« ガラパゴスの絵文字 | Main | アジアのショーウインドウ »
インディヴィジュアルファッションエキスポに行ってきました
インディヴィジュアルファッションエキスポ4に行ってきました。ゴシック、ロリータ、パンクなどのファッションのイベントです
会場のJCBホールは、2008年3月にオープンしたばかりの、コンパクトで綺麗なホールでした。3100席。

見たところ、お客さんの90%以上が女性です。ロリータ系、ゴシック系のファッションに身を包んだ、大きなリボンやボンネットが目立ちます。
(映画「下妻物語」の深田恭子さんのような娘が、たくさん集っているとお考えください。)
男性は、その連れで来たパンク系かヴィジュアル系の男子。

ゴスロリを着た外国人の一団もいました。

(映画「下妻物語」より)

ショーは、ロリータ系人気ブランド
・ベイビー ザ スターズ シャイン ブライト(BABY,THE STARS SHINE BRIGHT)
からスタート。

可愛い・・・。うっとりと、あこがれの眼差しのお客さんたち。
静かなショーです。

・アリスアンドザパイレーツ(ALICE and the PIRATES)
・アンジェリックプリティ(Angelic Pretty)
・メタモルフォーゼ(Metamorphose)
・プリンセスドール(Princess doll)
・ヴィクトリアンメイデン(Victorian maiden)

一口にゴスロリといっても、
ロリータ系、パンク系、ゴシック系とバラエティがあります。
また、それぞれのブランドごとに、“物語性”があります。

・ナイルパーチ(Nile Perch)
・アトリエボス(ATELIERBOZ)
・アルセラピー(artherapie)
・ハングリー&アングリー(HANGRY & ANGRY)

ぬいぐるみや動物キャラの、バッグ、帽子、マフラー、手袋、ブーツ、日傘など・・・。
小物、アクセがかわいいです。

・エミリーテンプルキュート(Emily Temple cute)
・ハイパーコア(HYPERCORE)
・キューティーフラッシュ(Qutie Frash)
・ヒデロック(HIDE ROCK)
・リッスンフレーバー(LISTEN FLAVOR)
・スーパーラヴァーズ(SUPER LOVERS)

・シックス(Sixh.)
・オッズ クローチェ(Ozz Croce)
・ピースナウ(PEACE NOW)
・ブラックピースナウ(BLACK PEACE NOW)
・セクシーダイナマイトロンドン(SEXY DYNAMITE LONDON)
・アルゴンキン(ALGONQUINS)


ショーの間に行われたゲストライブは・・・。

・分島花音(わけしま かのん)
ゴスロリのカリスマMana様プロデュースです。チェロを弾きながら歌いました。客席は静に聞いていました。

・jealkb(ジュアルケービー)
ロンブーの淳が率いる、吉本興業のヴィジュアル系ロックバンドです。
「前説」担当のお願いにより、始まる前に全員総立ちに。演奏よりMCに力点が置かれたライブでした。

・Plastic Tree(プラスティック トゥリー)
1997年にメジャーデビューしたヴィジュアル系ロックバンドです。
ボーカルの有村竜太朗は、ピースナウのブランド「GADGET GROW」のモデルを務めているほか、KERA誌上で、「五十音式」というエッセイを連載し、単行本も出しています。

熱狂的なファンが張り切っています。曲ごとに、お約束の振り付けが決まっているようです。
隣の席でずっと静か見ていた品のいいお嬢さんが、突然立ち上がって、トランス状態で髪の毛を振り乱した時には、本当に驚きました。

一方、そんなバンド名初めて聞いたという風に、座ったままボーっと見ている一群もいます。
同じイベントに参加しているのだから、盛り上げに協力しようというなどという気持ちは、さらさらありません。

みんな、他人の目にどう映るかには、ほとんど関心がないようです。

自分の世界に浸るのが好きで、自己の価値観に忠実に生きている。
“不思議ちゃんワールド”です。


ここでは、耽美的・幻想的・神秘的・退廃的・反社会的・・・といった、ゴシック、ロリータ、パンクの価値観が、
日本ファッションを象徴する価値観“カワイイ(Kawaii)”と、不思議な融合を見せています。

“健康的なデカダンス”。

この微妙なさじ加減に、ゴスロリ人気の秘密があると感じました。



一緒に観た、大人の女性たちの感想は、

・インパクトがある。
・値段はそんなに高くない。
・着る人の体型はあまり問わない。
・世界の他に見られない日本オリジナルのファッション。

「これは海外で売れると思う!」
というものでした。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

I have visited INDIVIDUAL FASHION EXPO 4

I have visited INDIVIDUAL FASHION EXPO 4, an event of the fashions such as Gothic, Lolita and Punk. The EXPO took place in JCB hall, a clean and compact one, newly opened in march, 2008, with 3100 seats.

I looked around and found that 90% of the audience were women, who were in costumes of Lolita and Gothic fashions. Big ribbons and bonnets were outstanding. Please imagine a scene with many Kyoko Fukuda in the film Kamikaze Girls. There were also boy companions in punk or “visual-kei”. There were groups of non-Japanese in Gothic-Lolita.

The show began with BABY, THE STARS SHINE BRIGHT, a Lolita related brand.

How kawaii (pretty)! ... The audience expression showed a fantastic and yeaning emotion.
It was a quiet show.

*ALICE and the PIRATES
*Angelic Pretty
*Metamorphose
*Princess doll
*Victorian maiden

Gothic-Lolita fashion is divided into Lolita related, Punk related and Gothic related brands. And each brand has its own characteristic story.

*Nile Perch
*ATELIERBOZ
*Artherapie
*HANGRY & ANGRY

There are articles such as stuffed toys and bags of animal characters, hats, a mufflers, gloves, boots and parasols...Minor figures and other accessories are pretty and cute.

* Emily Temple cute
* HYPERCORE
* Qutie Frash
* HIDE ROCK
* LISTEN FLAVOR
* SUPER LOVERS

* Sixh.
* Ozz Croce
* PEACE NOW
* BLACK PEACE NOW
* SEXY DYNAMITE LONDON
* ALGONQUINS

There were some live shows between attractions: namely:
* Kanon Wakeshima

This was produced by Mana, the charisma of Gothic-Lolita. He sang it with the guitar. Audience was listening it quietly.

*jealkb
It is a visual rock band belonging to the Yoshimoto Kogyo (a comedy production).
Asked by the emcee the all audience stood stood up to warm up the atmosphere. This live performance put more emphasis on speaking than music.

* Plastic Tree
It is a visual rock band, which made its major debut in 1997.
Ryutaro Arimura is a vocalist who works as a model of "GADGET GROW", a sisters brand of PEACE NOW, and publishes an essay serially in the magazine "KERA" and writes his books, too.

The fans are enthusiastic. Every music seems to have its own fixed choreography.

I was taken aback when I saw a decent young girl, who had been viewing the theater quietly so far, abruptly stood up in a trance with tangled hair.

On the other hand, there were number of people who sat absentminded, as if saying “Such a band name is quite new for us.” Participating in the same event, however, they scarcely are ready to cooperate to warm it up. They seem to be hardly interested in other’s business. They like to be submerge themselves in their own world, and are living single-mindedly on their own value.

It was "a wonder world".

Here, the Gothic, Lolita, and Punk values such as aestheticism, fantasy, mystery, decadence, antisociality ...shows marvelous fusion with the value of “Kawaii”, that symbolizes Japanese fashion, and form what may be called "healthy decadence.
I felt that this delicate tuning is a secret of the Gothic Lolita popularity.

The impression of the adult women who watched it together are:
* It was impactful.
* The price is not so high.
* The body size matters little to wear them.
* They are Japanese original fashions not seen abroad.

These must be sold well overseas!
 2008/09/24 11:59  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ