« ジャパンエキスポのスタッフたちと再会 | Main | 『オムニチャネル』の定義について »
「小澤征爾さんと、音楽について話をする」を読みました
指揮者の小澤征爾に、小説家の村上春樹がインタビューして、書き起こした本。

音楽についての貴重なエピソード満載ですが、プロの仕事の内幕のようなものも垣間見るとができて面白いです。



小澤征爾氏はスコアを読むのが好きで、若くてお金がないころから日々熱心に読んでいたそうです。

「そうねえ、ほかにやることもなかったから。うちにピアノがなかったから、ずっと楽屋に残って、そこのピアノで音を出して勉強していた。」

「スコアってどういうものかよくわからないですが」という村上の問いに、

「楽譜には五線しかないんですよ。そしてそこに記された音符自体には何のむずかしさもない。ただのカタカナ、ひらがなみたいなもんです。ところがそれが重なってくると、話はどんどん難しくなる。」

複雑な文章を理解するためには、それなりの知識が必要になってくるのと同じように、
「その『知識』の部分が、音楽の場合はもう、やけに大きくなってくるわけです。文章よりも、記される記号が簡単な分、音楽って、わからないときは真剣にわからない」

そして、スコアを読んでいるときはわかったと思っても、
「オーケストラで音を出してみると、もうありゃっということだらけです」となる。

指揮者の仕事というのは、スコアを読み込んで自分の頭のなかに音楽を再構築し、それをオーケストラを使って表現すること。

だから、つねにスコアを読み込んでいないと、第一線には立ち続けらないのだ、ということを初めて知りました。

では、その勉強はいつやるか。

「朝ですね。早朝。
集中しないといけないし、一滴でもアルコールが入るとできないから」


自分も、一番良く集中できるから、いつも早朝に仕事をしている。長編小説を書いているときは必ず四時には起き、まだまわりが暗いうちに没頭できる体制を作ってしまう、という村上に対し、

「で、何時間くらいやります?」

「五時間くらい」

「僕はもう五時間はもたないな。四時に起きても、八時くらいになると、朝食がくいたくなってくるから(笑)」



まだ暗い仕事場で、ひとりスコアを読み込む小澤征爾。

それは、ベートーヴェンやマーラーたちと、神聖な対話をしている時間なのかもしれません。

プロの一線で、何十年も生き延びてきた人というのは、あたりまえのように努力している。

こういう本を読むと、セコイ事をするのはできるだけ控えよう、という気持ちになってきますね。


小澤征爾が書いたあとがきも、マエストロの人柄が感じ取れて、なんとも良い味わいです。おすすめ。
 2013/03/31 10:23  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ