« 前へ | Main | 次へ »
三越伊勢丹のネットワーク力によるアトレ品川のリニューアル


2016年11月15日、アトレ品川の3階フロアがリニューアルオープンした。テナントは「FOOD & TIME ISETAN(フード・アンド・タイム・伊勢丹)」。アトレに伊勢丹?。そう、最近はよくある話だが、サテライト店舗の開発を活発化する三越伊勢丹グループの戦略のひとつだ。運営するのは食品子会社の三越伊勢丹フードサービスで、品川駅周辺の高感度な顧客層に向けた「発信型ライフスタイルストア」を目指したという。
全体を「作る(青果・畜産・水産)」「嗜む(リカー・ワイン・菓子・惣菜)」「食べる(フードコート&デリ)」「過ごす(カフェ・雑貨・書籍)」の4つのコーナーで構成した。



スーパーマーケットの「クイーンズ伊勢丹」エリア以外に同社自前の店舗もフードコートに3つ出した。スーパーの食材を利用した専門店でサラダバーの「FARMER’S GREEN(ファーマーズグリーン)」、デリカテッセンの「DELI CHEF’s SELEQ(デリ・シェフズセレク)」、カリフォルニアロールなどの創作寿司も味わえる寿司「SUSHI & ROLLS UOSEI(スシ&ロール・ウオセイ)」。
またこの他のテナントとしてアメリカのクラフトビール・バー「Antenna America(アンテナアメリカ)」や軽井沢の老舗ベーカリー「BOULANGERIE ASANOYA(ブランジェアサノヤ)」と浅野屋が初めて手掛けるバーガーショップ「Gri & Pain(グリ・パン)」も登場した。



国内3店舗目となるオーストラリア発のメキシカンファストフード店「Guzman y Gomez(グズマン・イー・ゴメス)」も入居した。
過ごすのコーナーには、国内6号店となる「ブルーボトルコーヒー」が書籍やコスメ、雑貨などの隣にできた。



さて、詳しい内容は他の媒体に譲るとして、やはり注目点はアトレが自らのリーシングではなく、三越伊勢丹の力を借りた、もしくは利用したという点だ。三越伊勢丹グループの持つ商品調達力とMD力については、「イセタンサローネ」や「イセタンミラー」といった切り口毎によるサテライト出店で、百貨店業態の枠を超えて進化する企業としての姿勢が他の百貨店の追随を許さない独走状態に見える。
一方、アトレが駅ビルという最高の立地にありながら、独自のリーシング力を発揮できていない様子が見え隠れしてしまうのは、素人でも分かる。恵比寿西館の開発では、一定の成果を見せてくれたのだが、品川では同じようにはいかなかったのだろうか。その点が気になるところだ。
今回のプロジェクトを見ると、柴田陽子さんによるプロデュース、谷尻誠さんによる内装、そして中村貞裕さん率いるトランジットのグズマンと話題のブルーボトルコーヒーの導入という、ある意味、「安定の勝ちパターン」だったわけで、面白味の有無は別にしても、こうしたネットワークの強みを持っているかどうかも三越伊勢丹の強みなのだと思わせられたリニューアルだった。


 2016/11/20 16:34  この記事のURL  / 

スタイリングとモデルのオーラで「カリーヌ・ロワトフェルド×ユニクロ」が一気にモードに


ユニクロは、カリスマファッションエディター、カリーヌ・ロワトフェルドとのコラボ第3 弾「2016 Fall / Winter CARINE ROITFELD Collection」を11 月11 日から発売する。4 日にはユニクロのプレスルームでファッションショーを開いた。
今シーズンは、カリーヌ・ロワトフェルド自身のスタイルでもある「マスキュリンとフェミニンのコントラスト」が効いたコレクションを展開し、ショーではユニクロのデザインディレクター滝沢直己がスタイリングを手掛け、24ルックをスタイリッシュかつエレガントに演出した。
プレスやインフルエンサーなどの招待客からは、特にレオパード柄のイミテーションファーのブルゾンに、ボウタイ付のカシュクールブラウスとストレートパンツを合わせたルックやツイードのライダースジャケットなどに「可愛い」との声が上がっていた。
ファーブルゾンのトリミング具合が絶妙でオリジナリティーを感じさせるデザインだ。
またバッグも全てカリーヌの新コレクションからセレクトし、先端の流行を生み出し発信してきた彼女の新しい女性像を表現。ラストには12 人全てのモデルが登場し、フィナーレを飾った。



モデルが着こなすと見事にモードな雰囲気がグッと盛り上がるのは、「やはり流石プロ」と思わざるを得ない。と思うのは筆者だけだろうか??



さて、カリーヌ・ロワトフェルドは、フランス版『VOGUE』の元編集長で、現在は雑誌『CR Fashion Book』の編集長を務めているカリスマファッションエディター。カール・ラガーフェルドやトム・フォードなど様々な著名なデザイナーがミューズと賞賛するファッションアイコンとしても有名だ。
同コレクションは下記ユニクロ12店舗と公式オンラインストアで発売される。
ユニクロ銀座店、UNIQLO OSAKA、ビックロ・ユニクロ新宿東口店、ユニクロ吉祥寺店、
以下同プランタン銀座店、心斎橋店、池袋東武店、渋谷道玄坂店、世田谷千歳台店、五反田TOC店、ラゾーナ川崎店、札幌エスタ店

 2016/11/08 20:50  この記事のURL  / 

パリ・プランタンのクリスマスウインドー開幕式にユマ・サーマンが登場

(c)Printemps

パリの冬の風物詩のひとつに百貨店のクリスマスウインドーディスプレーが挙げられる。個人的には、華やかな百貨店前の路上で焼き栗を売る風景もセットで、パリならではの郷愁をかきたてられる。世界的に見るとサイモン・ドゥーナンの手掛けていたバーニーズニューヨークのウインドーディスプレーをはじめとして、業界関係者のリサーチ&ウォッチ対象として、有名百貨店のクリスマスウインドーは、あいも変わらず恰好の被写体だ。
さてそんな中、パリのプランタン百貨店のショーウインドーは、11月3日から恒例のノエル(クリスマス)仕様に変わった。今年のパートナーブランドは、「ジミーチュウ」「デイビッド・ユーマン」「ボンポワン」。


(c)Francis Peyrat

「プランタンのクリスマスの夢」と題したストーリーは、ジュールとヴィオレットという2人の子供がクリスマスの夜にデパートの中で夢の旅をするという物語。各ウインドーディスプレーでは、おとぎ話を紡ぎ、2人の子供と個性豊かなキャラクターたちとの出会いや旅の一部が描かれている。ジミーチュウによるエレガントなファッショニスタの「チューガールズ」、動物のミュージシャンとマジックストーンとともに登場するデイビッド・ユーマンとその妻、シビル、そしてボンポワンのシンボル的存在のチェリーが3つのブランドをアイコニックに象徴し、称えている。
開幕式にはジミーチュウのミューズ、ユマ・サーマンとプランタン社長、パオロ・デ・セザレが並んで登場した。
アトリウムにはボンポワンによるポップアップが展開され、店内では数々の限定商品が販売されるなど話題満載だ。


(c)massimo pessina

さてこのディスプレー、なんと設置に約3週間、昼夜合わせて650時間以上も掛けたそうだ。やはり気合いの入れ様が違う。
テロにより右岸の百貨店や小売業を中心に観光客と売上げの減少に悩まされている。ただでさえフランス国内の景気が相変わらず低迷している中で、意気消沈してしまいそうだが、こうして手間暇かけて、オスマン大通りに彩をもたらし、盛り上げようという心意気は、パリの「たゆたゆとも沈まぬ」矜持を表している気がした。


(c)Francis Peyrat

 2016/11/05 13:57  この記事のURL  / 

レベルアップする非日常体験


旅は非日常体験を得られ、インスパイアされるモノ・コトとの出会いや心身のリフレッシュに役立つ。しかし、その非日常体験のレベルは人により違い、体験レベルに合わせた感動が必要になる。成熟化した消費者にとっては最早、見た事もない景色やハイレベルな「おもてなし」が必須ということだろう。
さて筆者のレベルは常人並みか、それ以下だと思うが、少しばかり食い意地が、いや、かなり食い意地が張っているせいか、晩御飯とアルコールのマリアージュにはうるさいかもしれない。
そこで最近訪れた二つの宿の話。



ひとつは、福島ハイテクプラザでの講演の前夜泊った「信夫温泉のんびり館」。駐車場にクルマを停めて、吊り橋を渡ると宿がある。このアプローチは、導入部としては可笑しみがある。温泉はツルツルで枡酒を愉しめる気持ち良い露天もあるのだが、何よりも夕食の創作会席メニューが素晴らしかった。まず食べたことの無い食材と味付けの組み合わせで、新しい味覚体験。「南瓜のビシソワーズ」「フグ皮柚子下ろし」「ずわい柚子」「海老ずんだ和え」「ほやの牛蒡味噌」と本田耕二総料理長の腕前が凄い。料理に合うのは、やはり日本酒。福島の地酒「飛露喜」と山形プレミアム級の酒「十四代」にあともう1種類を頼める「自慢の銘酒・利き酒セット」が嬉しい。そして女将の気さくな接遇も愉快だった。



もう一つは、伊豆大川にある「御宿・風月無辺」。こちらも駐車場にクルマを停めて、小さなケーブルカーで受付棟へ。チェックインを済ませると今度は自動運転のゴルフカートのようなビークルに乗り込み、離れの宿へと導く。まだ新しい建屋の為、室内も綺麗で快適だ。ベランダに露天風呂が付いており、遠く伊豆大島が望める。




こちらも夕食の懐石コースが素晴らしかった。まずは金目鯛の握り、そして刺身の「地魚の盛り合わせ」もレベルが高い。「伊勢海老・和風ブイヤベース」は日本酒でも白ワインでもいける。「活鮑の踊り焼き」も付いてコスパの良さを感じさせる。食事部屋からも遠く相模湾を眺められた。料理のタイミングやスタッフとの会話にもホスピタリティーを感じる。マニュアルでなく、接客の極意、人としての会話を心掛けている様子が窺えた。
共通して言えるのは、まずはアプローチでワクワク感を高め、落胆させない風呂と料理。そして人間味あるホスピタリティー。これでリピート間違いなしだ。
翻って我が業界に当てはめるなら、店への導入部としての驚きのディスプレイ、満足感と良い意味での意外性のある品揃え、そして人間味ある接客。異業種からも学ぶべき点は、色々ある。さあ、また旅に出よう。

 2016/11/01 21:30  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ