« ミュシャ展 | Main | 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」を読みました »
ジャパンエキスポのスタッフたちと再会
昨日、来日中のジャパンエキスポのスタッフ達と再会しました。

CEOのジェフ以下、主要メンバーは変わっていませんでしたが、学生サークルのようだったSEFA EVENT社も、今は、JTS PARTICIPATIONSというホールディングカンパニーの下に、


広報・広告宣伝を担当する"GOMA COMMUNICATION"、ジャパンエキスポ運営を担当する、"SEFA EVENT"、アメリカでのイベントを担当する"SEFA ENTERTAINMANT"などの複数の子会社を持つ、"JTS GROUP"という大きな企業に成長しています。



彼らにとっての、現在の重要テーマは「日本との連携強化」だそうです。

もともとフランス人の学生が、仲間同士で楽しむイベントとしてはじまったジャパンエキスポは、言ってみれば、日本人抜きで成長した日本カルチャーイベントだと言えます。



「日仏の架け橋になる」とか「日本文化をヨーロッパに紹介」などといった、ありがちなキレイ事をいわないところが彼らの持ち味でしたが、さすがに10万人規模のイベントになってからも、日本向け窓口はシボ紗江さん一人しかおらず、連絡が絶望的に取りにくかったことは、いまや伝説になっています。

ようやく日本人スタッフも増えて来ました。彼らが、お客さんではなく、"主体的"にイベントの企画・運営に参画できるようになれば、とても良いことだと思います。



今年のジャパンエキスポの来場者数目標は4日間で24万人だとのこと。

これだけの「お化けイベント」を成功させたジェフやトマたち幹部は、そろそろ成功者として”文化を語る”立場にも回ってもよさそうなのに、いまだに黒子としてストイックに走り回っていいます。



今年は、

7月のパリ郊外のジャパン・エキスポ以外に、

3月初旬、フランス、マルセイユ

8月末、アメリカ、サンタクララ

10月末、フランス、パリ市内

11月初旬、ベルギー、ブリュッセル

で、インベントを開催予定。



彼らの野心は果てしない。

まだまだやりそうだなと感じました。
 2013/03/23 10:42  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ