« 前へ | Main | 次へ »
映画『残されし大地』の遺した静かな衝撃

(c)CVB/WIP/TAKE FIVE-2016-Tous droits reserves

ベルギー人が監督したフクシマのドキュメンタリー映画『残されし大地(原題;La Terre Abandonee)』。それはまるで、フィクション映画のように非現実的に見えた。日頃、ニュース映像などで頻繁に目にしているはずの福島の被災地の絵面とは、全く違って見えたのだ。そう、一端を垣間見せるだけのニュースでは、本当の姿は伝わってきていなかったのだ。
草が生い茂ったガソリンスタンド、ひと気の無いコンビニや商店街、ただ警戒線のロープやカラーコーンだけが不自然さを保ったまま延々と続く道。SF映画の導入部の為に、そんな打ち捨てられた街のセットを作ってみたかのように感じられた。人が住まなくなった廃坑となった炭鉱町やあるいは軍艦島のような・・・。



富岡町で取り残された犬や猫の世話をし、牛からダチョウまで面倒を見る松村直登さんや農作物を育てる半谷夫妻。ボランティアの力を借りて、庭を除染し、家をリフォームして戻ってきた佐藤夫妻。彼らを軸に、その周辺の人々の日々の営みを丁寧に映し出している。
決して声高に反原発や東電・政府に対する憤怒をぶつけるのではなく、美しい福島の自然、捨てがたい故郷とそこでの営みが、何にも勝っていることを、ただ静謐に市井の人々の暮らしを通して伝えているだけだ。



監督は日本人を妻に持つベルギー人のサウンドクリエーター、ジル・ローラン。初めての映画監督作品との事。除染した土砂や木々を詰めていく回収車やクレーン車の轟音、空しく響く行政の拡声器の音、それらが立ち去ると一気に静けさが増し、自然の風と虫や動物の囁きしか聞こえなくなる静寂感。さすが音響に携わってきた人の作品だけに、その点での効果も素晴らしく感じられる。
寂寞とした孤独感を伴った荒涼感と大地への愛着の対比で、そこに暮らす人々の土地への想いが伝わってくる。ポルトガル語に「サウダーデゥ」という言葉がある。ある人は「去っていった恋人への想い」と言い、ある人は「故郷への郷愁」と語る。訳しようの無い言葉だが、どこかに通底するものを感じた。



避難してストレスにさらされながら、人間らしい生活を放棄させられて生きるのか。それとも放射線と共に生きながら、愛する大地と暮らしを失わないで、人間らしく生きるのか。残った人々の尊厳が結果として東電・政府を静かに追い詰めることになるだろう。
ジル・ローランは2016年3月、ベルギー・ブリュッセルの地下鉄テロに巻き込まれ、帰らぬ人となった。最初で最後の監督作品となった本作。人間を見つめ、音とともに緻密に丁寧に伝える作風で、観る人々の心にすぅ〜と染み入ってくる。だが、彼が遺した本作は、静かな衝撃でもある。2017年3月11日よりシアターイメージフォーラムにてロードショー。フォーラム福島、シネマテークたかさきほか全国順次公開。




 2017/02/25 11:16  この記事のURL  / 

縄文の精神を取り戻せ


ニューエラは芸術家・岡本太郎のアート作品をフィーチャーしたコラボシリーズを2017年春夏に発売。これを記念して平野暁臣・岡本太郎記念館・館長、レゲエミュージシャンのRed Spider Jr(レッド・スパイダー・ジュニア)さん、上木基嘉『The New Era Book』編集長によるトークショーが2017年2月9日に開かれた。


左からレッド・スパイダー・ジュニアさん、上木編集長、平野館長

わずか40分ほどのトークだったが、岡本太郎の人となり、そしてその遺志を受け継ぐ平野館長の歯に衣着せぬ熱い語りに思わず時間を忘れてしまった。(^-^;
冒頭、平野氏はコラボするに際して、「遠慮しなくて良い。トリミングしてもいいし。太郎は神棚に祭るようなものでもなく、新しい才能を触発していきたい。そうでないと郷土資料館のガラスの中の矢尻みたいになっちゃう」と生きた芸術にしていく意味性を強調した。



そして彼の話の真骨頂は、こうだ。
太郎は「縄文の精神を取り戻せ」と言っていた。それは彼がパリから戻って京都、奈良を訪れた際に、「京都は現代的になり過ぎた。奈良はまるで中国だ」と話したという。そして上野の美術館で縄文土器を見て「これが日本だ」と語ったそうだ。日本人は弥生時代以降、農耕文化によって一つの土地に定着し、それが堕落の始まりだと見ている。官僚型のヒエラルキーができて、安全・安心だけど、自由と尊厳が無くなった。「縄文人の心を取り戻せ」という事を日本人に伝えるために彼はパリに戻らなかったのだそうだ。
その「縄文人の心は、=呪術」である。レッド・スパイダー・ジュニアさんのライブは一人で万人を熱狂させると現代の縄文人(呪術)になぞらえたのも面白かった。
他の二人の話は、他の媒体に譲るとして、筆者の中で大いに響いた言の葉だった「縄文の精神を取り戻せ」。自由と個人の尊厳をとことん追求して、大勢に与しない創造的な日本人を再生させる役割を芸術や音楽、ファッションなどが担うべきなのだと。
「太陽の塔」や「こどもの樹」などの太郎のアート作品をモチーフにデザインされたヘッドウェアやバッグに加え、岡本太郎がロゴデザインを手がけた近鉄バファローズのシリーズも展開される。楽しみなラインナップだ。


 2017/02/23 18:43  この記事のURL  / 

パリから世界へ、お手軽に出展する方法

トラノイ2015年10月展

さて、前回のブログの続き。
次のトラノイ・ウィメンズにソレイユトーキョーのスピンオフ企画、ソレイユトーキョー@トラノイ(カルーゼル・ド・ルーブル会場)で出展する。コンセプトは少し違うが、デザイナー不在で1ラックのみは同じ。違うのは、ここでしかサンプルを見られないバイヤーが殆どなので、本気でオーダーを取ること。バリエーションのあるアイテムはルックブックとラインシートでカバーする。
さて、そもそも何でこんな事を考えたのか。遡る事2年、ファッションスナップに依頼されて2014年のキーワードで1年の締め括りの記事「ビッグマック560円時代のファッション消費を見通して」を書いた事がベースにある。
簡単に説明すると、少子高齢化で日本市場は縮小、デザインコンシャスな消費も比例して減る。なおかつバリューチェーンが市場占有率を高めていくという何とも悲しい状況。当時のノームコア流行りも逆風と感じていたが。そうなると、他の欧州諸国のデザイナーがとっくの昔から普通にやってきた海外販路開拓に活路を見出す以外にない。なおかつITによってバイヤーから消費者へと主役の移り変わりも中抜きも一定進む。バイヤーの選ぶ物が必ずしも売れるとは、つまり正しいとは限らないから、デザイナーは直接、消費者に販売する事によって、そのギャップを見出す事ができる。イベントで店頭に立っても良いし、ECでも良いから、投資の可能な範囲で直販を手掛け、市場との対話をすべき。掻い摘んで言うとそんな感じ。
話は戻るが、パリの合同展は、その市場性の高さ故、それなりに値が張る。小さなブースでも60〜80万円は掛かる。言葉が出来なければ通訳3日間で15万円。これで既に100万円近い。通訳は、安い学生なんかを使おうものなら、痛い目に合うからやめた方がいい。これに飛行機代とホテル代で120万円。3シーズン継続する位の覚悟が必要と考えると二の足を踏んでしまうのも無理はない。
だが、この間の取材でもはっきりしたのは、やはりパリが世界中で一番インターナショナルなトレードの場になっているという事。これはテロが起こって多少、渡仏人数が減った部分はあってもやはり不動の地位にあるという事を実感してきた。
そこで、前述の方法を主催者に交渉して、スタートする事にしたという訳だ。まずは3シーズン位、ライトな形で出展し、取引先ができてきたら、自らブースを構えるという計画で、ホップ・ステップ・ジャンプのまずはホップを踏み出してもらいたいとの思いだ。どんな結果になるか楽しみにしながら、自らは3月のパリ・ファッションウイーク取材で奔走しつつ、乗り切っていこうと思う。


先週代官山で開催したソレイユトーキョー
 2017/02/22 19:19  この記事のURL  / 

なぜ新しい形の合同展を始めたのか


来週火曜日から合同展「SOLEIL TOKYO(ソレイユトーキョー)」の第4回が開かれる。
そもそも、この展示会を始めたのは、「合同展に出ても受注がなかなかその場では取れない」という声を多く聞くようになったのがきっかけだった。以前、2000年代半ばまでは、筆者が関わっていた繊研新聞社主催の見本市「JFW-IFF」内の「クリエーターズビレッジ(CV)」に出展していた小さなデザイナーでも、地方の個店が数字を入れてくれたものだったし、今でも海外の展示会では、その時にしか発注できない状況もあり、数字を置いていくショップもそれなりにある。もちろん後からメールでのやり取りでオーダーが固まるケースが増えてはいるが。
国内のショップとの関係で言えば、合同展後に個展に誘って、最終的にオーダーに繋げるケースが殆どとなった。もちろん海外バイヤーが来れば、その場で付けてくれるケースもある。
ブランド側は、合同展の出展費用と個展の費用がかさみ、それなりに負担感が増していた。合同展が出会い中心の場へと変化しているというなら、もっとライトに見せる場があっても良かろうと思ったのだ。
それともう一つ、私自身が合同展を回っていても、ついついブースでハマってしまい、全部回りきれなかったり、捕まることを恐れて、あまり落ち着いて見られなかったり、根っから気が弱いせいか(嘘だ〜との声が聞こえそうだがf^_^;)、多少フラストレーションもあった。そして、結構埋没して、実は見落とされていたりして。
そんな思いからブランド側の人が不在のエッセンスだけを見せるライトな出会いの場を思いついたのだ。またデザイナー自身が説明する良い点は熱意が伝わることだが、やはり手前味噌というか、赤の他人が褒める方が良かったりすることもあるかな(^-^;とも思ったり。
そして、3回目からは、デザイナー不在を良いことに、普段聞けない本音を得ようとアドバイザー制度を設けた。錚々たる面々にお越しいただき、匿名で商品に対するコメントを書いてもらい、それをフィードバックする。なかなか聞けない本音が聞けるので、多少耳が痛い部分もあるだろうが、次への糧にしてほしいと思っている。
今回は海外5、初出展27を含む総勢34ブランドが揃った。場所は代官山駅徒歩4分の代官山ホワイトルーム。小売バイヤー、輸入卸、代理店、プレス、スタイリストなど業界人であれば、名刺1枚で入場できる。渾身の力作を見ていただきたい。
さて、この中から海外販路も開拓していくようなブランドも育ってほしいと願っている。そのための秘策「パリから世界へ、お手軽に出展する方法」を次回は紹介する。


 2017/02/09 21:12  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ