« 前へ | Main | 次へ »
志を同じくする者たちと共に

11月2日に開かれた記者会見の際にトークセッションが行われた。左から「コトハヨコザワ」デザイナー・横澤琴葉さん、スプリング・オブ・ファッション代表・保坂忠伸さん、伊勢丹新宿本店バイヤー・寺澤真理さん、ローランド・ベルガー・プリンシパル・福田稔さん

11月初旬からスタートしたインターネットによるデザイナーブランド予約販売サイト「SOF DESIGNERS(ソフ・デザイナーズ)」というサービスがある。運営するのはスプリング・オブ・ファッションの代表で、若手起業家の保坂忠伸さん。彼とは、人材紹介サービス業の前職時代からの付き合いだが、今回のサービスローンチに当たっては少しだけ相談に乗ってきた経緯がある。それは、筆者が立ち上げた「SOLEIL TOKYO(ソレイユトーキョー)」という小さな合同展と理念の面で相通ずるところがあったからだ。
ソフ・デザイナーズは、小さなデザイナーのフレンズデーをまとめて、拡大したようなサービスで、まず手はじめに東京・渋谷で18年春夏の合同受注会「ソフ・ブランドエキシビション」を開催した。初回限定で20〜40%割引(ブランドにより異なる)となるファーストチケットを発行し、ファストファッションなどを購買する層に対して、ひと頑張りしてデザイナーズブランドに挑戦してもらおうという発想だ。参加デザイナーは、9ブランドで、「AUXTE.」「ELEMANE」「ELZA WINKLER」「evaloren」「e.m.a.」「HIDAKA」「kotohayokozawa」「ko haction」「Ventriloquist」。
さて、その根本にあるのは、近年の既存トレードショーにおける投資効果に対する厳しい見方だ。なかなかバイイングまで繋がらないなら、直接、消費者と繋がり、ファーストチケットでハードルを下げて、まずは袖を通して感動してもらう。デザイナーが直接話して、想いを伝え、購買体験をより高めたものにしようというものだ。
将来的には、得られたビッグデータを小売業に提供し、購入者をそのブランドを導入している店舗に送客するなど小売りとの連携も視野に入れている。
ソレイユトーキョーも、志は同じだ。国内外ともに既存のトレードショーが費用対効果の面で厳しくなっている中で、コストを抑えて出会いのチャンスを広げるという考え方で2015年にスタートした。次は2018年3月27〜29日にエビス303に会場をスケールアップして開催する。主催はJTBコミュニケーションデザインに移管されたが、新しい機軸の流通タイアップなど新企画を始動させている。ソフ・デザイナーズとのコラボレーションも近日発表予定だ。これからも志を同じくする人たちと共に、セレクトショップの活性化や小さなブランドの成長促進策を推し進めていきたい。


右は先日、杉野服飾大学のゼミで話をしてもらったのだが、スタートアップに至るまでの経歴や苦労話など学生には大変貴重な講演となった。


 2017/11/23 18:41  この記事のURL  / 

どこまでも続く技術の進歩についていける??


センサの分野では世界的にトップを走る日本だが、そのベンダーとしての地位にのみ甘んじていては危ないと、センサを取り巻く環境やどう活用していくかの「what to do」を高めていこうと新たな見本市が立ち上がる。名称は「SmartSensing(スマートセンシング)2017」 で、会期は2017年6月7〜9日、東京ビッグサイト東3ホールで開かれる。同じ時期に別のホールでは、「電子機器トータルソリューション展」も開催されるため、回遊が期待できる。
主催はJTBグループのJTBコミュニケーションデザイン。国際ナノテクノロジー総合展などを手掛けており、ファッション分野では、東京国際フォーラムで開かれているJBKS(ジャパン・ベストニット・セレクション)の運営なども行なっている。


ナノテクの受付

コンセプトは、「毎年1兆個のセンサを消費すると言われるトリリオンセンサ時代到来に向け、センシングがIoT社会のニーズを実現させるサービスプラットホームの展示会」としており、「国内の誇るべきものづくり技術を発信し、センシング社会のビジネスマッチングを後押しする」という。来場者数は1万人を予定している。
ファッション分野では、最近喧しいAI技術の応用が期待されるが、やはりメインは技術系の産業になる。とは言え、人々の暮らしを快適に豊かにという視点からは、あらゆるアンテナを張っておく必要があり、この展示会も何かヒントを得られるかもしれない。


NECネクサソリューションズのセミナー

さて今月28日には、NECネクサソリューションズ主催の「アパレルセミナー2016〜アパレル業界最新動向&デジタル活用」 と題したセミナーが東京、名古屋、大阪で開かれる。私事で恐縮だが、このセミナーの第二部「ファッション人工知能『SENSY』の活用術」でカラフルボード・渡辺祐樹CEOと対談させていただく。既に『WBS』や『日経新聞』でも数多く取り上げられ、知られるようになった同社のAI(人工知能)だが、それは単なるリコメンドや販売促進のツールとしての役割に留まらない無限の可能性を秘めている。その辺りの話を聞き出してみたいと思っている。詳細は下のリーフを参照いただきたい。ファッション業界の未来を明るくする話に繋がればと考えている。


 2016/10/15 15:48  この記事のURL  / 

AI利き酒師の次は、AIソムリエ


人工知能(AI)を搭載したファッションアプリ「SENSY(センシー)」については、このブログでも一度紹介したことがあるが、所謂、人間の五感を数値化して、アルゴリズムにより傾向を分析し導き出すという点では、ファッションに限らず、あらゆるライフスタイル分野に応用が効くだろう。例えば、デザイナーズマンションを好む人かどうかをAIが判断して、賃貸住宅検索サイト内で、最適な物件を表示するとか、その人のAIを成熟させることで、飲食店も含めた生活全般において「探す手間の短縮化」を実現できる。
そんな事をこのところ良く考えるのだが、8月24〜29日、伊勢丹新宿本店でITと絡めたいくつかの試みが催された。
1つは、センシーを使った「AI利き酒師」の取り組みだ。地下の日本酒売り場で用意されたタブレットにセンシーが組み込まれ、今回は30種類の日本酒がインプットされているという。出された3種類の日本酒を飲み比べながら、そのテイスト感と印象を入力する。



甘味や酸味、旨味や余韻などの項目があり、「感じない」から「強く感じる」までの5段階から選ぶ。その結果に基づいて「あなたの人工知能が生まれました」とレーダーチャートが表示され、更に「どんなアテと一緒に飲みたいか」を聞かれる。そしてAI利き酒師がお薦めする1本が提案されるという仕組みだ。

まずは世界一おいしい日本酒を決める「SAKE COMPETITION2016」でプレゼンターを務めた元『CanCam』モデルの梨衣名さんが試してみた。「酒好きの美人は、モテるだろうな」というのが印象。余計なお世話か?



同店の中本光昭食品・レストラン営業部計画担当マネージャーは、「30本の日本酒をスタッフで利き酒して、それぞれ感想を話し合ったが、まちまちだった事も分かった。またこの取り組みを通じてスタッフのモチベーションアップにも繋がった点が良かった」と話す。売り場には300本の日本酒が在庫してあり、このデータを網羅して本格導入の可能性もある。


伊勢丹本店の中本マネージャー


またセンシーを運営するカラフル・ボードの渡辺祐樹社長は「アプリを作り、より広く感想を集める事で精度が上がる」と期待感を滲ませた。
9月14日からはワイン売り場で好みに合うワインを提案するという。こちらの方は、個人的にもっと興味がある。是非とも行ってみたい。
他にも2階の解放区で、VRを活用してあたかも、そばに商品が並んでいるかのように見える疑似体験を楽しめるイベントが開かれていた。
どんどん身近になるITやAIの活用。オジサンも頑張って、ついて行かねばね!!



 2016/09/05 17:30  この記事のURL  / 

スタイリッシュなブレスレットが身体を把握してくれる



この1週間、筆者の右腕に特殊なブレスレットが装着されている。見た目には結構スタイリッシュなデザインで、シンプルなネイビーのため、日々の仕事に支障が出ることはない。
このブレスレット。なかなかやり手のマネージャーみたいな感じだ。万歩計のように歩数も数えてくれ、心拍数から食事のカロリー管理、睡眠の質まで把握してくれる。
何の事やらと思われている諸氏も多い事だろう。
種明かしすると、「JAWBONE(ジョウボーン)」から発売されているUPという健康管理のためのウェアラブルデバイスだ。このほど新色が出たのを機に、お披露目会が催された。私自身は丁度、パリ合同展取材の出張中だったため、訪ねることはできなかったが、こういったITを活用した機器の姿が日々刻々、デザイン面で向上してきている。このUPも世界的に著名なインダストリアルデザイナー、イヴ・ベアール氏によりデザインされている。アルマイト製フレームの採用により、小型化とスタイリッシュなデザインを実現し、エレガントな外観に仕上がっている。



さて今回発表された新色ラインナップは「UP3」シリーズで、左からRUBY CROSS (ルビークロス) 、SAND TWIST (サンドツイスト)、INDIGO TWIST (インディゴツイスト) 、TEAL CROSS (ティールクロス)、そして中国と日本限定色のBLACK GOLD (ブラックゴールド)。価格は28600円(税込)。



このUP3は新しいファームウェアアップデートで睡眠の自動制御が可能になり、モード切替えの煩わしさから解放され、安静時心拍と非活動心拍の両方の視点から心拍数を把握できるよう進化した。最上位モデルにふさわしい性能とデザインを兼ね備えたモデルだ。



またトラッカーには優しく振動するモーターが内蔵されており、自然な睡眠サイクルの中で起床に適切な時刻を知らせるよう設定できる。一定時間座り続けていると、席を立って動くことを促す設定も可能。カスタムリマインダーを使用すれば、就寝や運動、毎日の服薬の時間などを手首への振動で知らせてくれる。
身体情報は、Bluetooth Smart経由でスマートフォンとワイヤレス接続し、リアルタイムで進捗状況を確認でき、24時間身に着けられる生活防水設計となっている。


睡眠の質が分かるのが有り難い

アドバイスを受けられる点も有り難い。Smart Coach機能により、ユーザーの習慣を分析し、目標達成に向けて個人に合わせたアドバイスや分析結果を提供してくれる。
この機能は生活状況を記録するにつれ、睡眠、食事、活動を改善するための実用的なインサイト(洞察)や達成可能なチャレンジなど、それぞれのユーザーに合った情報を提供してくれる。例えば、「いつもより早く寝ると次の日の歩数が多くなる」という傾向があることが分かると、「今日の課題」に就寝時間を設定するようメッセージを表示したり、すっきり目覚められるようSmart Alarmの設定を提案したりと至れり尽くせりだ。これで、悪い習慣を断ち切り、生活習慣を改善し、より簡単に目標をクリアすることができるだろう。
あとは、酒と肴をどう抑えるかだ。こればかりは制御装置が効かないのが私の弱点だ。
 2015/10/25 20:00  この記事のURL  / 

利益ありきのベンチャーは、やがて滅びる


携帯アプリでお馴染みの「LINE」傘下にあるボンサイガレージが8月27日、ファッション・ライフスタイル分野におけるB2Bのオンライン卸「LINE Collection(ラインコレクション)」を本格始動させ、東京・渋谷ヒカリエにあるライン本社内にサンプルを見ることができるショールームスペースもオープンさせた。



詳細は、アパレルウェブの記事に譲るとして、その記者会見の中で「ブランド、小売双方から登録料などを取らず、内外価格差もない中で、利益は、どのように出していくのか」という質問に首藤社長は、こう答えた。「まだ、採算が取れるという状況ではないが、仕組みを作り世界の小さなクリエーターが活用できるプラットホームに育てられればと考えている」と。
経済紙は常に利益の事を聞きたがる。もちろん、それも大切なことだが、理念や社会に貢献する意味があってこそ、レゾンデートル(存在価値)が生まれ、その企業が必要とされながら、生き残っていくのだ。その点を忘れて、これだけ儲かるから投資価値があるとか、起業する意味があるなどというのは、本末転倒だ。
閑話休題。だからと言って問題を全く抱えていない訳ではない。
「365日いつでもオーダー」というが、シーズン物のコレクションを展開しているブランドには常にオーダーの締め切りがあり、3ヶ月で納品が可能なところは少数だ。ましてやオーダーがまとまるまでは、最初の頃にオーダーした小売りは、締め切りまでの期間、余計に待たされることにはならないか。また「バイヤーは海外の展示会場で商品を見ながら、決裁者は日本でラインコレクションを見ながら、相談してすぐ数入れできる」という夢のような話も出た。しかし多くのブランドは、展示会ギリギリにサンプルが上がってくる。それを撮影してラインコレクションにアップする時間的余裕は持ち合わせていないのでなかろうか。
参加ブランドとは、独占契約となる。そのことによるミニマムロットの問題も出てくるだろう。それをクリアできるだけのオーダーを確保できるかも初期段階での苦労が予想される。もちろんミニマムの小さなところからのスタートを心掛けていく事は容易に想像できる。ブランドにとっての日本市場開拓の戦略にも微妙な変化が加わることになる。海外展示会に日本のバイヤーが来場した際の反応、すなわち海外出張しなくても取引できてしまうブランドへの冷ややかな対応が待っているかも知れない。
価格については、現地小売価格と同じ価格に収まるようにFOBを調整してもらったり、粗利率を落として対応しているという。涙ぐましい努力だ。単純に計算しても、30%のディスカウントを貰わない限り、内外価格差をゼロに近づけることは不可能だ。この仕組みで果たして、いつまで続けることができるのだろうか。因みにラインコレクションからは、全て下代出しになるそうだ。
敢えて克服すべき課題を挙げてみたものの、そんな杞憂をすぐに思いついてしまうのが、既成概念に捕われた業界人の悪い癖だ。新しい商習慣や仕組みは、アイデアのある人たちの中から生まれてくる。ITとコンピューターを道具の一つとして、瞬時に世界とつながり、「慣れてしまえば、何ていう事も無かった」という時代が、すぐに到来するのだろう。タブレット端末を片手に、サクサクとオーダーをこなし、時間を作って街に出て、アートやカルチャーに触れることで、さらに感性を磨く。忙しいバイヤーや業界人にとっては有難いプラットホーム作りの第一歩となってほしいものだ。そして日本とは全く接点の持てなかった小さなクリエーターたちが、日本と接する、いや世界とつながるツールになってこそ、このサービスの価値が利益に転ずることになるのだろう。

 2015/09/01 21:12  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ