« 前へ | Main | 次へ »
ビームス・設楽社長の温かい選択について


今月からUSENが提供するスマホアプリ「SMART USEN」の中で『ジュルナルクボッチのファッショントークサロン』という番組をスタートさせた。なかなか肉声を聞くことのできない業界著名人の方々の素顔や生い立ちなど、その人のキャラクターを浮き彫りにするようなトーク番組を目指している。アシスタントには、とても気持ちよくサポートしてくれるプロのキャスター、石田紗英子さんに入っていただいているので、武骨な男二人の会話も柔らかく和やかになり有り難い。
さて、あちこちで評判になっているようだが(真相は不明だが・・・)、第1回のゲストには、ビームスの設楽洋社長にお越しいただいた。話上手なので、48分もの長きにわたり、休憩無しのノンストップで録音され、ほぼ私のエンディングのつまらない解説のみカットで、まるまるお聞きいただける。是非、設楽さんの人柄が出ている肉声をお聞きいただきたい。
さて、その中で出た話を一つ。設楽さんの初孫が生まれた日に、その足でグーグルとの打ち合わせがあり、そこで出た話がAIの話だったそうだ。その時、思ったことを設楽さんは、こう語っている。



「極論すると正しい選択をするには、AIが社長になった方が良いくらいの時代になっちゃうかもしれない。あらゆるものが予測できて。ただ、正しい選択と、温かい選択は違うと思ったんですね。それで自分がやっていることは、きっと温かい選択をして、アートとか、カルチャーとか。文明は飯の種になるけど、文化は飯の種にならないんですよ。そうして正しい選択が、会社が儲かることとなると、今やっていることの不採算な文化だとかいうのは止めちゃった方が儲かると。でも、それだけじゃつまらない。無駄なものの中に、なんか価値があるんじゃないかっていうこのバランスを、次の時代どうやってやっていくか」と述べた上で、社内用語として通じる「温かい選択」の話として、社員から上がってくるプロジェクトを次々とやらせていくことに例えていた。
ファッションこそ、この無駄に見えるが人間の感性や感動に訴える「温かい選択」が必要なのだと実感を持って伝わってくる話だった。
同番組のインフォメーションの中で、手前味噌ではあるが、来週から始まる合同展「ソレイユトーキョー」を紹介させてもらった。小さなブランドが少額の投資で参加でき、ブランド側の担当者が全く居ない空間なので、来場者側もゆったりと自分のペースで見て回れるコンフォタブルな状況を作り出したいと思った。本気でモノに向き合って、消費者に感動を届けられるかどうかを見極める時間を提供できるのではとの発想からのスタートだった。気が付けば5回目となり、一定の成果は出せたのだと思う。またパリへの合同出展にもトライし始めたところだ。しかし、まだまだ道半ば。次へのステップに向けて新たな取り組みにチャレンジしていきたいと決意を新たにしている。そう、業界の誰もが時として「温かい選択=可能性を少しでも感じたらチャレンジしてみる」をできるように。

 2017/08/21 15:52  この記事のURL  / 

感動の共有がブランド価値を高める


子供服ブランドの「frankygrow(フランキーグロウ)」が2017年7月22日、山梨県北杜市にある中村キースへリング美術館でファッションショーを開いた。
フランキーグロウといえば、6年前からパリの子供服合同展「プレイタイム・パリ」に出展し、小さいながらも海外販路開拓を進めるクリエイター系ブランドとして知られている。今年7月には、4年ぶりにパリの子供服展「kid(キッド)」に出展した。現在は国内外に70店舗の卸先を持ち、東京・表参道に直営店も構えている。



今回は「HIKARI(ヒカリ)」をテーマに現代アートの旗手、キースへリングのプライベートコレクションを披露する八ヶ岳の自然豊かなコンテンポラリー建築の同館を開催場所に選んだ。因みに同館の植栽を担当したのはヤードワークスの天野慶で、表参道直営店の内外装も担っているという縁がある。
さてキースは、自身がエイズになったことを公開することで作品とともに現代社会に「命と性」について問いかけてきた一人だ。デザイナーの高井千寿子は、「この恵まれた時代・情報化社会で生きる子供たちへ『生と性に対する尊さ』を今こそ考えてもらいたい」とメッセージを込めたという。
黒のシリーズから始まったコレクションは、段々と高井の得意とするポップでカラフルなショーピースへと変化。漆黒の闇から夜明けを迎えるような、或いは時代の黎明を表現したのか。メンズ、レディスも含め、時折ジェンダーレスなアイテムも登場。




MAISON”SEEK”(左)のライブとともにショーは進行した。また午後のフレンズ向けのショーでは無人島レコード(右)のライブも中庭で開かれた。



フレンズ向けは天気に恵まれたが、夕方のプレス向けは一転にわかにかき曇り、生憎の雨模様に。そんな中でも凛として堂々とウォークキングしたキッズモデルたちを見て、デザイナーの目には熱いものがこみ上げてきたようだ。ブランドの世界観を見せることも重要なのだが、さらに感動を共有することで、消費の大きな後押しやブランド価値の向上に繋がることは間違いないと実感する場面でもあった。
アートディレクションは、「CATTLEYA TOKYO(カトレヤトウキョウ)」 、スタイリングはミキティこと相澤樹


雨の中でも堂々としたキッズモデル(左)、先頭がデザイナーの高井(右)
 2017/08/04 12:49  この記事のURL  / 

レアル・マドリードのユニフォームがもらえる!!


この夏、ポルトガルからサンチアゴ・デ・コンポステーラ、すなわち、あの巡礼の道の最終地点として有名な街を目指して車を走らせた。壮大な大聖堂前の広場のあちらこちらで、この地を目指して自転車や徒歩で辿り着いた巡礼者たちが感慨とも歓喜ともつかぬ歓声を上げていた。ある団体は中南米からなのだろう。スペイン語で国歌を大合唱している。



夏の暑い日差しと喉の渇きに耐えかねて、地元のスーパーマーケットに入り、ミネラルウォーターを探す。いつも日本で飲んでいるレアル・マドリード公式ミネラルウォーター「ソラン・デ・カブラス」のブルーボトルが目に飛び込んできた。だが、それはいつも飲み慣れたというか見慣れたものとは大きく異なっていた。サイズ。そう1.5リットルのペットボトルだったのだ。しかし、いつもの330、500ミリリットルのスタイリッシュなデザインはそのままに、やや縦伸びしたビッグボトルだった。小さなボトル同様にラベルが大きく貼られることもなく、ネック周りに小さくあるだけだ。全面深いブルーの大人っぽさも好きなのだが、実は日本人の口に合う癖のない口当たりの軟水なのも気に入っている大きな要素だ。



さて、このソラン・デ・カブラスを日本で輸入販売するスリーボンド貿易が8月31日まで、キャンペーン「ソランを飲んでレアルを応援しよう」フォトコンテストを開催している。このキャンペーンは、対象商品(300か500ミリリットル・ペットボトル)を被写体に撮影した写真をInstagramやTwitterに「#ソランを飲んでレアルを応援しよう」を付けて投稿してもらい、その中から優秀作品として選ばれた50人にレアル・マドリードのレプリカユニフォーム(選手名・背番号入り)をプレゼントするというもの。詳細はURL http://solandecabras.jp/campaign2017 で確認してほしい。Instagram、Twitterアカウントは「@solandecabrascp」。受付は 8月31日(木) 23:59まで。



私の投稿はもちろん、「サンチアゴ・デ・コンポステーラの思い出に浸る」がテーマなのだ。あ〜暑かった〜。この後、公園前のカフェで巨大なパフェ食べちまった(-_-メ)
 2017/08/03 23:50  この記事のURL  / 

この夏のバカンスは、何処へ3


さてさて第3話は、スペイン・バスクをあとにしてフランスへ。
大西洋岸を北上してサーフィンのメッカ、ビアリッツの街へ。「L’EGOIST(レゴイスト)」のショップを取材し、ランチはムールとトゥルトー(蟹)を堪能。海沿いの旅では、欠かせない。



ここまで来たら、やはりワインの取材も欠かせない。「Chateau Fleur de Roques(シャトー・フルール・ド・ロック)」は、サンテミリオンの近く、Puisseguin(ピュイスガン)の宿泊可能なシャトーだ。庭先のテラスでモンターニュ・サンテミリオンの同名ワインとともにフォアグラと鴨のマグレを食す。




PETRVS(ペトリュス)のシャトー前でパチリ。なんとミーハーな(^-^;
以前、ホテルオークラの鉄板焼きで、Jグループ会長自らのワインをお持ちいただき会食した時が、最初で最後のペトリュスでした。



そして本命のボルドー「La Cite du Vin(ラ・シテ・デュ・ヴァン)」を訪ねた後、再び大西洋へと向かった。
映画『冒険者たち』のFort Boyard(フォール・ボヤール)を横目に見ながら、牡蠣。



少し北上してChatelaillon=Plage(シャトレイン・プラージュ)のオーベルジュ「L’Acadie(ラカディ)」へ。コート・ド・プロバンスのロゼに合わせる前菜には帆立のソテーサンドにフルイ・ド・メール、メインにはコート・ド・ブールの赤にフォーフィレのグリルをチョイス。夕景に染まる宿の美しい写真が撮れた。目の前はもちろん浜辺だ。





そこからは内陸に車を走らせ、サントル・ロワールの田舎町、Salblis(サルブリ)のオーベルジュ「LE PARC SOLOGNE(ル・パルク・ソローニュ)」へ。ワインはValencayのロゼにスモークサーモンのメダイヨンとエクルビス(ザリガニ)のサラダ、帆立と野菜のクリームソテーで海鮮さっぱり系。そう、だんだん胃が重くなってきていた。(^-^;




翌日パリへ向かう高速から少し外れて、Barmainville(バルメンビル)の村外れのちょっとしたレストラン「La Panetiere(ラ・パネティエール)」へ。住んでいた頃にはよく、village d’etape(立ち寄り村)の看板に誘われて高速を降り、ちょっとした可愛らしい村を偶然見つける楽しみがあったが、そんな感覚で見つけたレストランだった。



料理は意外にも前菜にマグロのカルパッチョがあり、また魚系をチョイス(^^)/。メインは牛肉のオングレ(横隔膜)で、ワインは運転中なのでガマンガマン(^^)/



パリを離れれば、至る所に素敵なレストランやホテルがリーズナブルな価格で存在している。田舎町を巡る食の旅も、一考の価値があるのではなかろうか。
 2017/08/02 15:00  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ