« セミナー「クールジャパンの現状と課題」やりました | Main | ガンダムお台場で吼える »
東映アニメーションを見学しました
通訳案内士さんの勉強会、「日本文化と歴史探訪会」。
午後はみんなで東映アニメーション大泉スタジオを見学しました。

このスタジオの歴史は、1950年代に日本初のカラー長編アニメ「白蛇伝」を作ったところから始まります。

70年代後半にヨーロッパで大ヒットした「UFOロボ・グレンダイザー」「キャンディ・キャンディ」もここから生まれました。
その後も、「ドラゴンボール」「セーラームーン」「デジモンアドベンチャー」など、世界の子供たちに影響を与えるアニメを送り出してきたこのスタジオは、
クールジャパン発祥の地ともいえそうです。


廊下には、東映アニメーションが生み出した歴代の作品が飾れていました。
1960年代のモノクロ作品「狼少年ケン」から始まって、「少年忍者風のフジ丸」「レインボー戦隊ロビン」「魔法使いサリー」「ゲゲゲの鬼太郎」「サイボーグ009」「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「タイガーマスク」・・・。


1970年代の「魔法のマコちゃん」「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」「ゲッターロボ」・・・。


みなさん、自分が子供の頃好きだったアニメの前でつい立ち止まってしまい、列がなかなか進みません。
年代によって、立ち止まる箇所が微妙に違うのも面白くて、みんな一気に子供に戻ってしまいます。
「回りは仕事中ですから、お静かに。」 係りの方から注意をうける始末でした。

試写室でビデオを見た後、実際に動画、デジタル彩色、特殊効果の工程を見学しました。
(残念ながら、これから放送されるアニメを作っている現場なので撮影は不可です。)

驚いたのは、デジタル化がすすんでいることでした。
手書きで描かれた原画(アニメの動きの要所となる絵)をスキャナーで取り込んだ後は、サーバー上のデータを共有しながら作業が進んでいきます。

ペンタブレットを使って、動画を描いたり修正したりする工程では、「ワンピース」の主人公ルフィの顔が変わっていくところが面白く、ちょっとやってみたくなりました。

デジタル彩色の工程も、デジタル化された動画にPC上で色を塗って行きます。
手作業時代と比較すると早く塗れるようになったおかげで、たとえばキャラの髪の影の塗り分けも、昔より複雑になったそうです。

ここのサーバーはフィリピンの子会社とネットでつながっていて、動画や背景や仕上げ工程など、全作業量の70%はフィリピンで行われています。
世界に冠たる東映アニメは、160名のフィリピン人スタッフによって支えられているのです。

「デジタル化」「ネットワーク化」「グローバル化」の波に乗り、世界に広がる日本アニメ。
実は、生まれる前から、ネットの上を行き来していたのでした。


大泉スタジオ内には、「東映アニメーションギャラリー」があります。
近所の小学生が大勢遊びに来ていました。
(こちらは撮影もOKです)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
We have explored TOEI animation.

We had “A meeting to explore Japanese culture and history” - a study meeting of interpreter-guides.. And in the afternoon we have visited Oizumi Studio of TOEI Animation.

The history of this studio traces back to the ‘50s, when an animated feature “Hakujaden (White snake story)”was produced.

Also “UFO Robo Grendizer” and “Candy Candy”, animation series, that won a big success in Europe, were produced here. Ever since “Dragon Ball”, “Sailor Moon”, “Digimon Adventure” and others, all anime pieces with big influence to children in the world, were born here, making this studio big cradle of Cool Japan.

Along the corridor there were exhibited successive pieces of works of Toei Animation.
From the monochromatic pieces “Wolf Boy Ken” of 1960s, “Boy ninja Kaze no Fujimaru”, “Rainbow Squadron Robin”, “Mahou Tsukai Sally”, “Gegege no Kitaro”, “Cyborg 009”, “Himitsu no Akko Chan”, “Mouretsu A Taro”, “Tiger Mask”...
In 1970s “Mahou no Mako Chan”, “Devil Man”, “MazingaZ”, “Cuty Honey”, “Getter Robo”...

Everybody stops in front of the piece, which he/she loves in his/her childhood, to make the queue standstill. It was interesting, that the places they stop are different a little according to the generation. they belong. “Please be quiet ,the staff are at work!” they were even cautioned. ,

After the TV watching, we saw the operations of animations, digital colorings and special effects. (Regrettably we cannot take a picture of it, for it was the work to be on air.)
The progressed digitalization surprised us. Original hand worked pictures (key pictures for important points of an animation) are loaded in by scanners before they are cooked up, as common data on a server.

It was so interesting to see the staff draw and modify animated pictures with pen tablet that I wanted to do it myself.

In the process of digital coloring they color digitalized pictures on PC. Compared to the old way of hand coloring, it is much more speedy now and more delicate to color. For instance they can make more delicate grade of hair shade of characters.

The server here are connected with the server of affiliated company in Philippines, and 70% of all process are undertaken there. World preeminent Toei Animation is supported by 160 members of Philippine staff

Japanese animation is on the tide of “digitalization”, “networking” and “globalization.” But actually it was trafficking on the Net even before the birth.

In the Oizumi Studio there are “Toei Animation Gallery”. We happened to see many primary school children there. (And in this place we are permitted to take a photo.)


Map: Toei Animation


 2009/07/31 14:17  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ