« NAGOMI VISIT | Main | 機械との競争 »
バンタンでの1年
バンタンデザイン研究所で受け持っていた講座が、昨日で終了しました。一年を通して生徒たちを教えるのは初めて経験だったので、とても新鮮でした。


生徒たちは、話がつまらないと思うと遠慮なく寝るし、緩んでくるとおしゃべりしたり内職したりするので、気が抜けません。

(かと思えば、大事な話だと思えば、全員ががばっと起きてノートを取ったりする。)

社会人セミナーのような「聞いているふりをする」という配慮がまったく無いので、毎回真剣勝負でした。

おかげで、毎回、生徒たちを飽きさせないようにあれやこれやと工夫をし、新ネタを仕込んでは、パワポづくりに励んむことになってしまいました。

結局、教える時間の何倍も準備に時間がとられ、時給に換算するとまったく割にわない仕事になってしまいましたが、毎週、生徒たちに直接話をして、反応を見るというのが、思いがけず楽しい経験でした。



学生のころ、ゼミの教授から「おまえは教師になるつもりはのないか」と聞かれたことがあります。

当時、私は教師という仕事にまったく魅力を感じておらず、十年一日のごとく同じ内容を繰り返し教える、誰がやっても同じ仕事だろうくらいに感じていたので、言下に「ないです」と答えた記憶があります。

先生も「そうか」とってそれ以上なにもおっしゃいませんでした。

そのころは、「何か自分でなければできない仕事がこの世にはあるはずだ」と思っていたのです。それが何かは、まったくわかっていませんでしたが。。


あれから何十年もたって、思いがけず、生徒たちにものを教える仕事を体験することになりました。

このことを(まだ現役でおられる)先生にメールをしたところ、
「教えることは、想像以上に大変で、想像以上に面白いだろう。」
という返事が、すぐに帰って来ました。



あとは生徒たちの最終のプレゼンを待つばかり。

みんながこの一年で、どれだけ伸びたを見るのが楽しみです。
 2013/02/19 08:38  この記事のURL  / 

プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ