« フォーエバー21(Forever21) | Main | ジャパン・ポップカルチャー・フェスティバル »
ギャルが日本を救う!?
クールジャパンブログでも紹介していた、雑誌「BRUTUS」の、「ギャルが日本を救う!?」特集号を読みました。

普段は、
・居住空間学2009「小さくてわがままな家」
・仏像「仏像は楽しくてカッコイイ」
・山特集「森を歩きながら、自然と、自分と対話する」

・・・といった特集をしている、こだわり派の大人の男性が読む雑誌が組んだ「ギャル」特集です。

<今、ギャルたちが世の中に大きなムーブメントを生み出しています。
100億円という経済効果を持つギャルがいたり、彼女たちのデコ文化が海外から注目されたり。日本の大企業だって、ギャル世代の動きに注目しています。既存の常識をひっくりかえし、新しい価値観を作り出す「ギャル」たちのリアルな姿を紹介、分析する今号。「ギャルが日本を救う!」という可能性をぜひとも感じてください。>

100億円ギャル。益若つばさ
アゲモで社長。桃華絵里
パネェ漫画家。浜田ブリトニー
東大ギャルからロリータと制服まで、ギャルの有名人を紹介しています。

<今はこれまでの成功体験も失敗体験もまるで役に立たないような時代ですから、まったく別の感覚でないと、現状を打破できない。サルでも、最初に川で芋を洗って食べるのはメスの子ザルだっていうでしょ。
それまで誰もしなかったことを最初にするのは若いメス。それがギャルなんでしょう。>

三浦展氏の意見は、もうおじさん達には新しいことは生み出せないからこれからはギャルに頼ろう、という宣言にも読めます。

オジサンが、「ギャル」を肯定的に捉えようとする心意気はあっぱれともいえます。が、残念なのは、その取り扱いには不慣れな点。

そもそも「ギャル」とはなにか。
その詰めが甘いまま企画が進んでしまったように思えます。
ファッション業界で「ギャル」系といえば、渋谷や109のカルチャーと関連付けて説明されることが多いのですが、「BRUTUS」では
「新しいものを生み出す、勢いのある女の子」という緩い定義をしたようです。
その結果、ゴシックアンドロリータから関西のカリスマガールズ<芦屋会>までが、「ギャル」のカテゴリーに繰られています。
執筆者ごとにそれぞれ異なる「ギャル」を語っているように見えるところが残念でした。


そんな中で、面白かったのは速水健朗氏のコラムでした。
要約すると・・・。

<雑誌「小悪魔ageha」の飯島愛追悼特集は、ギャル3世代の見取り図だ。
ヤンキー最終世代の飯島愛は、コギャル世代にとってのお姉さん的存在。その半生は、「コギャルの教祖」と呼ばれる浜崎あゆみの心象風景と重なる。
浜崎あゆみが10代女性に支持されたのは、彼女の赤裸々なトラウマ語りの歌詞の力だ。
飯島愛、浜崎あゆみ、age(アゲ)嬢のギャル3世代を貫くのはキラキラした外見と、その中に併せ持つ闇の部分。
それを隠さないことが、ギャルたちに支持される条件だ。

ギャルの対極は、「不特定多数からのモテ」をイデオロギーとする「CanCam」出身の蛯原友里。その違いは、男性目線の有無よりも、婚期の遅い早い問題だ。
収入もあり、独身率が高いため可処分所得も多く、広告に流されやすいため、最も消費に敏感な層の代表だ。
この年代の女性の婚期は年々遅くなってきている。

一方ギャルは桃華絵里や益若つばさなど20歳そこそこで結婚して子供を生む。
ギャルが「モテ」を批判的に捉えるのは、こうした消費社会に絡め取られることへの拒否感がある。

「小悪魔ageha」は「キャバ嬢の教科書」であるといわれるが、派手に遊ぶための稼げる仕事というより、自立するための数少ない選択肢という色合いが強い。これは90年代から長く続く不況を前向きに生きるための知恵なのだ。

「生まれたときから日本はこんな感じで今さら不況だからどうとか言われてもよく分からない」
「小悪魔ageha」(09年3月号)の表紙に刻まれたこのフレーズは、社会に責任を押しつけることで救われようとするのではなく、自らの立ち位置を当たり前のものとして受け止め、その上で、キラキラして生きることの宣言だ。

日本が経済の一流国から滑り落ち、長い不況がやってきて、新しい世代が生まれた。>

今の「ギャル」の立ち位置を、よく知る人の意見だと感じました。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

I have read “Gals save Japan!?” in a special edition of the magazine “BRUTUS”, introduced in Cool Japan Blog.

This is a special topic of the magazine that ordinary carries topics as:
* Science of living space 2009 “Small but lavish house.”
* Buddha statues “It’s amusing and cool”
* Special mountain topic “A dialogue with nature and yourself in wood”


Now gals are bringing forth a big movement in our society. Some gals are of an economic effect of 10 billion yen, and some are focus of attention from abroad. Japanese big businesses pay attention on the movement of gal generation. This edition “Gals save Japan” presents and analysis the real aspect of gals, breaking your preconceived notion about them. Make out the possibility of gals to save Japan.

A 10 billion yen gal Tsubasa Matsuwaka;
Eri Momoka, as an Agemo, so a boss;
Buritonii Hamada, manga-ist;

The magazine introduces all celebrity gals from Tokyo University gals to Lolita gals.

Now is the time, when not a success experience nor a fiasco experience are of any use. and you cannot break through the present situation without a novel idea. In the monkey society, the youngest female monkey before others try to wash potato in the stream to eat.
In our society it may be young gals, who try first.

Maybe Mr. Atsushi Miura wants to say that aged people can do nothing new, so rest on gals in the future.

It is laudable for him an aged man to estimate gals, but his inexperience to treat gals is regrettable.

What is a gal at all?
It seems to me, that the project of the topic went without defining the word.
In fashion business circle the word is understood in relation with the culture of Shibuya and 109, but BRUTUS stand at a loose definition of the word as “an active girls, who can create something new”.
As a result the gals in the context covers from Gothic& Lolita to “Ashiya kai” in Kansai.
Regrettably each author speaks different gals in their article.
Among those stories the column of Kenro Hayamizu is summarized as:
The special remembrance edition of Ai Isjima of the magazine “Koakuma ageha” is a perfect sketch of the 3rd generation of gals. Belonging to the last generation of “Yankee” Ai Iijima is an elder sister of the generation of ko-gals. Her half life is a double of the imagined scenery of Ayumi Hamazaki, the “guru of ko-gals”.
Her traumatic lyrics is just what made teenage girls support her.
What is common in the 3rd generation of AGE gals as Ai Iijima and Ayumi Hamazaki is
its brilliant aspect and darkness behind it. They did suppress nothing.

The antipode of the gal is Yuri Ebihara from CanCam, with an ideology of popularity in unspecified majority. The difference is between the boy’s glace and the marriageability.

On the other hand a gal, as Eri Momoka or Tsubasa Masuwaka gets married at the age of 20 or so and gives birth. Gals criticize popularity because they reject to be arrested by the consuming society.

“Koakuma ageha” is said to be the textbook for “Kyaba Jo”. Her work is not for deluxe spending but as a final choice for her independent living. It is a strategy to live in the long lasting depression since 90th years.

“Ever since I was born Japan has been like this, and I don’t understand the depression.”
This phrase, printed on the front cover of the magazine “Koakuma ageha” (March, 2009) may be a declaration to live brilliantly in society accepting the given ground, not making pretext of it..
A new generation was born when Japan lost its status of first rank economical power, followed by a long depression.

This must be an opinion of an author, who knows very well the ground of the present gals.
 2009/05/06 19:47  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ