« バンタンでの1年 | Main | 「ハラル」市場を知る必読書 »
機械との競争
アマゾンキンドルで、『機械との競争:デジタル革命がイノベーションを加速する』(Race Against The Machine: How the Digital Revolution is Accelerating Innovation)を読んでいます。



景気が良くなっても、期待したほど仕事が増えない。
特に若者に仕事が無いことは、先進国共通の悩みとなっています。

その原因として、

1.雇用が新興国に移転してい、
2.中高年がいつまでも仕事を手放さない

などが有力な容疑者として挙げられていますが、本書は、「機械との競争」を原因に求めまていす。


人間にしかできないと思われてきた仕事が、どんどん機械にもできるようになってきている。

仕事は、機械との競争によって、奪われてきているのだ。



この話で思い出すのは、駅の改札の光景です。

90年代頃まで、駅の自動改札機は一部の駅にしかなくて、大きな駅の改札などでは、駅員さんが膨大な切符や定期券を、ものすごいスピードで処理していました。

今考えると不思議ですが、こんな風景が日常のこととして見られていたのは、そう昔の話ではありません。

自動改札機の導入が遅れたのは、雇用を守るために組合が猛反対したからだといわれています。普及が一気に進んだのは、民営化後、JR東日本が導入を決めた後のことです。

本書は、こうした「機械との競争」が、

今後、桁違いに大きく、加速度的に進んでゆくだろうと述べています。

競争は倍々ゲームのスピードで進んでいて、今は、ようやく前半を終わってあたり。まだほんの序の口だというのです。

そして、究極的には社会をより豊かなものにするだろうが、社会の構成員のすべてが等しくその便益を被るわけではない。

適応に遅れてかえって不利益を被る者も出てくる。



昨今、医薬品のネット販売の議論が盛んに行われていますが、

反対の背景には、「医薬品の安全」だけでなく、薬剤師の雇用維持という側面があるのは否めません。

ファッションのネット販売は、撮影、採寸、原稿書き、いわゆる「さ・さ・げ」業務によって支えられています。

近い将来、販売員による接客の仕事の多くが、「さ・さ・げ」に取って代わられる日が来るかもしれません。

「機械との競争」によるイノベーションは加速している。

問題は、社会の適応が遅れていることだ。

今私達は、大きな構造変革の、産みの苦しみの真っ最中にいると理解されるべきだ。

というのが本書の結論となります。

文章が簡潔で、ページ数が少ない。
関連サイトへのリンクが豊富なので、英語の勉強をしながら新知識を得たい方にはおすすめです。


翻訳もでています。『機械との競争
 2013/02/22 10:48  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ