« 前へ | Main | 次へ »
モーリシャスから浅草まで


パリファッションウイーク出張中に長年フランス関係でお世話になっているPR会社の方から講演の依頼メールが届いた。金曜日に帰国し、週末に英文のPPTデータを作り、月曜日午前中にモーリシャス共和国から来るアパレルミッションの為に「日本のファッションマーケットと参入する際のアドバイス」というような講演を行った。
90年代後半には良く欧州各地でこの種の講演を行ったものだが、既にその頃のデータは古過ぎて使い物にならない。この2〜3年でもフランス大使館やスペイン・カタルーニャ州政府ミッション向けに講演したが、それもちと古い。結局最新データを集めて作り直さねばならないのだ。
さて、そもそもモーリシャスがどの辺りにあるのか曖昧だったので改めて確認してみると、マダガスカル島の東側。英語も話すがフランス語もいけるようだ。ということで、挨拶はフランス語で!
確か子供服の「ボンポワン」を立ち上げたコーエン夫妻が、ブランド売却後にライフスタイルコンセプトショップ「メルシー」を立ち上げ、売上げの一部を寄付していたのが、マダガスカルの女性と子供達だったと思い出した。ボンポワンの一部はマダガスカル製だったから、恩返しのようなものだった。同じくモーリシャスにも繊維縫製業があるのだと納得。どうやら紡績、機屋から縫製まで揃っているらしい。企業数は174社、従業員数4万5000人、輸出額9億3300万ドルの規模を持ち、グローバルSPAの生産地として発達してきた。講演中でも彼らは積極的に質問してくる。複雑な流通チャネルの中で、「どこにアプローチすべきか」「これから会う日本企業は、どのポジションなのか」など、実に現実的かつ具体的な質問が多かった。
そして、東コレを挟んで昨日、今度は浅草ものづくり工房で、「国内外の市場動向と海外販路開拓を含めた展示会情勢」について、皮革関連企業を対象に講演を行った。こちらは、やはり日本人だから実にポライト!全体の話が終わった後に、続々と質問が出て議論が行われ、2時間にも及ぶ充実した中身になった。
どちらも結果的には、質疑応答が存分にあり、濃い内容になったが、やはりその場その場で疑問を解決していった方が、より深く高い到達点へと届く気がする。少人数であれば、そんな進め方の講座にしていくようにしようと思った次第だ。

 2017/03/28 21:21  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ