« 海外富裕層の長期滞在 | Main | 外国人客の食文化・食習慣の例〜ユダヤ教 »
外国人客の食文化・食習慣の例〜イスラム教
クールジャパンの柱である「食」。 外国人客の多くが日本での食事を高く評価しています。

一方、「なじめない」「ヘルシーでない」「量が少ない」「サービスが悪い」という声も少なくはなく、また、食事に関連した宗教や嗜好についての知識が十分でないため、イスラム教徒やベジタリアンなどと深刻なトラブルが生じてしまう例も耳にします。

観光庁が、『多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル』を編纂しています。外国人の食文化・食習慣を理解することで、日本食の伝統を守りながら、外国人客に日本食を楽しんでもらえることを目的としたマニュアルです。


イスラム教とは

@ 唯一神「アラー」を信じる一神教で、「コーラン」を聖典とする。キリスト教、仏教とともに三大宗教の1つに数えられる。


A イスラム教徒は世界各地に居住しており、特に中東諸国は国民の大多数がイスラム教徒であるが、世界におけるイスラム教徒の人数ではアジアが多数を占める。


食に対する意識

@ 宗教が生活の土台となっており、食生活を含め、個人の宗教や信条を遵守する傾向が強い。食事の規制事項があるため、口に入れる食材に対して非常に気を遣う。

A 料理の食材が明らかでない場合には、その料理を食べることを拒否する人も多い。

B 食事は信徒に対する神からの報酬と考えられており、食事を楽しむことを重視する。

食に対する禁止事項と嫌悪感

@ 特に注意が必要な食材は「豚」「アルコール」「血液」「宗教上の適切な処理が施されていない肉」である。

A 豚は食べることだけでなく、見ることも嫌悪する人が多い。


B 「アルコールの使用を想起させるもの」も感覚的に拒絶されるため、注意が必要である。


C イスラム暦九月に一ヶ月にわたる断食期間がある(ラマダンと呼ばれる)。



日本の食事で好まれるもの/嫌われるもの
よいおもてなしのためのポイント

@ 豚肉とアルコールについては、食材や各種調味料の一つひとつにできるだけ気を遣って確認をする方がよい。

A 料理の食材が明確でないと安心して食べることができない人が多いため、オーダーを受ける際には、料理に含まれる食材・含まれない食材(豚肉、牛肉など)について説明するとよい。


B ハラル料理(イスラム教で適切な処理を施した食材を用いた料理)を提供できるホテルやレストランでは、その旨の案内をメニューやホームページなどで示すことも検討するとよい。


C 豚の姿を見ることも嫌悪されるため、メニューには「pork」と記し、豚のイラストを描くことは避ける。

D 食事時間の前後が礼拝の時間と重なることがあるため、適当な部屋の準備・案内を想定しておいた方がよいこともある(東西南北の方角を尋ねられる場合もあり、あらかじめ確認をしておいた方がよい)。

イスラム教徒が1日5回礼拝を行う方向を示すキブラ

(観光庁『多様な食文化・食習慣を有する外国人への対応マニュアル』より
 2014/09/16 08:47  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ