« LOFT | Main | GOTHIC&LOLITA SHOP »
ジャパンエキスポ2011〜ライブハウス出演者募集のお知らせ
ジャパンエキスポを主催するSEFA-EVENTより、第12回ジャパンエキスポ(2011年6月30日〜7月3日)にて行われる、「J.E. Live House」出演者の募集要項が届きましたので、みなさまにお知らせします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年度開催の第12回ジャパンエキスポ(6月30日~7月3日)につきまして、当イベントのライブ専用会場「J.E. Live House」出演者募集のお知らせを致します。

「J.E. Live House」とは?
ヨーロッパ最大の日本文化イベント、ジャパンエキスポのライブ専用会場として、2008年度のジャパンエキスポからオープンした「J.E. Live House」は、収容可能人数8000人、開催毎に多彩な出演者を迎える会場には多くのファンが詰め掛ける等、大きな成功を納めております。

昨今ヨーロッパ、特にフランスにおいて日本のアーティストに興味を持つ若者が増えていますが、まだまだマーケットを育てる必要、そして多大な可能性があります。
「J.E. Live House」において行われる入場料無料のライブは、ヨーロッパのレコード会社やメディア、また日本のメディアにアピールする最高のプロモーションの場であると信じております。2010年度の第11回ジャパンエキスポにおいては1230名のジャーナリストが来場、メディア内容の内訳はWeb関連43%、新聞及び雑誌31%、TV16%、ラジオ7%、通信社3%となっており、多岐に渡る分野のメディアから注目を浴びていることが伺われます。「J.E. Live House」にご参加いただける際は、アーティストの出演効果を高める最大限の協力をさせていただきます。

なお、「J.E. Live House」で開催されるライブは入場無料の為、ご出演いただく全てのアーティストの方々に、航空券や出演料、滞在全諸経費等を支払うことは大変難しい状況となっております。大変恐縮ではございますが、その点を是非ご理解頂きますよう、御願い申し上げます。

また、出演者はジャパンエキスポに出展する必要は特にございません。
CDやマーチャンダイズ等は、当社SEFA EVENTが管理、販売する「J.E. SHOP」で販売することが可能となっております。


出演アーティスト
2010年度第11回ジャパンエキスポでは、イベント開催期間中の4日間、アーティスト数12組による15のコンサートが開催されました。以下にご出演いただいたアーティストの方々を紹介致します。 (ABC順・敬称略)

Anipunk、武川アイ、岩垂徳行、die!!die!!color!!!、Doping Panda、GIBIER du MARI、HITT & Guests、Long Shot Party、聖飢魔U、Root Thumm、ViViD、YOSHIKI & ToshI from X Japan。


J.E.Live House出演者募集のお知らせ
2011年度、第12回ジャパンエキスポが6月30日〜7月3日に開催されます。
イベント中、多くのJ-Musicファンを惹き付けるJ.E.Live Houseへの出演者募集締め切りが迫ってきております。(応募締め切りは2011年1月31日)
下記、応募の際の必要情報及び参加申し込み方法等を参照の上、是非参加をご検討下さい。


ライブ出演希望者についての必要情報

* アーティスト名(ローマ字と日本語)
* ジャンル
* オフィシャルHP
* ライブ映像(DVD、ビデオファイル、Youtubeなどのリンク)
* CD、または音源(Mp3など)
* アーティストプロフィール
(デビューの年と海外におけるライブ経験有無についてもお書き下さい。)
こちらの希望は英語版となりますが、日本語版しかない場合は日本語版をお送り下さい。
* ディスコグラフィー


なお上記情報は、郵送又はメールにて下記までお送り下さい。


郵送先
JE Live House / Application
SEFA EVENT
14 place Georges Pompidou
93160 Noisy-le-Grand
FRANCE

メール送付先
JELH@soundlicious.com


尚、応募締め切りは2011年1月31日です。
出演リクエストを頂き次第、条件等についてお話させていただき、検討の結果
3月30日までに今年のプログラムを決めたいと存じます。


また、7月に開催されるジャパンエキスポに関する情報をお待ちの方が大勢いらっしゃるかと存じます。下記リンク先にて、2011年度に向けてのプレゼンテーション内容がダウンロードできます(PDFファイル)ので是非ご覧下さい。
http://festival.japan-expo.com/pdf/JE12_Plaquette_FR&JP.pdf


何卒宜しくお願致します。


SEFA EVENT
コンテンツ部門
 2010/12/06 11:57  この記事のURL  / 
「ローゼンメイデン」〜ゴシックアンドロリータとコスプレの境界線
ファンにとってのゴシックアンドロリータは、人が呼吸をするように自然に身につけてしまうもの。本来の自分を表現する手段です。
一方、コスプレは、アニメのキャラクターなどの別人格になりきる事がテーマ。
嗜好の方向性が180度違います。
ゴシックアンドロリータのファンが、コスプレと間違われて怒る理由はそこにあります。

しかし、ゴシックアンドロリータとコスプレの境界は、曖昧な場合も少なくありません。

たとえば、「ローゼンメイデン」 (Rozen Maiden) 。
PEACH-PIT原作のマンガ(及びアニメ、ゲーム)です。意志を持った人形が戦うというストーリーのこのマンガは、2006年当時の外務大臣(後に総理大臣になる)が羽田空港のラウンジで読んでいたことでも話題になりました。
この「ローゼンメイデン」の主人公の人形たちは、ゴシックアンドロリータに身を包んでいます。
(shourimiko.deviantart.com)

アニメを見て、ローゼンメイデンのキャラクターになりきるコスプレイヤーがいると同時に、アニメから、ゴシックアンドロリータの世界にハマる人もいる。
そして、アニメとは関係のないゴスロリファッションのファンもいて、その境界線は、曖昧です。
Doll&Ensemleより)
実際、ジャパンエキスポのコスプレイヤーに、
「これはコスプレなのか、ゴスロリファッションなのか」と聞いてみたところ、
「Both(どちらも)」との答えが返ってきました。
コスプレであると同時にゴスロリファッションであるという訳です。

この答えは、事の本質を理解していないと言えます。


しかし、理屈はともかく、彼女たちにはローゼンメイデン風ファッションがとてもよく似合っていました。

文化が普遍化してゆく過程では、こういった一種の勘違いのようなものが、侮れない推進力を担っているのだと感じました。
 2010/09/13 10:08  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポのパラソル依存症
バッグや靴までは気が回らなくても、レースの付いたパラソルを差していると、そりなりにゴスロリ風に見えたりします。
パラソルはゴスロリ入門者にとっては便利なアイテムなので、つい頼りたくなるようです。

ホールの中でもパラソルを差して歩いているような娘たちは、陰で、「パラソル依存症(parasol addiction)」などと呼ばれたりします。
 2010/08/22 13:10  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポのキモノドレス
海外の通販サイトで「キモノドレス(Kimono Dress)」というカテゴリーを見かけることがあります。
(Kimono Dress)
キモノドレスは、着物や浴衣といった日本の伝統的な衣料と、西洋のドレスを折衷したファッションです。
主に夏場に着るドレスで、手軽にエキゾチックな気分を味わうことができるものとされています。
子供が着ていた着物にも似ています。
彼女のキモノドレスは音符柄。襟や袖にはレースが付いています。

箸を髪飾りとして使うのは、よくあるパターンです。
 2010/08/16 08:52  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ この人たちは何?
ジャパンエキスポで目立っていた4人組です。
写真を撮らせてもらったものの、何(コスプレ?)をしているのかを聞きそびれました。


周囲の人に聞いてもよく分からない。
ネットで調べても、画像からそのテーマを調べるのは苦手科目のようで、答えが見つかりません。

ご存知のかたがいらしたら、ぜひ教えてください。
この人たちは、何??。。
 2010/08/14 11:28  この記事のURL  / 
前へ | 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ