« アジアのショーウインドウ | Main | 「黒執事」 - オタク系女子の人気者 »
インキュベーションのプロ
日本人にも、インキュベーション(起業支援)のプロはいます。
ベンチャーキャピタル、デフタ・パートナーズ(DEFTA PARTNERS)の会長、 原丈人(George Hara)さんはその一人です。

1952年生まれ。29歳でシリコンバレーに光ファイバーのディスプレイメーカーを設立し成功。その会社を売って、ベンチャーキャピタルを創業しました。以来、いくつものベンチャー企業の創業に参画し、世界的企業に仕上げています。


その原さんが、著書「21世紀の国富論」で、今のアメリカ流経営を批判しています。

今、アメリカでは企業価値(時価総額)を大きく経営した経営者がもてはやされますが、それは人間が本来求める幸せとは無縁のものです。

良い製品を作るとか、優れたサービスを行うといった企業目的は、ROE(株主資本利益率)をはじめとする効率を優先した目標の後ろに隠れて、お題目化しています。

よい製品をつくることよりも、時価総額を上げることに気を使わなければならないような株価偏重の考え方には、すでに中長期の視点に立つ多くの経営者が違和感を抱いています。

製造業がすべきことは、優れた製品をつくることであって、見せかけの財務指標をよくすることなどではありません。当たり前のことですが、財務は経営の主役ではないのです。

実際のところそのようなゲームに踊らされた現在のアメリカは、かつてのように新しい基幹産業を生み出すだけの力をうしなってしまったのです。

それなのに日本は今、会計基準や資本のグローバル化とともに、アメリカを手本にしようとしています。


また、「知的工業品」を作る新しい産業分野での、中小企業の優位性を強調しています。

ベートーベンやピカソといった芸術家が成し遂げた革新的な芸術の流れは、たとえ一人ひとりが優秀な人材であっても、決して集団では創造することができません。

過去の偉大な芸術作品を見れば、ピラミッド型の巨大組織から生まれたものは皆無といっていいはずです。

アメリカでは、移民を積極的に受け入れるという伝統がプラスに働いたことも指摘しておくべきでしょう。

本当に新しいものは、ただ賢い人たちが集ったからといってできるものではありません。

たとえば日本の大企業のように同じ文化的背景をもつ均質な集団では、イノベーション(技術改良)はできても、インベンション(発明)は起きにくいのです。

同じように賢い人たちが集った集団でも、アメリカのベンチャー企業は文化的背景の異なるさまざまな人間が集ることで、次元の異なるクリエイティビティを発揮することができたのです。

優秀な人材を多く集め、過去の延長線上で改良を重ねるだけの大企業では、「知的工業製品」の世界で求められる技術の突破口を見いだすことはできなかった。

それはむしろ、芸術家のようなユニークで豊かな発想をもつ個人や小集団の周囲で生まれるのです。
「知的工業製品」をつくる産業において中小企業がもつ大きなアドバンテージは、ここにあります。




そして、日本については、次のように説いています。

優れた製品を生み出し、お金儲けをするだけではない。新しい時代に合った価値観を同時に発信していく。
そのようなことができて、はじめて日本が本当の意味で「世界から必要とされる国」になるのです。


原さんの主張は、必ずしも耳新しいものではないかもしれません。
しかし、シリコンバレー出身のキャピタリストが言っている、というところに大きな意味があると思います。資本主義のカッティングエッジも、変わりつつあるのです。

原さんの経歴は、少し変わっています。
アメリカに渡ったのは、中央アメリカの遺跡に魅せられて、考古学を勉強するためでした。しかし発掘にはお金がかかる。それならビジネスで成功を収めて、自分の金で発掘をしよう。こう思い立って、ビジネススクールに再入学したそうです。

この発想には、ハインリッヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann)の影響があったことは間違いないでしょう。
シュリーマンは、ギリシャ神話に出てくる伝説の都市トロイアが実在したことを、発掘によって証明したドイツのビジネスマンです。

しかし、原さんが遺跡の発掘をはじめたと言う話は、まだ聞きません。

もしかしたら、過去を発掘することよりも、未来を創造することの方に興味が移ったのかもしれません。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

A Professional Incubator

Business incubation (i.e., company support) professionals exist in Japan as well as in the USA.
Here, I introduce one of them – George Hara, the president of venture capital firm Defta Partners.

Born in 1952, Hara succeeded at the age of 29 in establishing an optical fiber display maker in Silicon Valley. He then sold the company and founded a venture capital enterprise. He was subsequently instrumental in establishing a business involving many venture capital companies, which he grew into a global corporation.

Mr. Hara criticizes the current American style of management in his book "The Wealth of Nations in the 21st Century."


In the U.S.A., managers who have greatly increased corporate value (i.e., aggregate market value) are highly praised, but this tendency bears no relation to the happiness that human beings experience.

A company’s primary purpose of supplying quality products and providing the best service possible becomes lost behind the target of prioritizing efficient profitability, including return on equity (ROE), thus making it spiritually empty.

Many managers who keep an eye on their mid- to long-term results feel uncomfortable about a way of thinking that attaches more importance to aggregate market value than to making good products.

The manufacturing industry should focus on providing quality products rather than improving the appearance of financial indicators. It goes without saying that financial affairs are not major players in management.

However, the U.S.A. today is spoiled by this game, and has lost its former ability to create new key industries.
Despite this, Japan plans to use the U.S.A. as a model in revising accounting standards and globalizing its capital.


In addition, he emphasizes the superiority of the medium and small-sized business in the field of new industry to make "intellectual industry product".

Even if each person in a group has outstanding talent, they cannot perform in group situations to the standards of excellence that artists such as Beethoven and Picasso accomplished.

It can be said that no great historical work of art has ever emerged from a large pyramid-type hierarchy.

It is noteworthy that the tradition of accepting immigrants has had a positive influence in the U.S.A.

It is not possible to create new things simply by bringing talented people together.
In more concrete terms, among homogeneous groups of people with similar cultural backgrounds – as found in large Japanese businesses – it is hard to foster invention, although innovation (i.e., technical improvement) may be possible.

However, American venture capital companies, which are also groups of talented people, are able to show creativity on a variety of levels because they are made up of a range of individuals from different backgrounds. In the world of big enterprise, which gathers lots of talented people only to repeat improvements by extending along previous lines, it has not been possible to make the technical breakthroughs necessary for intellectual industry products.
Rather, this kind of breakthrough comes from individuals who have unique, rich ideas such as artists.
This is a great advantage for medium- and small-sized businesses in the field of intellectual industrial products.


On the subject of Japan, Hara writes as follows:

If Japan can produce superior products not only to make money but also to achieve the worldwide spread of values that match modern times, the nation will be recognized as a country that the world needs in the true sense of the term.

Mr. Hara’s claim may not seem unusual, but there is significance in the fact that a capitalist from Silicon Valley is saying it. The cutting edge of capitalism is changing.

The career of Mr. Hara has been a little different.
What made him go over to the U.S.A. was the attraction of the archeological remains found in Central America. He wanted to study archeology, but due to the costs of excavation, he resolved to be successful in business first and then to self-finance his digs. To achieve this, he entered a business school. His plans must have been influenced by Heinrich Schliemann, a German businessman who used excavation to prove the existence of the legendary city of Troy from Greek myth.

However, I have not yet heard news that Mr. Hara has started excavating; maybe his interest has moved toward creating the future rather than digging up the past.
 2008/09/28 10:15  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ