« 前へ | Main | 次へ »
スタイリングとモデルのオーラで「カリーヌ・ロワトフェルド×ユニクロ」が一気にモードに


ユニクロは、カリスマファッションエディター、カリーヌ・ロワトフェルドとのコラボ第3 弾「2016 Fall / Winter CARINE ROITFELD Collection」を11 月11 日から発売する。4 日にはユニクロのプレスルームでファッションショーを開いた。
今シーズンは、カリーヌ・ロワトフェルド自身のスタイルでもある「マスキュリンとフェミニンのコントラスト」が効いたコレクションを展開し、ショーではユニクロのデザインディレクター滝沢直己がスタイリングを手掛け、24ルックをスタイリッシュかつエレガントに演出した。
プレスやインフルエンサーなどの招待客からは、特にレオパード柄のイミテーションファーのブルゾンに、ボウタイ付のカシュクールブラウスとストレートパンツを合わせたルックやツイードのライダースジャケットなどに「可愛い」との声が上がっていた。
ファーブルゾンのトリミング具合が絶妙でオリジナリティーを感じさせるデザインだ。
またバッグも全てカリーヌの新コレクションからセレクトし、先端の流行を生み出し発信してきた彼女の新しい女性像を表現。ラストには12 人全てのモデルが登場し、フィナーレを飾った。



モデルが着こなすと見事にモードな雰囲気がグッと盛り上がるのは、「やはり流石プロ」と思わざるを得ない。と思うのは筆者だけだろうか??



さて、カリーヌ・ロワトフェルドは、フランス版『VOGUE』の元編集長で、現在は雑誌『CR Fashion Book』の編集長を務めているカリスマファッションエディター。カール・ラガーフェルドやトム・フォードなど様々な著名なデザイナーがミューズと賞賛するファッションアイコンとしても有名だ。
同コレクションは下記ユニクロ12店舗と公式オンラインストアで発売される。
ユニクロ銀座店、UNIQLO OSAKA、ビックロ・ユニクロ新宿東口店、ユニクロ吉祥寺店、
以下同プランタン銀座店、心斎橋店、池袋東武店、渋谷道玄坂店、世田谷千歳台店、五反田TOC店、ラゾーナ川崎店、札幌エスタ店

 2016/11/08 20:50  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ