« 前へ | Main | 次へ »
三越伊勢丹のネットワーク力によるアトレ品川のリニューアル


2016年11月15日、アトレ品川の3階フロアがリニューアルオープンした。テナントは「FOOD & TIME ISETAN(フード・アンド・タイム・伊勢丹)」。アトレに伊勢丹?。そう、最近はよくある話だが、サテライト店舗の開発を活発化する三越伊勢丹グループの戦略のひとつだ。運営するのは食品子会社の三越伊勢丹フードサービスで、品川駅周辺の高感度な顧客層に向けた「発信型ライフスタイルストア」を目指したという。
全体を「作る(青果・畜産・水産)」「嗜む(リカー・ワイン・菓子・惣菜)」「食べる(フードコート&デリ)」「過ごす(カフェ・雑貨・書籍)」の4つのコーナーで構成した。



スーパーマーケットの「クイーンズ伊勢丹」エリア以外に同社自前の店舗もフードコートに3つ出した。スーパーの食材を利用した専門店でサラダバーの「FARMER’S GREEN(ファーマーズグリーン)」、デリカテッセンの「DELI CHEF’s SELEQ(デリ・シェフズセレク)」、カリフォルニアロールなどの創作寿司も味わえる寿司「SUSHI & ROLLS UOSEI(スシ&ロール・ウオセイ)」。
またこの他のテナントとしてアメリカのクラフトビール・バー「Antenna America(アンテナアメリカ)」や軽井沢の老舗ベーカリー「BOULANGERIE ASANOYA(ブランジェアサノヤ)」と浅野屋が初めて手掛けるバーガーショップ「Gri & Pain(グリ・パン)」も登場した。



国内3店舗目となるオーストラリア発のメキシカンファストフード店「Guzman y Gomez(グズマン・イー・ゴメス)」も入居した。
過ごすのコーナーには、国内6号店となる「ブルーボトルコーヒー」が書籍やコスメ、雑貨などの隣にできた。



さて、詳しい内容は他の媒体に譲るとして、やはり注目点はアトレが自らのリーシングではなく、三越伊勢丹の力を借りた、もしくは利用したという点だ。三越伊勢丹グループの持つ商品調達力とMD力については、「イセタンサローネ」や「イセタンミラー」といった切り口毎によるサテライト出店で、百貨店業態の枠を超えて進化する企業としての姿勢が他の百貨店の追随を許さない独走状態に見える。
一方、アトレが駅ビルという最高の立地にありながら、独自のリーシング力を発揮できていない様子が見え隠れしてしまうのは、素人でも分かる。恵比寿西館の開発では、一定の成果を見せてくれたのだが、品川では同じようにはいかなかったのだろうか。その点が気になるところだ。
今回のプロジェクトを見ると、柴田陽子さんによるプロデュース、谷尻誠さんによる内装、そして中村貞裕さん率いるトランジットのグズマンと話題のブルーボトルコーヒーの導入という、ある意味、「安定の勝ちパターン」だったわけで、面白味の有無は別にしても、こうしたネットワークの強みを持っているかどうかも三越伊勢丹の強みなのだと思わせられたリニューアルだった。


 2016/11/20 16:34  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ