Main | 次へ »
ワインに学ぶヒエラルキーの作り方


今週半ば、東京・表参道のアニヴェルセル表参道で、プレス向けに「ボルドー/ボルドー・シュペリュール・テイスティング・ランチ」が開かれた。
ボルドーといえば、フランス最大のワイン生産地であることは良く知られているが、高級ワインの産地ブルゴーニュと比較してみるとその規模は歴然だ。ボルドーが12万haなのに対して、ブルゴーニュは2.76万ha、ローヌが7.7万、ロワールが4.85万、ラングドックが3.83万だから、桁違いに大きいのだ。
今回のテイスティング・ランチには12のシャトーとネゴシアンが参加し、各々の特徴をアピールしていたが、やはりボルドー一般となるとクオリティーがそこそこで、比較的安価で安定したワインの供給地というイメージがある。
一方でブルゴーニュの方が価格も高く、イメージ戦略で先行している感は否めない。
こうしたクラス感が、どのように植えつけられてきたのか。そこにフランスの強かさと戦略を学ばなければいけないと思う。



EUの統一基準であるAOP(原産地保護呼称)制度になる前から、各国でAOC(原産地統制呼称)やDOCといった原産地呼称を義務付け、トップからボリュームまでのカテゴライズを明確化してきた。このことにより、ランクがはっきりと分かるようにした訳だ。最高級の限定的な地域(例えばポイヤック、ポムロル、ヴォーヌロマネなど)、それより少し広い地域(例えばボルドー、ブルゴーニュなど)、上記AOP以外の地酒(Vin de Pay)、そして産地が分からないテーブルワインとクラス分けされている。細かく言えばもっとあるのだが、切りが無いのでこの程度にしておく。

さて、翻って我がファッション業界はどうだろうか。そう、フランスはパリコレという世界最高峰のファッション情報発信拠点を用意し、同時期に多くの合同展示会やショールームを開催し、世界中からデザイナー、バイヤー、プレスが集結するプラットフォームを用意したのだ。この事がパリコレのヒエラルキーを保ち、世界のファッションキャピタル(首都)ならしめている仕組みなのだ。
ランク付け、クラス感をセットすることで、自らが何者で、どの地点にあるのかを明確化する。そういう基準=物差しを準備し、世界にそれを押し付けることで、自らの優位性を確保することになる。その事を我々はもっと学ぶべきだろう。


 2015/05/30 13:10  この記事のURL  / 

欧州見本市進出セミナー&新合同展(東京)・ポップアップストア(パリ)説明会

繊研新聞2015年5月14日付より

今般、海外進出を目指すブランドの為に、セミナーを開くことになった。
私自身が欧米11ヶ国、80の見本市を訪れ、見聞きしてきた内容を交え、この20年の欧州見本市の変遷と近年のパリ合同展の情報と傾向、B2B出展に関する情報を提供する。

また後半には、関連会社のカシュ・カシュが、今年10月に行うパリでの日本ブランドの合同ポップアップストア「Le Soleil Le Vent Vol.5」、ならびに東京コレクション翌週に行うデザイナーのための新合同展「ソレイユ2016SS」の説明会を行う予定である。

特に東京で開く新展示会は、限られたスペースに各デザイナーのエッセンスを展示し、自身の個展へとバイヤーを誘う趣旨で、デザイナー本人が会場に居なくても、当方が説明を代行して行うという趣向だ。できるだけ、小さなクリエーターの負担を少なくしたいとの想いから、考えたもので、果たして、そのニーズがあるのか、楽しみである。

さて以下が本セミナーの参加対象となる。
・パリのB2B合同展出展を検討しているブランド(レディス・メンズ・キッズ)
・今年10月、東京で開催予定の合同展出展を検討しているブランド(時期的にメインはレディスウェア及び雑貨、アクセサリー)
・パリにおけるポップアップストアへの参加を検討しているブランド(今回はレディス・メンズ・キッズのウェア及び雑貨・アクセサリーを一斉に開催する予定)

日時:2015年6月2日(火)16:00〜17:30
場所:ストップオーバー(港区南青山3-8-14)外苑前駅、表参道駅から徒歩8分
参加費:ドリンク代500円

16:00〜16:40 欧州見本市の変遷とパリ合同展の傾向について
16:40〜16:50 パリの合同ポップアップストア説明会(9/29〜10/8開催予定)
16:50〜17:00 東京の新合同展説明会(10/20〜23開催予定) 

応募が多かったために席数を増やしたので若干名受付が可能となった。
本セミナー&説明会に出席希望の場合は、kubo@cubocci.comまでメールで申し込みを。
 2015/05/26 17:47  この記事のURL  / 

ポジショニングと再び、人の縁の話

20年振り位だろうか。先週、東京・神宮前にあるレディスアパレル、エムズグレィシーの展示会を訪ねた。私が繊研新聞社に入社したばかりの時に担当した企業だ。
1990年11月、営業部(現業務部)に入社してすぐに始める仕事は、『繊維商社年鑑』という繊維関連企業の会社概要が事細かに記された厚さ10センチもある本から、会社のクライアントになっていない企業を探し、アポイントを入れ、お話をお聞きしに行く(つまりは広告営業に行くという事だが)、新規開拓というものだった。
大概の会社は「繊研新聞」と言えば、社長や経営陣に簡単にアポが入ったので、苦労は無かった。しかし27歳の新入社員でファッション関係の経験も無く、伺っては業界とその会社の話をお聞きし、メモを取り、勉強させていただく毎日だった。

最初に訪問したのは、現金問屋とアパレル卸の違いも分からず、日本橋馬喰町の現金卸にブランドの広告提案を行った。出てこられた専務は、「いや〜、繊研さんが来られるのは、何年振りだろう」と歓待してくれ、二つ返事で広告を決めてくれた。「ふーん、こんなものなのか」と嬉しさ半分、呆気ない感じ半分。

エムズグレィシーもそんな会社の一つで、当時対応戴いた専務には、百貨店の名物バイヤーを紹介してもらったり、専門店卸の仕組みや取引条件など、色々な話を毎回2時間近くに渡って教えていただいた。そして繊研新聞の広告も初めて出稿いただいたものだ。
広告的に付き合いが始まると自然と編集部の記者とも足を運ぶようになり、婦人服特集などでは、同社の記事も掲載されていくことになる。
ある日、営団地下鉄(当時はまだ東京メトロではない)に座っていると前に立っているサラリーマンと思しき二人の会話が聞こえてきた。
「なあ、エムズグレィシーって知ってるだろ?。あれ、小さい『イ』なんだぜ。繊研に出ていたよ。」
私は心の中で呟いた。「そうなの。繊研社内でも間違える奴が居るんだよ。よくぞ気付いてくれた!」

閑話休題。
同社は90年代に特集テーマとなった「ジャパニーズ・エレガンス」の一翼として欠かせないポジションを確立しているブランドだった。メドウス、エニーなど既に市場から消えてしまった会社が数多くなる中、ほとんど立ち位置を変えずに頑張っているから頭が下がる思いだ。
しかし、生き残っているには訳がある。同じジャパニーズ・エレガンスの範疇でも、マトリックスに落とし込むと「コンサバティブvsコンテンポラリー」「上品vsセクシー」の2軸の中で、ややコンサバティブ×上品というポジション取りだった。ややコンサバ×セクシーには「エニー」、コンポラ×上品には「メゾン・ド・トワル」などがあったことを思い出すが、今はもう無い。

先日訪れた展示会でも、このポジションは変わらず健在だった。代表取締役会長(当時の社長夫人)、その娘さんの取締役と昔話にひと花咲かせて席を辞したが、出口でバッタリ、某老舗百貨店のN常務本店長が入って来られた。「長く続けている大切な取引先」とのことで、同社の真摯な振舞い、人との縁、変わらないブランドへの信頼といった、忘れてはならないキーワードを今一度、胸に刻み付けた日となった。


 2015/05/24 12:45  この記事のURL  / 

知性が感性を押し上げる 美術ネタ映画の使い方
映画とファッション、この親和性が高いテーマで書くとなると、イヴサンローラン(2014年9月)やAdvanced Style そのファッションが人生(2015年5月公開予定)などをフィーチャーしたくなるが、今回はちょっと脇道に逸れてみる。

昨年から今年にかけて、美術館をテーマにした映画がいくつか公開された。
オランダ・アムステルダム国立美術館の改装をめぐる10年間にわたる苦闘をドキュメンタリー映画として仕上げた『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(2014年12月)、
ロンドンのトラファルガー広場に面するナショナル・ギャラリーの裏方も含めリアルな今を活写したドキュメンタリー映画ナショナル・ギャラリー 英国の至宝 (2015年1月)、

(c)2014 Gallery Film LLC and Ideale Audience.All Rights Reserved.

そして圧巻の4K・3D映像でリアルなフレスコ画を体験できるヴァチカン美術館・4K3D・天国への入口(2015年2月)。

(c)direzione del musei-governatorato s.c.v
ヴァチカンでは、ミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂の「天井画」や「最後の審判」が圧倒的な臨場感で迫ってくる。実際に見た時に感じるトリックアートやトロンプルイユのような立体感が3Dメガネを通じてその場に蘇ったようだ。これは本当に新しい体験だった。

またナショナル・ギャラリーでは、「絵とあなたとの関係性を見つけてほしい」「あなたの興味があることは全てアート中にある」など学芸員たちが語る一言一言に、ハッとさせられることも。そして館内の会議で、ブランディングとマーケティングの意見対立と妥協点を探る様などは、どこぞのアパレルメーカーの会議に重なり面白い。

さて、このナショナル・ギャラリーで特に所蔵数の多いターナーのどこか物憂気だが、心落ち着かせる風景画の数々は、またじっくりと現地で見てみたいと思っていたのだが、そのターナーの半生を綴った映画ターナー、光に愛を求めてが2015年6月に公開される。この映画を見てから、ナショナル・ギャラリーに行けば、さらに絵を観る視点を昇華させている自分に気付くに違いない。

(c)Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Diaphana, France3 Cinema, Untitled 13 Commissioning Ltd 2014.
 2015/05/15 12:05  この記事のURL  / 

人の縁がビジネスになる


今月からこのブログに参加させていただくことになった。
繊研新聞社に22年在籍。月刊タブロイドペーパー『senken h(アッシュ)』の立ち上げを主導し、IFF、プラグインの立ち上げにも関わった。後半にはパリ支局と英字版『THE SENKEN』の立ち上げ。どうも自分には立ち上げ屋の気質があるらしい。
そして40歳を過ぎた頃からだろうか。業界への恩返しを考え始め、在職中から大学、専門学校、業界団体での講演を行い、教育的視点からの恩返しも少しずつだが始めている。
そんな中で、私自身のウェブサイト『Journal Cubocci』(ジュルナル・クボッチ)のコンセプト同様、このブログでもファッションビジネスで生きる人々にとって、何らかのヒントとなるようなコトやモノ、ハコなどを紹介していきたいと思っている。

さて、ビジネスは人と人との繋がりから生まれる。いや正確に言うと、その繋がりから生まれたものやサービスに感動や価値が生じて、更にビジネスを続けていくエネルギーが再生されるということだ。それ無くして一方的に利益を享受したり、傷つけたりしてはいけない。


4月24日の夜、アバハウスインターナショナルのグループ会社で、輸入及び製造卸・小売を行っているアウターリミッツが、主力ブランド「ナイジェル・ケーボン」のファッションショーを青山のIDOLで開いた。


武骨なミリタリーのうん蓄たっぷりのメンズウェアは相変わらずの人気。それに対してレディスは、今の日本市場を意識しつつ、ナイジェルらしさを仄かに出したリアルクローズが並んだ。
この会社の代表、勝勇さんは、かつて和商グループ・アングローバルを率いてきた業界きっての英国通で、マーガレット・ハウエル、ナイジェル・ケーボンを日本に導入した張本人だ。和商の蹉跌後、アングローバルは当時のサンエーインターナショナル傘下に移ったがブランドはハウエルのみが残った。その後ナイジェルの再上陸を願う中、アバハウスの真岸洋一社長と勝さんの間で、ライセンスを含めたビジネス展開の合意が得られ、その受け皿がアウターリミッツとなる。この会社にはアバハウスから、本当にナイジェル好きな、彼らしさを理解するスタッフが集められ、その熱意はそのままビジネス発展の原動力となった。同時にブレッド&バターやトラノイなど海外合同展への出展でグローバル展開するダイナミズムも社員のモチベーションアップに繋がっている。
笑顔の集合写真を見ると、更に力強く発展していく未来が想像できる。
繋がりの中で輝け、人間よ。


前列右側が勝氏、左から二人目がケーボン氏
 2015/05/11 16:45  この記事のURL  / 

Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ