« 前へ | Main | 次へ »
世界一スタイリッシュなホームレスから学ぶこと

(c)2014 Schatzi Productions/Filmhaus Films. All rights reserved

なんとも軽妙でユーモアあふれる会話術、その巧みな声掛けでニューヨークの街ゆくモデルやファッショニスタたちをカメラに収めるファッション・フォトグラファーのマーク・レイが本作『ホームレス ニューヨークと寝た男』の主人公だ。元モデルで、ハンサムかつスマートな身のこなしの彼は、一見誰もが羨む「勝ち組」に見える。しかし、華やかなパーティー会場を後に向かった寝床は、マンハッタンのペントハウスではなく、雑居ビル街のアパートメントの屋上。マークはもう6年近くも屋上で寝袋にくるまる生活を送っている。ある日この秘密を打ち明けられ驚いた、旧知のモデル仲間で、ピエール・カルダンなどの企業PVを手掛けるオーストリア出身ディレクター、トーマス・ヴィルテンゾーンが3年間にわたり密着した。




荷物はスポーツ・ジムのロッカー4つ分。エクササイズで体を鍛え、身だしなみはジムのシャワールームや公園のトイレで整え、いざ出勤。ファッションショーのバックステージでの撮影など現場の仕事を終えるとカフェをハシゴしながらパソコンをチェック。出来の良い写真を雑誌社に送り付ける。それは、どこにチャンスが転がっているか分からないからだ。時にはエキストラ俳優の仕事で臨時収入。友人と飲みに行き、マンハッタンの花火を眺める。



確かに世界一スタイリッシュなホームレスかもしれない。これがフィクションならオモシロ可笑しく観ることができたろう。だが、この映画はノンフィクションだ。隠れ家であるマンハッタンのビルの屋上へと帰る瞬間のスリリング、撮影者である監督に語る心模様、時折り真顔で我々(オーディエンス)に語りかける懇願ともつかぬメッセージ。そこにこの映画の本質が垣間見える。終盤には、パーティーの愉悦も、ビーチでのはしゃぎっぷりも全ては本質的部分の裏返しだったと悟る。



現実(リアル)には必ず裏表がある。人間の表現にも当然ながらムラがある。あれは強がりだったとか、饒舌さは寂しさの裏返しとか。そして必ずその裏側の存在を忘れてはいけない。
あらゆる角度から捉え直してみる事で、本質と全体像が見えてくる。
厳しさが続くファッション業界だが、マクロとミクロの視点、ある事象に対する多角的な分析、あらゆる角度からの検証を緻密に行う事で先が見えてくるのではなかろうか。簡単な事ではないかもしれないが、その積み重ね無しに未来を拓く事はできないと年の瀬に思った。
と同時に、マークが普通に暮らせる世の中をどうクリエイトしていくかについても考えていきたいと心に留めた。
2017年1月28日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。



 2016/12/24 16:44  この記事のURL  / 

パッション、粘り強さ、そして驕りとの闘い。いずれもが忘れかけていた大切なことでは?

(c)Visinema Pictures /ココロヲ・動かす・映画社 ○

毎年、春夏の東京ファッションウイークが終わった翌週の展示会ラッシュの時期から東京国際映画祭が始まる。映画からも今のファッション業界が学ぶべきヒントが沢山あると、多くの良作を紹介してきたつもりだが、この時期の繁忙さには正直参ってしまう。だが映画祭にはなかなか普段観ることのできないレアな秀作が集まり、何とか時間を作って観に行っている。
さて、今年注目したのが、「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア」のシリーズからアンガ・ドゥイマス・サソンコ監督『珈琲哲學−恋と人生の味わい方−(仮題)、Filosofi Kopi』だ。主演はリオ・デワントとチコ・ジェリコ。バリやスマトラなどコーヒーの名産地として知られるインドネシアを舞台に、コーヒーとともにある豊かな時間と人間関係を描いた作品だ。
カフェ「フィロソフィ・コピ(珈琲哲学)」の経営者ジョディは借金に頭を悩ませ、バリスタのベンは質の高いコーヒーを提供することに余念がない。ふたりは幼馴染の親友だが、ベンの理想とジョディの現実の間で対立がある。ある日、店の評判を聞きつけた実業家から「完璧なコーヒー」を作れば1億ルピーの賞金を出すとの申し出があり、コーヒー批評家のフランス人女性、エルも交え、3人は店の存亡をかけて完璧なコーヒーを追求する。もともと貧しいコーヒー農園の子息だったベンは、幼少時代に苦難を逃れて、ジョディの父親に引き取られて育った。仲の良い二人は喧嘩をしながらも、ともにコーヒーショップを立ち上げたのだが。
一方、彼ら二人を陰ながら支えるエルも幼少期に仕事で留守がちな父親との間にわだかまりを感じながら育つ。ともに父親へのトラウマを抱えるベンとエル、エルに好意を寄せるジョディ。3人の若者たちの過去と今が交錯して、温かいラストストーリーへと展開していく。
ジョディのコーヒーにかける情熱、パッション、粘り強さは時として頑固で我儘にすら見える。驕りのようにも見えるジョディの態度にエルが一番美味しいコーヒーを作る夫婦と農園に案内し、ジョディに対する優しい答えを提示してくれる。だがそれはジョディが突き詰めたからこそ、新境地を見いだせる力も備えたという事なのだろう。
それ位しないと他社を圧倒するほどの仕事はできないという事を分かりやすく教えてくれる。そんな挫けない不屈の情熱をファッション業界は忘れかけていないか。もちろん計数管理や需要予測、MD計画などの科学的管理を不要とは言わないが、何はともあれ、一番はファッション対するほとばしるほどの情熱ではないのか。そんな単純だが、原点を考えさせてくれる映画だった。
本作は来年、日本での商業公開も決まり、また撮影された店が「フィロソフィ・コピ」として実際にジャカルタに存在し、主演のふたりがオーナーを務めて繁盛しているらしい。



 2016/12/11 13:12  この記事のURL  / 

プレミアム牡蠣、食して震災復興


新橋を中心に33店舗の居酒屋を展開するジェイ・ダブリュウ・エイはこのほど、宮城県と宮城県漁業協同組合・宮城県酒造協同組合の協力のもと、3月31日までの期間限定で、牡蠣料理店「MIYAGIオイスターダイニング」を新橋の「プラチナフィッシュEX」にオープンした。
東日本大震災以降、牡蠣の生産基盤は順調に回復しているとはいえ生産量は、4000トンから1700トンへと減少。風評被害などもあり、販路開拓の面では苦戦を強いられているという。同時に深刻な問題として牡蠣を剥いて取り出す作業員の「剥き子(むきこ)」が減少している点が挙げられた。主に浜の主婦たちの生業だったのだが、住宅の高台移転で就業者数が減ってしまったことに起因しているそうだ。こうした中で現在、剥き子を必要としない殻付き牡蠣の出荷振興を進めている。
今回の試みは、沿岸部のリアス式海岸により、海と山の豊富な栄養素が含まれたプレミアムな牡蠣を食べられる情報発信拠点として組合と県の協力体制のもと、取り組まれることになった。



11月30日に開かれたオープニングイベントでは、元ムエタイ世界チャンピオンの横瀬いつかさんがMCを務め、「唐桑もまれ牡蠣」「志津川湾牡蠣」「長面浦牡蠣」「万石浦牡蠣」「鮮かき鳴瀬」のプレミアム牡蠣が「ほや」や「平目のカルパッチョ」など宮城県の新鮮素材や郷土料理とともに供された。特に興味を引いたのは、牡蠣を宮城県産のウイスキー「ニッカウヰスキー・伊達」に付けて食べる意外な食し方だ。ウイスキー独特の苦みとアロマが牡蠣の風味と相まって、何とも言えない絶妙な味わいだった。



本イベントでは、期間中5万個を販売目標に掲げ、宮城県産のプレミアム牡蠣を広く普及していく考えだ。
生牡蠣3種で1500円、1個540円。この他、牡蠣グラタン(650円)、アヒージョ(900円)などオイスターメニューのほか、刺身の盛り合わせ、金華さば一夜干し、ムール貝のバケツ盛り、蔵王チーズ盛り合わせなどの宮城食材も楽しめる。
店に足を運ぶことも震災復興支援のひとつ。是非、ふくよかで芳醇な味のプレミアム牡蠣を試していただきたい。
 2016/12/05 20:08  この記事のURL  / 

シェフたちの苦悩からクリエーションが生まれる

(c)2015 BlazHoffski / Dahl TV. All Rights Reserved.

蟻を食材に使うことで知られるデンマーク・コペンハーゲンの斬新な評判を持つ有名レストラン「noma(ノーマ)」が2015年1月に5週間だけ東京にやってきた。『ANTS ON A SHRIMP ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』と題する本作は、その際のスタッフの苦悩と苦闘を追いかけたドキュメンタリー映画だ。
ノーマは、英国の「世界のベストレストラン50」で2010年から7回連続でベスト5入りし、うち4回1位に輝くという偉業を成し遂げており、この「ノーマ・アット・マンダリンオリエンタル東京」の企画は世界的にも注目を浴びた。7万円近い高額なメニューにも関わらず2000席に対して6万2000人がウェイティングリストに名を連ねたという。
それだけにスタッフのプレッシャーは半端なものでなく、また連日続く長時間にわたる試行錯誤で、具合が悪くなる者も出てくる始末だ。それもその筈、ノーマを率いるカリスマシェフのレネ・レゼピは、コペンハーゲンと同じメニューを許さず、日本の食材で作る新たなクリエーションをスタッフたちに課したからだ。また英語が通じないことも、スタッフに大きな負荷をかけることとなる。



長野に自生するキノコを求め、沖縄の地で日本人も知らないような果物を獲得。北は青森まで食材探しの旅に出るスタッフ達。スッポンも料理に加えるなど挑戦的なメニューとなった。
スタッフが考案したメニューにダメ出しするレネ。失敗をくり返しては、また更に突き詰めていく。あるスタッフの言葉が印象的だった。「99%の失敗を生かす」。そう失敗は成功の母なのである。そして「本店のコピペは出さない」ととことんクリエーションを突き詰めていく姿が、ファッションにおけるクリエーションと重なってくる。



さて、果たして我々ファッション業界でもここまでの突き詰め方をしているだろうか。この映画を見て自問自答してみよう。
もう一つ業界的な話題としては、スタイリストで「ARTS& SCIENCE(アーツ・アンド・サイエンス)」のオーナー、ソニア・パークさんが食器のキュレーションを担当した。
12月10日よりヒューマントラストシネマ有楽町、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次公開予定。

 2016/12/04 21:10  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ