« 前へ | Main | 次へ »
技術と機械の進歩を横目にアンティークの負い目あり


個人的な趣味でアンティークウオッチをいくつか持っている。古くは1910年代のホーロー文字盤の「オメガ」や「ロレックス」の40年代末の手巻き式、国産でも伊勢湾台風の被害で無くなってしまった「リコー」の手巻きなど、また自動巻きも70年代の「ブライトリング」クロノマチックや「チュードル」の80年仏海軍公式サブマリーナなど欧州の蚤の市で見つけてきたものをコレクションしてきた。しかし、古いものは何でもそうだが手が掛かる。オーバーホールするだけでも数万円はするし、それを3年程度で繰り返さなければならない。そういう意味では、最新の腕時計だと、その辺りの気分が相当に軽くなる。
さて、クオーツや電波ソーラーなどの技術で定評のあるシチズン時計から、機械式のウオッチブランド「CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)」が約20 年ぶりに復活する。20〜30 代の若い世代に向けたエントリー機械式時計ブランドとして、印象的なブルーを使い、クラシカルなデザインとこだわりの品質を備えた8モデルが11 月11 日に発売される。
フランス語で「海」を意味するラ・メールという名のブランド、クラブ・ラ・メールは、1984 年に誕生したシチズンのウオッチブランドで、当時のトレンドだったトラッドなデザインをアイデンティティーに約10 年間にわたり商品を展開してきた。そして来月、約20 年ぶりに新しさと伝統をまとい再デビューすることとなった。
ブランドコンセプトは「手の届く機械式時計」。機械式時計は一般的に高価格のイメージがある中、自動巻きの魅力を多くの人に知ってもらいたいという思いから、丁寧に仕上げられた文字板やケースに加え、信頼性の高い日本製ムーブメントを搭載しながらも、手の届きやすい2〜3万円台の価格帯でコレクションを構成し、発売することとなった。
設立当時のブランドアイデンティティーであるトラッドなデザインを核としつつも、ラ・メールという名前の通り、海を想起させるブルーの差し色や、実用性を考慮したシンプルモダンなエッセンスを採り入れている。時計の魅力であるムーブメントの繊細な動きを楽しむことが出来るよう前面オープンハートや裏蓋スケルトンモデルも登場し、若い世代に、時計本来の面白さや魅力を訴求していくという。
確かに自分も若ければ、こういったエントリーモデルに惹かれる事だろう。一方で手が掛かっても捨て難い魅力があるのが、アンティークの世界。エコノミー(経済的)ではないが、長く使えることはエコロジーに繋がると多少の負い目を感じつつ言い訳のように言ってみたり。しかし、そういう意味でも今回のクラブ・ラ・メールについて思うのは、長く使える高品質なケースや仕上げを、この価格帯で作ってしまえる技術力の進歩を感じざるを得ない逸品だったということだ。


 2016/10/28 19:11  この記事のURL  / 

成宮寛貴を彷彿させるSWAY


あるPR女史から依頼があり、「COTE MER(コートメール)」のショーに登場した「ドーベルマン・インフィニティ」のSWAY(野替愁平)にインタビューする機会を得た。正直、ヒップホップやラップなどダンス系音楽とは無縁で、専ら70年代のフォークロックをこよなく愛している身としては、甚だ門外漢の小生だが、「色々な人に私のキャリアが役に立つなら」と自らジャッジできる独立の道を選んだのだから、まあ自分なりの人間分析で取り組んでみようかとお受けした。
多少の下調べをアシスタントに頼んで俄か知識を詰め込んで臨んだのだが、やはり質問は自分の関心事へと向かってしまう。
やれ、音楽とファッションの関係性だの、価値の伝え方だの、ファストファッションについてどう思うかだのと硬い話ばかり振ってしまったのだが、彼は真っ直ぐな視線で丁寧に自分の言葉で語ってくれた。
その時にふっと思い出したのが、もう10年以上も前に『senken h(アッシュ)』で撮影した成宮寛貴。何処となく顔も似ている気がするが、真摯に真正面からファッションや音楽について、真剣に語る姿が、ロケバスの中で生真面目に話す成宮とダブった。
30歳の若さだが、この53歳のオジサンでも共感できることをさらっと自然体で話す。身に付いてなければ、自分の言葉では話せない。それくらいは見抜く目を持っているつもりだ。
特に印象に残ったのは、「頑張って働いて、自分のお金で買う価値観が大切で、マインドを上げる、モチベーションを上げてくれる1点になると思う」と安売りされていた好きなブランドの商品を敢えて買わなかった話をしてくれた。
そして接客を、彼らにとってのライブに置き替えて、単なる服、単なるCDの曲以上の付加価値と感動を与え、そのものより更に価値を高めてくれることを「秘密を発見する」という言葉で表現した。彼自身も生地やプリントへのこだわりと蘊蓄で、コートメールをはじめとするブランドのことを好きになったそうだ。
「オーラが出てるというか、やはり輝く人は違うよね〜」とアシスタントと頷きながら、バックステージを後にして、ショー会場へと向かった。


筆者とSWAY(右)                       コートメールのラストルック
 2016/10/23 20:12  この記事のURL  / 

古く深い話だったのね〜ラコステ×ジャン=ポール・グード


LACOSTE(ラコステ)」とJean-Paul Goude(ジャン=ポール・グード)のコラボライン「HOLIDY COLLECTOR(ホリデー・コレクター) 2016」の発表がパリファッションウイーク中の9月28日に行われた。



すっかり陽の暮れたパリの南東端、メトロ8番線・Porte Doreeの駅から、会場の国立移民史博物館(Musee national de l'histoire de l'immigration)へと向かった。「こんな時代だから、こんな場所を選んだのか」などと思いを馳せながら歩いていくと、何とも賑やかで夜の遊園地のような、どこか儚げでもあり、ノスタルジックな構造物が目に飛び込んできた。
2014年に六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開かれた「イメージメーカー展」を想起させる、くるくると回る構造物が、暗闇の中に浮かび上がり、その周りを取り囲むようにコラボ商品がディスプレーされているという趣向の会場だった。
ジャン=ポール・グードと言えば、単なるイラストレーターやグラフィックアーティストの域を超えて、幅広いジャンルでのクリエーター、そして広告まで含めたディレクションもこなすマルチクリエーターだ。
ラコステのクリエイティブ・ディレクター、フェリペ・オリヴェイラ・バティスタがジャン=ポール・グードと出会い、ポロシャツ、ボンバージャケット、バッグやクラッチといったリミテッドエディションのアイテムのためのロゴだけではなく、クリスマスのスペシャルパッケージや広告ビジュアルのデザインを全面的に依頼したそうだ。


フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(左)とジャン=ポール・グード(右)

グードの目を通して見たラコステのワニは、幼少期に思い描いたアフリカ、ダンスへの熱い思い、そしてバウハウスへの心酔を表し、正装に身を固め、とても洗練された2匹のトカゲ類の動物のパレードとなって立ち現れた。
そして彼の空想世界からそのまま飛び出してきて、カプセルコレクションのアイテムに刺繍されている。厚手のコットンピケのポロシャツは半袖(レディス16000円・メンズ17000円・税別)と長袖(レディス・メンズとも19000円)があり、ホワイト、ネイビー、杢グレー、グリーン、レッドの5色で展開。ジャケット(レディス47000円・メンズ50000円)は、ボンバージャケットとスカジャンの要素を併せ持ったデザインで、背中部分には再編集されたワニのデザインが刺繍され、ネイビー、レッド、ブラックの3色で展開される。日本での発売は11月11日からラコステ各店とe-shopにて発売(アウトレットを除く)を予定している。



アフリカン・ダンスと移民史博物館、果たして何か意味を持たせたかったのだろうか。
グードは、次のように語った。
「国立移民史博物館(Musee national de l’histoire de l’immigration)や国立アフリカ・オセアニア美術館(Musee national des Arts d’Afrique et d’Oceanie)、仏海外県博物館(Musee de la France d’Outre-Mer)、植民地博物館(Musee des colonies)のほか、ワニが居る亜熱帯水族館もあります。私にとってはそれこそがPalais de la Porte Doreeなのです。ここでイベントを開催することは子供の頃から夢見てきたことですし、私の人生のインスピレーションの源でもあります」。
う〜ん、もっと古くからの深い話だったのね。


 2016/10/16 13:02  この記事のURL  / 

どこまでも続く技術の進歩についていける??


センサの分野では世界的にトップを走る日本だが、そのベンダーとしての地位にのみ甘んじていては危ないと、センサを取り巻く環境やどう活用していくかの「what to do」を高めていこうと新たな見本市が立ち上がる。名称は「SmartSensing(スマートセンシング)2017」 で、会期は2017年6月7〜9日、東京ビッグサイト東3ホールで開かれる。同じ時期に別のホールでは、「電子機器トータルソリューション展」も開催されるため、回遊が期待できる。
主催はJTBグループのJTBコミュニケーションデザイン。国際ナノテクノロジー総合展などを手掛けており、ファッション分野では、東京国際フォーラムで開かれているJBKS(ジャパン・ベストニット・セレクション)の運営なども行なっている。


ナノテクの受付

コンセプトは、「毎年1兆個のセンサを消費すると言われるトリリオンセンサ時代到来に向け、センシングがIoT社会のニーズを実現させるサービスプラットホームの展示会」としており、「国内の誇るべきものづくり技術を発信し、センシング社会のビジネスマッチングを後押しする」という。来場者数は1万人を予定している。
ファッション分野では、最近喧しいAI技術の応用が期待されるが、やはりメインは技術系の産業になる。とは言え、人々の暮らしを快適に豊かにという視点からは、あらゆるアンテナを張っておく必要があり、この展示会も何かヒントを得られるかもしれない。


NECネクサソリューションズのセミナー

さて今月28日には、NECネクサソリューションズ主催の「アパレルセミナー2016〜アパレル業界最新動向&デジタル活用」 と題したセミナーが東京、名古屋、大阪で開かれる。私事で恐縮だが、このセミナーの第二部「ファッション人工知能『SENSY』の活用術」でカラフルボード・渡辺祐樹CEOと対談させていただく。既に『WBS』や『日経新聞』でも数多く取り上げられ、知られるようになった同社のAI(人工知能)だが、それは単なるリコメンドや販売促進のツールとしての役割に留まらない無限の可能性を秘めている。その辺りの話を聞き出してみたいと思っている。詳細は下のリーフを参照いただきたい。ファッション業界の未来を明るくする話に繋がればと考えている。


 2016/10/15 15:48  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ