« 機械との競争 | Main | ミュシャ展 »
「ハラル」市場を知る必読書
消費市場としての魅力を高めてきたASEAN諸国。とくにシンガポール、マレーシア、インドネシアに多いイスラム教徒を理解する上で、最近、「ハラル」に注目が集まっています。

「ハラル」とは、イスラム教の戒律で合法な物事を言います。イスラム教では、豚やアルコールなど不浄とされるものを口にすることが禁じられているし、牛肉や鶏肉も戒律のルールに従ってと殺処理されたものでなければなりません。レストランなどで口にする食べものには、「ハラル」であるという証明が必要となります。

こうした宗教上の戒律について、私達現代の日本人には理解しにくいものがあります。
そのため、イスラム教を解説する本が多く出版されていますが、入門書としておすすめなのが
イスラーム文化−その根柢にあるもの』 (岩波文庫) 井筒 俊彦(著)
です。

この本は、東洋思想研究の権威である井筒俊彦氏が、イスラム教について語った講演をまとめたものです。
長年の研究に裏付けされた内容なので、簡単に理解できるというほどやさしくはありませんが、日頃断片的に見聞きするイスラム教についての情報が、なぜそうなっているのか、点と点をつなげて、ぼんやりとした輪郭を描いてくれるようなありがたさがあります。

イスラム教の聖典であるコーランは、
「食物や飲み物、衣服、装身具、薬の飲み方、香料の使い方、挨拶の仕方、女性と同席し会話するときの男性の礼儀、老人に対する思いやりの表し方、孤児の世話の仕方、召使いの取り扱い、はては食事の後のつま楊枝の使い方、トイレットの作法まである。」

「個人が勝手に独立に法的判断を下すことはいけない。すべて昔の権威者が解釈してくれたとおりに、それに従って判断すべきである。」

こうしたはるか昔に定められた戒律を守りながら、現代社会とどうやって折り合いをつけてゆくか。イスラムの共同体を抜け、西欧の近代法に則って生きてゆくしか無いのか。これは、今を生きるイスラム教徒にとっては大問題です。
本書では、こうした現代イスラムの抱える大きな問題の一つも提示されています。

だからこそ「ハラル」は、イスラム教徒にとっておろそかにできない手続きなのです。

Halal: Chasing The $500 Billion Industry

「ハラル」が求める「合法にして、清潔、清浄、健康的で環境保全である善い食べ物」の摂取は、日本の食文化にも通じるものがあります。
ASEANのイスラム教国が親日的であること考えあわせれば、日本の食文化が受け入れられる可能性は大いにあると言えます。さらに、彼らを通じて、世界の「ハラル」市場へ展開するシナリオが生まれるかもしれません。

日本人の立場から、イスラム教をどのよう見て、接するべきか。今後、「ハラル」の知識は、日本人にとっても、不可欠なものになってゆくと思います。
 2013/03/15 10:00  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ