« 「ゲゲゲの女房」にありがとう | Main | なるほど「英語の車内アナウンスの謎」の理由 »
英語の車内アナウンスの謎
最近電車にのると、英語の車内アナウンスが充実してきたと感じます。
実は、この英語の車内アナウンスで、長い間の謎だったことがあります。

それは「乗換案内」の部分です。

「次は秋葉原 秋葉原です。お出口は右側です。………線は乗り換えです。」

"The next staition is Akihabaraa.The doors on the right side will open."

と、ここまではよいのですが、その後の、

"Please change ***** line."

の*****部分が聞き取れなかったのです。

何度も聞いていると、

"Please change your port"

と聞こえてきました。

「駅」なのにprot「港」とはおかしいなと思いつつ、
portには 「ネットワークとの接続部」という意味もあるので、そんな慣用句でもあるのだろうと(恥ずかしながら)勝手に解釈していました。
なにしろ、JRだけでなく、私鉄でも地下鉄でも、同じように聞こえるのですから。

ところが、そうではないことが最近わかりました。
私と同様に、聞き取れないという人の質問が、ヤフー質問箱に載っているのを見つけたのです。

ベストアンサーには、

"Please change here for the Hibiya Line....."

つまり、"change here for"と言っている、

と載っていました。

そして、 here のhの発音が弱いため、"change'ere for 〜"のように聞こえるという説明もありました。

さらに驚くべきことに、これらの車内放送はみんな同じ人がアナウンスしていたのです。.


その人の名はクリステル・チアリさん。
歌手のクロード・チアリさんのお嬢さんです。

NHK「英語であそぼ」で、「クリスおねえさん」として人気がでたタレントさんなのですが、お父さんがフランス人でお母さんは日本人、日本生まれ日本育ちということで、もともと英語は全然できなかったそうです。

そんな、ネイティブスピーカーではないタレントさんを、各社とも英語の車内アナウンスに採用していたのでした。
(なにか、横並びにしないとまずい事情でもあったのかと、不思議な気がします。)

ちなみに、「クリスおねえさん」の英語アナウンスは、次の鉄道で聞くことができます。

* JR東日本
* JR東海
* 東武鉄道
* 西武鉄道
* 京成電鉄
* 小田急電鉄
* 東京急行電鉄
* 京浜急行電鉄
* 東京メトロ
* 相模鉄道
* 京王電鉄
* 横浜高速鉄道
* 埼玉高速鉄道
* 新京成電鉄
* 東葉高速鉄道
* 箱根登山鉄道
* 横浜市交通局
* 愛知環状鉄道
* 名古屋臨海高速鉄道:西名古屋港線(あおなみ線)
* 神戸市交通局(神戸市営地下鉄): 海岸線のみ
* 福岡市交通局(福岡市地下鉄)
* 南海電気鉄道

ウィキペディアより)
 2010/09/27 18:17  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ