« 前へ | Main | 次へ »
ビューティフルピープルからプレインピープルまでの縁(えにし)の話

東京のプレスデー/パリでのプレゼンテーション

「アマゾンファッションウイーク東京」の期間中、ショーの合間を縫って展示会も見て回る。とある昼下がり、空き時間を利用して、「ビューティフルピープル」プレスデーに出かけた。パリのプレゼンテーションは、クチュールブランドなどもショーを行うヴァンドーム広場に面したホテルエヴルー。モデルに対してスタッフが複雑なコーディネートを着付けていくというパフォーマンスも披露された。トレンチとドレスが一体化したかのようなアイテムや左右ジップで組み合わせるドレスなど、その複雑さ故、本番では嘸かし苦労したのではと思い、スタッフの方に尋ねたら「最初は大変で慌てましたが、2〜3回目には慣れてきてスムーズにできました」と微笑んだ。「慣れれば1人でも着られます。朝の忙しい時は大変かもしれませんが」としっかり笑いも取られていた。



その後ビューティフルピープルからほど近いフローリスト「スプーンビル」で開かれている写真展「Messages.U」に立ち寄った。会期中のショー会場で会ったPR女史から勧められたのだが、写真家・ 角田みどりさんのプロフィールには、2002年に宮原夢画氏に師事したと書かれている。99年2月の『senken h(アッシュ)』創刊号やその後複数回に渡って宮原さんにシャッターを押していただいていたので、きっとすれ違っていたのかもしれないと縁(えにし)を感じ、会ってみたくなった。そして、ついでだからと現在携わっている『ファッション力』の展覧会コーナーの情報提供をお願いしようとスタッフの方に尋ねると、企画を担当している方が今丁度打ち合わせに来ているので紹介するとの事。グッドタイミング!
向かうと、そこにはコンサル先企業に以前居た方が現れ、ビックリ。「ファッション以外のところでお会いするとは!」とこれまた何かの縁か?

帰り道の骨董通りで、「犬も歩けば棒に当たるだな」などと納得していると、「プレインピープル」の店が目に留まった。そういえば先日このコーナーで書いた「スズサン」がポップアップをやっていたなと思い出し、店内へ。ポップアップは既に終わっていたが、買取商品がまだ少し残っていた。そしてレジカウンターの背後に「PAIX」の文字が。そう、あのパリ同時多発テロ事件の直後、丸の内仲通りのプレインピープルのVMDを取り上げた事があったのだが、まだ複数言語で「平和」と書かれたA4の紙を置き続けているという。あれから2年が経とうとしているが、未だに続けているという点で、このブランドのストアロイヤリティー向上の確かさを感じた。とても安くて簡単な手法だが、簡単には続けられない事だから、なお一層感銘を受けた。店頭スタッフと、そんな話をして盛り上がり、ほっこりとした気分で、次のショー会場へと向かった。その足取りは幾分か軽かったかもしれない。人(ピープル)から人(ピープル)へと縁(えにし)は繋がっていく。ダジャレですんません(^-^;
 2017/10/29 11:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ