと思う。
日本には「もっとイケてる服」があるっていうけど、何を基準にもっとイケてるって言えるの?持ってる服はみんな違うのに。
ゴメン、、興奮してしまった。
by XxXGirlXxX 2007/4/21

ブランドの比較は置いておいて。。。
アバクロよりイケてるブランドがあるかどうかって問題じゃなくて、日本ではアバクロがめちゃめちゃ高いってことが問題なんだよ。
もし買えるくらい金を持っているなら買えばいい。でも日本での2年間で、バカ高い店に余計に金を払うが嫌だったら、別の手を考えなきゃしょうがないだろ。海外通販はけっこう高くつくよ。
by Dave 2007/4/21

オレが日本に行った時に見た2本で100ドルくらいだったジーンズは、(アメリカでは)30ドルから35ドルくらいだった。
オマエ、自分が何言ってるんだか、わかってなんじゃないの?
もし、日本でジーンズを買うとアメリカの3倍払わなきゃならないとしたら、アバクロのジーンズはアメリカで100ドル位するから、
日本では軽く250ドルから300ドルするってことだぜ。
オマエのアバクロ好きは分かったよ。でもそんなのどうやって買うんだよ。
それに、もしそれを買える位の金を持っているんなら、なんで新しいものにチャレンジしないの?
オマエの強情さにムカツクよ。
by t.h. 2007/5/11



多分こういうことだと思うの。
あなたはリンゴの産地に住んでいる。ここではリンゴは安くてホントにおいしいわ。だからあなたはリンゴを沢山食べる。
でも、例えばマンゴーは、ここでは高いし、遠くから運ばれてくるからあんまり美味しくない。だからあなたはマンゴーはあまり好きではない。
それでは、あなたがマンゴーの産地に行くとしましょう。そこではマンゴーがホントに安くて美味しいの。でもリンゴは高くてあんまり美味しくない。
あなたはリンゴだけを買って食べ続けるかしら?それともマンゴーに挑戦してみる?
by sazae-san 2007/5/11

何か新しいことに挑戦する。
心を開くってことね。
アバクロが好きなことは良く分かったわ。でも洋服の趣味ぐらい柔軟に対応できなくて、異文化の中でどうやって暮らしていくつもり?新しい環境に適応できない人はつらいわよ。
日本に行って僕マクドナルドしか食べませんって言っているようなもんだわ。
私自身も、自分が大好きな洋服のブランドをもう着れないの、でもなんとかするつもり。
私を信じて!人生ではもっともっと悪いことだって起こるわ。
別のブランドの服を着たって、心にも体にも、何にも起こりはしないわよ。
by Sira 2007/5/11

最近、アバクロが2009年に東京に出店するって記事を読んだよ。
by cazam 2007/9/20




Abercrombie & Fitch in Japan
Hi I am going to be in Japan for about 2 years. My question is does Japan have A&F? .. and if so is it as expensive as it is in the US? ... I wear only A&F so I am hoping I get a good answer.
I'll be in Kyoto BTW.
by XxXGirlXxX 2007/4/19

A and F
Abercrombie and Fitch has no outlets in Japan that I'm aware of. Perhaps this is a signal that you should branch out and...try another brand! Japanese designers even. Or you could order it online- watch out for the customs duty on items like shoes though, as it can get really expensive.
by Sira 2007/4/19

A&F in Japanese boutiques
From what I have seen and heard from my friends in Japan, if you want A&F, expect to pay a premium for it because as Sira stated, A&F does not have an official outlet in Japan. Being a commodity, you will still find articles written about A&F in Japanese fashion magazines and may be able to find them with a mark up in individual boutiques in Japan.
by Dave 2007/4/19

Branch out...
There are so many better fashion lines out there. May I ask your age?
I was in Kyoto and you can see A&F at trade-clothing shops, but they are really expensive. I saw t-shirts for 6000-yen. I also saw a billboard for A&F in Tokyo (a huge one), which I can't understand if they don't have an outlet in Japan.
by Phil Tomsovic 2007/4/19

ummm...
i'm 17 and i'm sorry but I like A&F and there's nothing wrong with A&F so i don't know why i would have to change just because i am in japan. that would be like asking someone from japan never to touch their favorite clothing like from japan again.
"better clothing lines" .. how can you base whats better? to each his own.
sorry but that's my feelings.
by XxXGirlXxX 2007/4/21



Brand-comparisons aside...
This really is not about if there is a "better" brand than A&F. It's about A&F being insanely expensive in Japan. If you can afford it, then more power to you. But if you don't want to pay for the boutique mark up in your 2 years in Japan, you will have to figure out some other way to get A&F. International shipping isn't exactly cheap.
by Dave 2007/4/21

When i went to Japan i saw a pair of jeans for about $100 U.S. The same pair of jeans cost between $30.00 and $35.00 a pair. You really don't know what you're doing here. If a pair jeans is three times the cost in japan compared to the cost in America, and Abercrombie jeans cost around a $100 then then Abercrombie jeans in Japan could cost between $250 or $300 dollars a pop.
I understand you may like Abercrombie and what to wear it. But, it may not be possible. Why not try something new?
Your stubberness is irritating.
by t.h. 2007/5/11

just an example
Say you live in a place where they grow lots of apples. Apples are cheap, and they're really delicious. So you eat a lot of apples. And say for example, mangoes are expensive and they don't taste so good since they have to be shipped a long way, so you don't eat mangoes. You don't even like mangoes.
Then you go to a country where they grow mangoes, so mangoes are really cheap and delicious, but apples are expensive and don't taste so good. Are you going to continue to buy and eat only apples? Or are you going to try the mangoes?
by sazae-san 2007/5/11

Trying something new:
It's called "openmindedness".
I understand you like A and F but if you can't be flexible with your clothing choices then how will you survive in a foreign culture? People who can not adapt have a hard time in new situations.

It is a lot like coming to Japan and refusing to eat anything but McDonalds.

As for being told I couldn't wear my favourite brand of clothes any more, I would....deal with it. Believe me there are far worse things that can happen in life. You will not suffer either physically or mentally if you have to wear a different clothing brand.
by Sira 2007/5/11

2009
i just recently came across an article that said that they were opening an A&F store in 2009 in Tokyo.
by cazam 2007/9/20


(japan-guide.comより 栗田訳)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

アバクロは、20代前半をターゲットにした、米国のヴィンテージ風カジュアルブランドです。

健康的でセクシーな体にフィットするデザインが人気で、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spear)、ブラッド・ピット(Brad Pitt)、デビッド・ベッカム(David Beckham)などセレブご用達ブランドとして有名です。

日本では、木村拓哉さん浜崎あゆみさんなど多くの芸能人に愛用されていることから、直営店がないにもかかわらず、大人気ブランドとなっています。



アバクロは、いままで海外展開にはあまり積極的ではありませんでした。2007年に計画された日本出店をペンディングにした実績もあります。

しかし、アジア初の旗艦店を、2009年末までに、銀座にオープンすることを正式に発表しています。


「これがもう少し早ければ・・・」と、質問の少年はさぞ悔しがっていることでしょう。
 2008/09/19 19:52  この記事のURL  / 
通訳案内士さんたちと原宿を廻りました
日曜日の午後に、通訳案内士さんたちと、「竹下通り〜裏原宿」を3時間ほどかけて廻りました。

原宿ゴシックアンドロリータツアーです。



通訳案内士さんは、海外事情にも詳しい方が多いのですが、
大きくふたつのことに「驚いた」そうです。


1.狭いエリアに多様な店が密集しているのに、驚いた。

海外の観光地では似たようなお店が延々と軒を連ねているのを見かけますが、
竹下通りや裏原宿には、裏通りや地下にもいろんな店があって、それぞれが自己のファッションを主張しています。

一口に、ゴスロリショップといっても、お店によって雰囲気が全く異なります。匂いも空気も違うのです。





その理由として、このエリアは、家賃が高いので、生存競争が激しいことが挙げられます。

多くの店は数年で入れ替わってしまいます。一方で、流行を取り入れながら生き残る老舗も多いです。

その結果、時代の流行を反映しながらも、差別化を図るお店の集合体となっているのです。



2.これだけ人が密集しているのに、あまり犯罪に対して用心していないのに、驚いた。

海外のこの手の観光地には、スリやヒッタクリはつき物です。
物乞い、薬物売人、勝手ガイド(勝手に説明してまとわりつく。断り続けると逆ギレする)、偽警官なども観光客を狙っています。

だから、観光ガイドブックにも、注意事項として、

・買ったばっかりと思われる真新しいブランドロゴ入りバックや紙袋を持つ。
・海辺以外で短パンやタンクトップ を着る。
・若い女性のあまりに開放的な服装。
・地図やガイドを持ってうろうろする。
・大きな手荷物をいくつも持って、ボーと見ている。

などは控えましょう、と書いてあります。



ところが、竹下通りや裏原宿では、たいていの人はこのどれかの行為をしています。
外国人観光客も、のほほんとした顔をして歩いています。

犯罪者の立場からすれば、このあたりの観光客の財布を狙うよりは、他にもっと割りのいいビジネスがある、ということなのかもしれません。
日本はまだ恵まれているのです。



当たり前すぎて見落としがちですが、
この「多様性」と「安全性」は、インバウンド(外国人観光客誘致)のための貴重な財産だと感じました。

もっともっと世界にアピールしていきたいですね。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Touring Harajuku with interpreter-guides

On Sunday afternoon, I toured Takeshita-dori and Ura-harajuku for over three hours with some interpreter-guides.

It was a typical Gothic and Lolita tour, and two things surprised the interpreter-guides, who have a wide range of experience with foreign street conditions.

The first surprise was the density of shops within a small area.

High concentrations of shops can often be seen in overseas sightseeing spots too, but in Harajuku there are also various shops on back streets and underground, each with a fashion of its own.

Despite all being Gothic and Lolita shops, they are all different from one another, and each has a different smell and a different atmosphere.

One of the reasons for this is that rents in the area are high, and shops must strive to stay in business.

Although many shops last only a few years, there are also numerous long-established stores that survive by adopting and updating their fashions.

As a result, there is an aggregate of shops that maintain different characters while reflecting the fashions of the time.

The second point that surprised the interpreter-guides was the fact that people are not so alert to crime, despite the high density of people.

In contrast, pickpockets and bag-snatchers usually operate in overseas sightseeing spots. There are beggars, drug dealers, pushy guides (who start guiding uninvited and follow tourists, then get angry if they are ignored) and people posing as police officers, all of whom target tourists.

For these reasons, overseas tourist guide books generally warn that people should refrain from:

* carrying brand-new logo-marked bags or a paper bags
* wearing shorts and tank tops other than at the seaside
* exposing too much bare skin (for women)
* wandering while holding maps or guidebooks
* walking with lots of luggage

However, in Takeshita-dori and Ura-harajuku, most people engage in one or more of these acts. Foreign tourists can walk there carefree.

Maybe criminals find better business elsewhere instead of picking the pockets of tourists in this area. Japan is indeed still blessed.

It is a simple but easily neglected truth that diversity and safety are huge plus points for inbound tourists; such advantages should not be forgotten.

These points will help to increase our appeal to the world.

 2008/09/16 09:00  この記事のURL  / 
ラフォーレ原宿のアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne )
ラフォーレ原宿の前を通りかかったら、歩道が大渋滞していました。
アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne )のイベントが終わったところで、出待ちの人でごった返しているのです。

アヴリル・ラヴィーンはカナダ出身の人気ロックシンガーです。
ラフォーレ原宿とは、館内18店舗でラヴィーンをイメージした限定商品を販売するというコラボレーションを行っています。
また、1階のエントランスには、彼女のオリジナルブランド「Abeey DAWN」を期間限定出店していました。
ファサード、内装ともに全面にピンク色を採用した目を引くブースです。
小柄な体型で着こなすパンクファッションを売っています。

せっかく遭遇したのだから、彼女をデジカメに収めようとおもったのですが、 まったく見えません。

ガードマンが厳重にガードしています。
金髪の天辺が動くところがかすかに見えただけでした。

後から調べてみると、アヴリル・ラヴィーンはパパラッチが大嫌いで、「人間のクズ」だと考えているのだそうです。

2006年には、ナイトクラブから出てきたところを撮ったパパラッチに、夫婦揃って唾をかけた経歴もあり、この行動が問題となった後に謝罪の言葉を述べのですが、「2年前からやっていることなのに、あの時だけ大事件になった」と発言したとか。

この日は、唾は吐いていないようでしたが、そんな理由もあって、ひときわ警備が厳重だったのかもしれません。


アヴリル・ラヴィーンは才能豊かです。
アイドル、ロックシンガー、ソングライター、ファッションモデル、声優、女優業に加えて、マンガのプロデュースも行っています。
Make 5 Wishes( 5つの願いごと)というタイトルのその作品は、音楽とコミックが一体化した新感覚のコミックアニメです。
外国人から見た日本マンガの特徴がよくわかります。。
(セリフは英語です)



Avril Lavigne Make 5 Wishes Episode 2

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Avril Lavigne at Laforet Harajuku

The sidewalk was teeming when I happened to pass in front of Laforet Harajuku. An event involving Avril Lavigne had just finished, and the street was crowded with people awaiting her appearance.

Lavigne, a popular rock singer from Canada, is working in collaboration with Laforet Harajuku on the limited sale of Lavigne-image items in 18 stores in the building.

In the entrance hall on the first floor, a shop selling her own Abbey Dawn brand was open for limited period. It was an attractive booth decorated in pink on the outside, the inside and everywhere else, selling punk fashion items for the smaller figure.

I tried to take this rare opportunity to catch her on my digital camera, but I couldn’t even see her – she was heavily surrounded by bodyguards, and I could scarcely see her blond hair.

I later found that Avril Lavigne has sworn at paparazzi photographers, and in 2006 she spat at paparazzi photographing her coming out of a nightclub with her husband. She apologized after being criticized for the incident, but remarked that she had been doing the same thing for two years and hadn’t been called on it before.

Maybe the security was exceptionally heavy on the day I saw her, but there was no spitting.

Avril Lavigne is gifted. As well as being an idol, a rock singer, a songwriter, a fashion model and a voice actress, she is also a manga producer.

The animation she produced is called Make 5 Wishes, and is a new genre of film combining music and animation. The piece gives us a glimpse of how Japanese manga is enjoyed overseas.


 2008/09/15 19:01  この記事のURL  / 
ロルフ・エリクセン氏とH&M
現在のH&Mを作り上げたのは、ロルフ エリクセン氏です。
42歳で転職して、田舎企業を世界的ファッションチェーンに作り変えました。

現在、H&Mは30ヵ国に1,600以上の店舗を持ち、68,000名の社員が働いています(2008年9月現在)。
この数字は、2002年時点でのエリクセン氏自身の見込みを、大きく上回っています。

ビジネスウィーク誌に載ったロルフ エリクセン氏の人柄について、皆さんはどうお感じになったでしょうか?

苦労人、仕事好き、計数に強い、柔軟、戦略家、自信家、愛妻家、運がいい・・・。

写真を見ても、ファッション界のカリスマが放つような強烈なオーラは感じ取れません。
むしろ、「若い頃は画家志望だった管理本部長」といった雰囲気を醸し出しています。

絵心があり、数字に強い。でも、自分自身はファッションへのこだわりはない。

このエリクセン氏の個性は、そのままH&Mの個性につながっているように見えます。



H&Mは、コレクションの“類似商品”をどこよりも早く店頭に並べる技術なら世界一です。
デザイナー自身のブティックに本物が並ぶ前に、H&Mに“類似商品”が並んでいたと言う話には、枚挙に暇がありません。

H&Mでは、この一点に経営資源のほとんどを投入しているのです。
逆に言えば、コピーしやすいものしか取り扱っていない。手のかかるものは、最初からあきらめている、とも言えます。

愛妻がH&Mと同じくらいGAPでも買い物することを、エリクセン氏はとがめません。
ビジネスウィークの記者はこれを「ちょっといい話」として紹介していますが、そもそも、上から下まで全部H&Mという着こなしはありえないのだと思います。

低価格ブランドでありながらも、H&Mはファッション誌に広告を掲載したり、有名ブランドが多く立地するエリアに店を作ります。また、カール・ラガーフェルド、ステラ・マッカートニー、ヴィクター&ロルフといったデザイナーたちとのコラボにも熱心です。

ドイツ・ベルリンの繁華街クーダムではH&MとZARAが並んで店を出しています。

有名ブランドと合せて「ちょっとズルして」着るブランド。
エリクソン氏はそんなブランドを“設計”したのではないでしょうか。

そして、日本の「ファッション上級者」たちは、そんな着こなしが得意です。

だからエリクセン氏は、日本での成功を疑っていないはずです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Rolf Eriksen and H&M

H&M is headed by Rolf Eriksen, who changed his career path at the age of 42 and elevated H&M, a domestic company, to the status of global fashion chain.

At present, H&M has more than 1,600 stores and 68,000 employees in 30 countries (as of September, 2008). These numbers far exceed the expectations that Mr. Eriksen himself had in 2002.

What should we think about Rolf Eriksen, who has been featured in the magazine Business Week?

Is he good at managing his people? A workaholic? A whiz with figures? A flexible man? A strategist? A confident man? A devoted husband?

From his picture, I did not feel the strong aura that would normally be expected from a leading figure in the fashion world. Rather, he has the air of a management division director who wanted to be a painter in his youth.

He has good artistic taste and is good with figures, but has no commitment to fashion himself. Eriksen’s personality seems to form the characteristics of the chain he runs.

H&M is the world leader in the skill of swiftly arranging products that are similar to those of major collections in its shops.

Examples of similar products being ready in H&M’s shops before they appear in the boutiques of the designers themselves are too numerous to mention.

H&M has put most of its financial resources into this one point. That is, they handle only products that are easy to copy, and give up from the beginning on products that need a lot of work.

Mr. Eriksen does not blame his beloved wife for shopping at Gap. Although a Business Week reporter introduced this news as "a rather good story," it’s impossible for a sensible dresser to finish from head to toe in H&M.

As a low-priced brand, however, H&M advertises in fashion magazines and puts shops in areas where there are lots of famous brand stores. The company is also eager to participate in collaboration with designers such as Karl Lagerfeld, Stella McCartney, Viktor & Rolf, etc.
(In the busy streets of Ku'Damm in Berlin, Germany, shops of Zara and H&M sit side by side.)

Mr. Eriksen may have designed a brand that can be worn together with famous brands by playing foul a little.

Since those known as fashion seniors in Japan are good at dressing in this way, Mr. Eriksen can be confident of his success in the Japanese fashion world.
 2008/09/14 09:08  この記事のURL  / 
H&M銀座店
H&M (ヘネス アンド モーリッツ)が9月13日、銀座に1号店をオープンします。

この秋、原宿に2号店、2009年夏に渋谷に3号店をオープンする予定です。



H&Mは、当面、この3店舗に力を集中するそうですが、その一方で、SC出店の可能性も捨ててはいません。



日本の景気後退については、あまり気にしていません。
むしろ、出店可能な立地が増えることを、喜んでいます。



6年前のビジネスウィーク誌で、H&Mのロルフ エリクセン最高経営責任者の特集記事を見つけました。

この記事を読むと、エリクセン氏のお人柄が、とてもよくわかります。


ロルフ エリクセン (H&M最高経営責任者)

ロルフ エリクセンは、42歳になってやっと夢の仕事にめぐり合えた。1987年のことだ。スウェーデンのアパレル小売業ヘネス アンド モーリッツから、デンマークの店舗を任せたいとの打診があったのだ。
「一週間考えましたよ。」57歳になったエリクソンはそう語る。
「なにしろその会社を知りませんでしたから。でも後悔はしていません。」

それはそうだろう。エリクソンと、1947年にスウェーデンの実業家アーリン パーソンが創業した家族経営のその会社との相性は、まったく完璧だった。

エリクソンは、デンマークの店を49店舗に増やし、さらにスウェーデンでは118店舗のチェーン店を作り上げる成功を収めた。

そして2年前、派手好きだった前CEOのファビアン マンソンが、ネットベンチャー企業に転職するためにH&Mを去るに際して、CEOに推されたのだ。

この人事に対する市場の評価はさんざんだった。

しかし、エリクソンは一株当たり利益を二倍にする実績を上げて投資家たちを黙らせた。
H&Mをヨーロッパ随一のアパレルチェーンに仕立て上げたのだ。

エリクソンは、ティーンエイジャーに狙いを定め、経費を削り、物流を簡素化し、商品群を拡大した。
その過程を通して、H&Mをベネトンやアメリカのアパレル企業の手ごわい競争相手に作り変えた。
そしてギャップからライバルと認められるまでに成長したのだ。

エリクソンの方程式は、単純だ。

15歳から35歳の女性に向けたベーシックアイテムを豊富に取り揃えること。それに、子供服とメンズのカジュアルをプラスすること。
現在H&Mでは、レトロなヒッピースタイルを打ち出している。メンズは刺繍のベルボトムジーンズ、レディースはブラウスをセット販売する。
毎年、新しいスタイリングに買い換えられるように、価格は抑えること。

理想の顧客は、「ミドルクラスの30代の女性で、二人の子持ち。家族のための買い物をH&Mでする人だ。」とエリクソンは言う。

エリクソン自身は、ダークスーツを好み、着こなしは保守的だ。しかし、彼の見るところ、先進国の消費者の好みは、ニューヨークでもパリでもストックホルムでも、どんどん同質化している。だから、市場対応は最小限でかまわないのだと言う。
「世界はどんどん狭くなってきていますよ。特にヤング層はね。世界中でみんな同じ格好をしています。」

その"観察"をたたき台にして、アメリカに進出した。
2000年にニューヨーク五番街にフラッグショップをオープンして以来、今は、東海岸沿いに32店舗を運営している。さらにこれを、5年以内に2倍にする計画だ。
アメリカでの黒字店はまだ少ない。しかしエリクソンは、これから売上が伸びて固定費率が下がれば、利益は確実に改善されるだろうと見ている。

カナダと南欧にも成長の可能性を見ている。特にイタリアとポルトガルだ。
ノルウェー以外のH&M最大拠点はドイツで、206店舗ある。それに次ぐ英国は59店舗、オランダは57店舗だ。
2007年までには、ヨーロッパと北米で1300店舗を実現したいと考えている。
そして、東欧とアジアへの進出は、今のところはリスクが高すぎるので見合わせ中だ。

デンマークの漁村で育った彼は、大企業のトップに上り詰めた。子供の頃は、父の経営する塗装業を継ぐものとばかり思っていた。地方の大学では、装飾用家具と風景画を学んだが、結局他の道を選んだ。
広告会社のアルバイトとしてコペンハーゲンの百貨店の仕事をしたことが、彼をデンマークの協同運動が経営するチェーン店へ、そして後にH&Mへと導いた。

すでにファッション業界で何十年も過ごしたが、まだ引退するつもりはない。
「おそらく後10年は働くでしょうね。仕事が好きなんですよ。」

しかし、仕事は家に持ち帰らない。
「家にいるときは、とても家庭的なんです。家族と一緒にすごしたいんですよ。」
二人の子供と、孫、そして妻のジャンヌ。彼女はH&Mで買うのと同じくらいギャップでも買い物するそうだ。でも、エリクソンは干渉しない。

「H&Mのお客さんが、H&Mだけで買い物をしてくれるなら、こんなにすばらしいことはない。でもそれではつまらないでしょう。」

自信に満ち溢れたマネジャーだからこそ言えるセリフだ。

ビジネスウィーク,2002年 (栗田訳)
 2008/09/12 21:08  この記事のURL  / 
前へ | 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ