« 前へ | Main | 次へ »
単なるボルドーの宣伝ではなかったラ・シテ・デュ・ヴァン


2016年5月31日に開会式が行われ、6月1日の正式オープン後は順調に訪問客数を増やす「La Cite du Vin(ラ・シテ・デュ・ヴァン)」。
この夏、南フランスから北スペインをドライブする最中、立ち寄ってみた。延べ床面積13,350平方メートルを誇る施設の中には、ボルドーだけでなく世界中のワインを紹介する博物館、ライブラリー、ワインショップ、レストランなどが並ぶ。ワークショップ・スペースもあり、知識レベル別に受講できる単発講座のほか、ラベルやコルクをテーマとした子供向けイベントも行われている。



特に目を引いたのは、徹底的にワインと歴史を学ぶことを重視していると感じた点だ。
日本語を含めた8カ国語に対応するイヤホン付きの「トラベル・コンパニオン」というiPhoneのような端末を入場口で受け取る。各所にポイントされたマークにトラベル・コンパニオンを当てるとオーディオ解説が視聴できるという仕組みだ。このオーディオ解説は全て繋ぎ合わせるとおよそ10時間分だそうで、とても1日ではすべてを堪能することはできない。(^-^;動画もトラベル・コンパニオンで触れてスタートさせ、映像上に流れる言語はきちん日本語になっている。賢い!!
世界の生産者が登場して解説してくれるコーナーには、スペイン、ドイツ、イタリア、米国、ニュージーランド、アルゼンチン、オーストラリア、ジョージア(旧グルジア)などフランス以外の紹介も沢山されている。



実体験として楽しめるのが嗅覚を刺激する装置。古本、クッキー、皮手袋などワインの香り表現に登場する様々な物質を嗅ぐ装置で、手前にあるポンプを握ってワンプッシュすると、ホーン状の先端から香りが漂ってくる。正直、嗅ぎたくない香りというか臭いもあり、まあ御愛嬌かな?



こちらは、何か聞きたいことがあるとバーチャルリアリティー(VR)でその筋の専門家が登場し、マンツーマンで答えてくれる。例えば、「安くて美味しいワインは、どこで買えるの?」などの質問に対して、結構リアルに答えてくれるのだ。例えば大手スーパーをお勧めされたりもする。
1階のワインショップには90か国・800種が揃い、棚の合間に設置されたノートパッド上で簡単に銘柄検索ができる。日本のワインもあるそうだ。もちろん興味ないので、「Chateau Le Puy」を大人買い!(^^)!


 2016/09/22 15:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ