« 前へ | Main | 次へ »
レアル・マドリードのユニフォームがもらえる!!


この夏、ポルトガルからサンチアゴ・デ・コンポステーラ、すなわち、あの巡礼の道の最終地点として有名な街を目指して車を走らせた。壮大な大聖堂前の広場のあちらこちらで、この地を目指して自転車や徒歩で辿り着いた巡礼者たちが感慨とも歓喜ともつかぬ歓声を上げていた。ある団体は中南米からなのだろう。スペイン語で国歌を大合唱している。



夏の暑い日差しと喉の渇きに耐えかねて、地元のスーパーマーケットに入り、ミネラルウォーターを探す。いつも日本で飲んでいるレアル・マドリード公式ミネラルウォーター「ソラン・デ・カブラス」のブルーボトルが目に飛び込んできた。だが、それはいつも飲み慣れたというか見慣れたものとは大きく異なっていた。サイズ。そう1.5リットルのペットボトルだったのだ。しかし、いつもの330、500ミリリットルのスタイリッシュなデザインはそのままに、やや縦伸びしたビッグボトルだった。小さなボトル同様にラベルが大きく貼られることもなく、ネック周りに小さくあるだけだ。全面深いブルーの大人っぽさも好きなのだが、実は日本人の口に合う癖のない口当たりの軟水なのも気に入っている大きな要素だ。



さて、このソラン・デ・カブラスを日本で輸入販売するスリーボンド貿易が8月31日まで、キャンペーン「ソランを飲んでレアルを応援しよう」フォトコンテストを開催している。このキャンペーンは、対象商品(300か500ミリリットル・ペットボトル)を被写体に撮影した写真をInstagramやTwitterに「#ソランを飲んでレアルを応援しよう」を付けて投稿してもらい、その中から優秀作品として選ばれた50人にレアル・マドリードのレプリカユニフォーム(選手名・背番号入り)をプレゼントするというもの。詳細はURL http://solandecabras.jp/campaign2017 で確認してほしい。Instagram、Twitterアカウントは「@solandecabrascp」。受付は 8月31日(木) 23:59まで。



私の投稿はもちろん、「サンチアゴ・デ・コンポステーラの思い出に浸る」がテーマなのだ。あ〜暑かった〜。この後、公園前のカフェで巨大なパフェ食べちまった(-_-メ)
 2017/08/03 23:50  この記事のURL  / 

プレミアム牡蠣、食して震災復興


新橋を中心に33店舗の居酒屋を展開するジェイ・ダブリュウ・エイはこのほど、宮城県と宮城県漁業協同組合・宮城県酒造協同組合の協力のもと、3月31日までの期間限定で、牡蠣料理店「MIYAGIオイスターダイニング」を新橋の「プラチナフィッシュEX」にオープンした。
東日本大震災以降、牡蠣の生産基盤は順調に回復しているとはいえ生産量は、4000トンから1700トンへと減少。風評被害などもあり、販路開拓の面では苦戦を強いられているという。同時に深刻な問題として牡蠣を剥いて取り出す作業員の「剥き子(むきこ)」が減少している点が挙げられた。主に浜の主婦たちの生業だったのだが、住宅の高台移転で就業者数が減ってしまったことに起因しているそうだ。こうした中で現在、剥き子を必要としない殻付き牡蠣の出荷振興を進めている。
今回の試みは、沿岸部のリアス式海岸により、海と山の豊富な栄養素が含まれたプレミアムな牡蠣を食べられる情報発信拠点として組合と県の協力体制のもと、取り組まれることになった。



11月30日に開かれたオープニングイベントでは、元ムエタイ世界チャンピオンの横瀬いつかさんがMCを務め、「唐桑もまれ牡蠣」「志津川湾牡蠣」「長面浦牡蠣」「万石浦牡蠣」「鮮かき鳴瀬」のプレミアム牡蠣が「ほや」や「平目のカルパッチョ」など宮城県の新鮮素材や郷土料理とともに供された。特に興味を引いたのは、牡蠣を宮城県産のウイスキー「ニッカウヰスキー・伊達」に付けて食べる意外な食し方だ。ウイスキー独特の苦みとアロマが牡蠣の風味と相まって、何とも言えない絶妙な味わいだった。



本イベントでは、期間中5万個を販売目標に掲げ、宮城県産のプレミアム牡蠣を広く普及していく考えだ。
生牡蠣3種で1500円、1個540円。この他、牡蠣グラタン(650円)、アヒージョ(900円)などオイスターメニューのほか、刺身の盛り合わせ、金華さば一夜干し、ムール貝のバケツ盛り、蔵王チーズ盛り合わせなどの宮城食材も楽しめる。
店に足を運ぶことも震災復興支援のひとつ。是非、ふくよかで芳醇な味のプレミアム牡蠣を試していただきたい。
 2016/12/05 20:08  この記事のURL  / 

ボルドーの真髄はグランヴァンではない


ボルドー新世代代表×日本のワイン界のキーパーソンが語る「ボルドーワインの近未来像」と題したパネルディスカッションが、2016年9月12日に渋谷で開かれた。パネラーにはボルドーから研究、生産、販売の3分野の若手、シャトー・ラフォン=ロシェのアナイス・マイエ氏とヴィノーブル・シオザール輸出営業担当ダビッド・シオザール氏、コンサルタントのアクセル・マルシャル氏が、日本からは若手生産者の中央醸造酒・栽培醸造責任者の三澤彩奈氏と日本人初のMW(マスター・オブ・ワイン)山仁酒店・代表取締役の大橋健一氏が登壇。モデレーターにワインジャーナリストの山本昭彦氏を迎え、4つのテーマを軸に試飲を交えながら討論が進められた。



特に注目されたのが、ビオやエコロジー、サスティナブルに対するボルドーの取り組みだ。その中でも印象に残った発言が「ボルドーの真髄はグランヴァンではない」。すなわち、中小企業協同化の活動が活発で、その表れがボルドーワイン委員会の様々な啓蒙活動やボルドー大学の卓越した研究成果、そして、つい最近オープンしたワインミュージアム「ラ・シデ・デュ・ヴァン」と言える。
水や電力などのエネルギー消費削減のための集団的取り組みを進めており、その中から生まれたアイディアで「電力消費削減のため、ラフォン・ロシェでは、昨年工事を行い、醗酵室に自然光を取りいれるようになった」「除草剤を使わないことが、加速化して広まっている」とした。大橋氏からは、「ボルドーのシャトーオーナーに投資家が多いので、いつ成果が出るのか分からないことへの投資の決断は難しい。それにもかかわらず、ビオロジックやビオディナミ、統合的な栽培、減農薬農法など環境に関する何らかの認証を受けているぶどう畑が45%とフランスの全国平均を上回っていることを評価しなければならない」とした。また三澤氏は「ボルドーは、エコロジーとテクノロジーを組み合わせている。減農薬やビオロジックなど、一人でやっていくのは難しいが産地全体で取り組む強さがある」と評した。マイエ氏も「これまでは自分のワイナリーだけで行うことが多かったが、環境面については協力が必要。それ以外の面でも集団的取組みが必要であろう」とした。
いずれにしても、中小企業の協同化によって世界に向けた発信力とサスティナビリティーを持ち合わせているボルドー。我が国のファッション業界も中小企業の集まりだ。学ぶべき点はあるのかもしれない。

後編は「単なるボルドーの宣伝ではなかったラ・シテ・デュ・ヴァン」に続く


 2016/09/20 16:30  この記事のURL  / 

ピンクボトルでピンクリボンを支援 ソラン・デ・カブラス


最近、ファッションイベントやブランドのローンチパーティー、ショップオープニングなどで良く見かけるブルーのすっきりとしたデザインボトルのミネラルウォーターがある。その名は「SOLAN DE CABRAS(ソラン・デ・カブラス)」。見たことがある人も多いだろう。スペイン・マドリードを拠点とするサッカーチーム、あのクリスチアーノ・ロナウドが居る「レアル・マドリード」の公式ミネラルウォーターとしても知られている。ロナウドはポルトガル人だが・・・。閑話休題



国内発売元のスリーボンド貿易は、2016年10月1日から乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える「ピンクリボン運動」を支援するピンク色の限定ボトルを全国の輸入生活雑貨店「PLAZA」で先行販売を始める。また11月1日より全国の小売店およびオンラインショップにて販売が始まる予定だ。
ソラン・デ・カブラスは、乳がん患者やその家族、そしてすべての女性に健康的でポジティブに過ごしてほしいという思いで、2014年から本国スペインでピンクリボン運動への支援をスタートしている。日本においても本国のその思いを受け継ぎ、今年からピンクリボン運動の支援を本格的にスタートすることになった。
ボトルの形状とデザインはそのままに、アイコニックな青い色のボトルを特別にピンク色に変え、メタリック箔のネックラベル部分にはシルバーのラインが施され、温かみや優しさが感じられるとともに、スタイリッシュなイメージのボトルに仕上げられている。
売上げの一部は、ピンクリボン関連団体に寄付され、ピンクリボン運動に役立てられる。また、ピンクリボン関連の各イベントでも配布予定だ。
同社は「これからもピンク色の限定ボトルを通じて、乳がんの啓発・支援を行なうピンクリボン運動に取り組んでいく」としている。
ソラン・デ・カブラスは、スペインのベテタ(クエンカ)にある源泉から採水された純粋で口当たりがやわらかなナチュラルミネラルウォーターで、地表に降った雨水が、遥か400年の時を経て、限りなくピュアな水となって泉に湧き上がっている。2000年以上前のローマ時代からこの水の治癒力を求め、多くの王族が訪れたと伝えられている由緒正しい名水のひとつだ。
この機会に、ピンクリボンへの支援も含め、ピンクのボトルで美味しい水を楽しんでほしい。



 2016/09/18 11:51  この記事のURL  / 

やっぱり泡よね、と宣う女子を連れ出すには? スパークリングガーデンがヴィーナスフォートにオープン



私の周りの女子には、ビールというより「やっぱり泡よね」というセリフを口にする人が多い。その中でも最高位にランクするのは、もちろんシャンパンなのだが、これはフランス・シャンパーニュ地方で決められた製法で作られたスパークリングワインにのみ許される呼称だが、それ以外の地方で作られるシャンパン製法のものは「クレマン」と呼ばれる。そしてスパークリングワインは、総称して「Vin Mousseux(泡ワイン)」と言われる。ここから「泡よね」の気取ったような、そうでもないような呼び方が付いたのかもしれない。



さてビアガーデンの季節になったが、そんな大人女子の喜びそうなスパークリングワインを数多くそろえたガーデン「CROSS TOKYO PRESENTS,SPARKLING GARDEN(クロス・トーキョー・プレゼンツ・スパークリングガーデン) 2016」が9月4日までの期間限定で東京・お台場の「VenusFort(ヴィーナスフォート)」1階エントランス前にオープンした。世界11カ国100種類のスパークリングワインが揃い、生ビール、ハイボール、泡カクテルなども充実している。また六本木の「CROSS TOKYO(クロストーキョー)」がオーガナイズする料理は、フレンチをベースにしたスペシャルメニューで大人の贅沢なひと時に十分耐えられるメニューだ。それもその筈、フランスで研鑽を積んだ総料理長、増山明弘氏が監修しているからだ。
グラスのスパークリングワインは500円、800円、1000円。生ビール、パナシェ、カシスビア、シャンディーガフなどのビアカクテル、ハイボール各種、ワインはそれぞれ500円だ。料理はブイヤベースカレー700円、ポム・フリット・トリュフ風味400円、スパイシー揚げ手羽400円、チキン・から揚げ・塩麹マリネ・レモン添え500円、フランクフルト・オリジナルケチャップ300円、ローストビーフ・デミグラスソース1400円、豚のコンフィ・ローズマリー風味・粒マスタード添え1200円など。トロピカル&バジル、苺&練乳、オランジェ&カルピスなどのかき氷は各500円。
営業時間は12:00〜22:00 (L.O.21:30)、また雨天の場合中止の可能性も有るので要確認だ。



 2016/07/24 10:51  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ