« 英語の車内アナウンスの謎 | Main | さらに「英語の車内アナウンスの謎」 »
なるほど「英語の車内アナウンスの謎」の理由
先日の、「英語の車内アナウンスの謎」に、読者からコメントを頂きました。
フランス語訛りのタレントさんが、英語の車内アナウンスに各社横並びで採用されている理由についてです。

探すのが面倒、プロダクションとの付き合い、単価
1度決まると追加の単語だけ録るだけで済むので変え辛い
ネイティブで平板読みが出来て安くてこっちの都合でいつでも呼べる人で十年は安定して使える人がすぐ見つかれば良いんですが・・・

前に使ってた方は日本人ですがもっと上手かった。
単価と年齢の問題で変ってしまいましたが。
(年齢と共に声が低くなるので騒音の大きい所では使い難くなる)

物凄く狭い業界なんでどうしても横並びになります
by K

関係者の方なのでしょう。
なるほど。日本の主要な鉄道で、聞き取りにくい英語アナウンスが蔓延している理由がわかりました。

英語のクォリティまで判断するのは難しいかもしれませんが、せめてネイティブスピーカーに発注しようという、当たり前の意見は出なかったのでしょうか。

外国人向けサービスは、クレームが入って改善されるというメカニズムが働きにくいのだと思います。実際、日本に長く住む外国人はこの手のことを諦めている人が多く、「シカタガナイ・・」などと日本語で言われたりします。

外国向人けのサービスの中身が、内輪の事情で決まっていく。
ここにも「お客様目線」の欠如を感じます。
 2010/09/29 07:26  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ