« 前へ | Main
志を同じくする者たちと共に

11月2日に開かれた記者会見の際にトークセッションが行われた。左から「コトハヨコザワ」デザイナー・横澤琴葉さん、スプリング・オブ・ファッション代表・保坂忠伸さん、伊勢丹新宿本店バイヤー・寺澤真理さん、ローランド・ベルガー・プリンシパル・福田稔さん

11月初旬からスタートしたインターネットによるデザイナーブランド予約販売サイト「SOF DESIGNERS(ソフ・デザイナーズ)」というサービスがある。運営するのはスプリング・オブ・ファッションの代表で、若手起業家の保坂忠伸さん。彼とは、人材紹介サービス業の前職時代からの付き合いだが、今回のサービスローンチに当たっては少しだけ相談に乗ってきた経緯がある。それは、筆者が立ち上げた「SOLEIL TOKYO(ソレイユトーキョー)」という小さな合同展と理念の面で相通ずるところがあったからだ。
ソフ・デザイナーズは、小さなデザイナーのフレンズデーをまとめて、拡大したようなサービスで、まず手はじめに東京・渋谷で18年春夏の合同受注会「ソフ・ブランドエキシビション」を開催した。初回限定で20〜40%割引(ブランドにより異なる)となるファーストチケットを発行し、ファストファッションなどを購買する層に対して、ひと頑張りしてデザイナーズブランドに挑戦してもらおうという発想だ。参加デザイナーは、9ブランドで、「AUXTE.」「ELEMANE」「ELZA WINKLER」「evaloren」「e.m.a.」「HIDAKA」「kotohayokozawa」「ko haction」「Ventriloquist」。
さて、その根本にあるのは、近年の既存トレードショーにおける投資効果に対する厳しい見方だ。なかなかバイイングまで繋がらないなら、直接、消費者と繋がり、ファーストチケットでハードルを下げて、まずは袖を通して感動してもらう。デザイナーが直接話して、想いを伝え、購買体験をより高めたものにしようというものだ。
将来的には、得られたビッグデータを小売業に提供し、購入者をそのブランドを導入している店舗に送客するなど小売りとの連携も視野に入れている。
ソレイユトーキョーも、志は同じだ。国内外ともに既存のトレードショーが費用対効果の面で厳しくなっている中で、コストを抑えて出会いのチャンスを広げるという考え方で2015年にスタートした。次は2018年3月27〜29日にエビス303に会場をスケールアップして開催する。主催はJTBコミュニケーションデザインに移管されたが、新しい機軸の流通タイアップなど新企画を始動させている。ソフ・デザイナーズとのコラボレーションも近日発表予定だ。これからも志を同じくする人たちと共に、セレクトショップの活性化や小さなブランドの成長促進策を推し進めていきたい。


右は先日、杉野服飾大学のゼミで話をしてもらったのだが、スタートアップに至るまでの経歴や苦労話など学生には大変貴重な講演となった。


 2017/11/23 18:41  この記事のURL  / 


« 前へ | Main
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ