« ファストファッション | Main | ギャルが日本を救う!? »
フォーエバー21(Forever21)
フォーエバー21(Forever21)のレセプションに行ってきました。

プログラムは、

・ドアオープン 18:21
・BENIスペシャルライブ 19:21
・ショッピングタイム 20:00
・ドアクローズ 21:21

・・・と“21”にこだわった進行です。

もしかしたらこのレセプションも、本当は”April 21th”に挙行したかったのかもしれません・・。

フォーエバー21はアメリカ・ロサンゼルスの会社です。
韓国系アメリカ人 ドン(Do-Won Chang)とジン(Jin-Sook)の夫婦が1984年が作った最初の店は、わずか84平米(25.5坪)だったそうです。
それから約四半世紀、2007年の年商は13億ドル(1260億円)でした。

彼らは、一等地にお店を構えることよりも、広告にお金を使う戦略を採用し、流行を早く・安くお客さんに届けることに力を注いで成長を遂げました。

ファストファッションの“本命企業”ともいわれるだけあって、ファッションショーのデザインを6週間で店頭に並べる、商品を一日も倉庫に寝かせずデリバリーする、などの伝説を持っています。

そのフォーエバー21の14カ番目の出店国が日本です。
場所は東京・原宿、H&Mの隣の5階建てのビル。地下1階から3階までがレディス、4階がメンズというフロア構成です。

ザラやH&Mが色調を抑えたミニマリズムのニオイを持つのに対して、フォーエバー21はロサンゼルスのセレブ風で明るい雰囲気です。
原色やパステル色の商品が目立つし、柄ものも多い。

今の日本のマーケットでは、受けがよさそうです。


プライスは、
ショートパンツ、1150円
ブラウス、1150円
Tシャツ、450円
レギンス、650円
ビーチサンダル、850円
ニットキャミソール、250円

・・・さらにここから21%オフ、と聞いてちょっとした感動を覚えました。

ユニクロがフリースを2,900円で売り出したときの驚きに近いです。
このときは、「安いのに高機能」に驚かされたわけですが、フォーエバー21は「安いのに高感度」の驚きを与えてくれます。

「安いのにダサくない!」
レセプションに来ていた”業界人の方々”も同じように感じたのか、多くの人がレジに並んで買い物をしていました。

会場に居合わせたシトウレイさんも、メンズのTシャツを鏡に合わせながら、
「こういうものは自分が買しかないと思う」と、ちょっと嬉しそうでした。

ブランド志向や本物志向はちょっとお休みして、ファストファッションにハマっているように見えました。
デザイナー受難、とも言えそうですが、時代の”気分”はファストファッションを後押ししているように感じました。

という訳で、東京・原宿は、あっという間に世界でも稀なファストファッション密集地帯になってしましました。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Forever21

I have presented myself in a reception of Forever21.

The program is as follows.

* Door-opening 18:21
* BENI Special live: 19:21
* Shopping time: 20:00
* Door-closing: 21:21

The program is dwelling on the number “21”.

If the reception had been on April, 21, they had been happier.

Forever21 is a company from Los Angeles, U.S.A. The first shop of Forever21, opened by Do-Won Chang and Jin-Sook, Korean Americans, had space of only 84 m2. In 2007, a quarter of a century since then, however, their annual business amounted to 1.3 billion dollars.

They successfully adopted a strategy to spend more money for advertisings and to deliver fashion speedily to customers than to have their shops in prime location.

As a most favorite business of fast fashion, Forever21 makes all fashion show designs ready in shops, it is said legendarily, in six weeks, and delivers all articles every day without leaving them in warehouse.

Japan is its fourthly entered country. The new shop has its place in Shinjuku, Tokyo, in a five storey building by H&M. From 1st basement to 2nd floor of the building are used for lady’s, and 3rd floor is for men’s.

While Zara and H&M are characterized by moderate colors an minimalism, Forever21 has flavor of Los Angeles celebrity and bright air.
That will be welcomed in present Japan.

Prices of its articles are:
Short pants: 1150 yen,
Blouse: 1150 yen,
T-shirt: 450 yen,
Leggings 650 yen,
Beach sandals: 850 yen,
Knitted camisole: 250.

From these prices they further make impressive 25% discount.

This gave me similar shock as I had when UNIQLO started selling fleece for 2900 yen. At the time I was shocked at its high performance for its price, this time at its high sensitivity for its price. That is what Forever 21 gave me.

“Not expensive, but not out of date!”
Many guests of the reception, probably with same recognition, go forward to the cash desk to buy some.
Rei Shito, one of those present, standing in front of a looking glass with a men’s T-shirt, proclaimed happily, that she had to buy it herself.
She seemed to forget for a while her brand-conciouseness to enjoy fast fashion. It may be a severe time for designers, but a time of fast fashion has come, I prognose..

In a blink of an eye Harajuku has become one of the densest zone of fast fashion in the world.

Map: Forever21, Harajuku


 2009/04/29 14:07  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ