« 前へ | Main | 次へ »
振り幅広げる東京コレクション/AFWT

ハレ/グローバルワーク/ユナイテッドトウキョウ(AFWT2018SSサイトより)/バナナチップス

「アマゾンファッションウイーク東京(AFWT)2018SS」が終わった。デザイナーズコレクションとしての東京コレクションから性格付けを大きく変化させてきたことにより、ある種、ファッションのお祭りのような位置付けになってきたようだ。デザイナーの表現の場だけでなく、リアルショップブランド、子供服、海外国招致、海外進出組のPRなど、その利用価値は多様化しているといえる。そんな視点から今回のAFWTを見てみた。

アダストリアは今季、「ハレ」に加えて「グローバルワーク」も参加させた。更にトウキョウベースの「ユナイテッドトウキョウ」も加わって、リアルショップブランドが増えた。
子供服分野からの参加もあった。「ロニィ」などモデル・ストリートダンス系ブランドも別会社で運営するカンテサンスから「バナナチップス」が参加した。私の記憶にある限り、正式に東京コレクションに参加した子供服は初めてなのではなかろうか?
海外からの参加も喧しい。従来から企画されてきた「アジアンファッション・ミーツ・トーキョー」の括りでタイ、フィリピン、そして「ファッション香港」もジョイントショーを開いたが、更に「バンクーバーファッションウイーク」のオーガナイズで2本のジョイントショーも行われ、9ブランドがランウェイショーを飾った。


タイ/フィリピン/香港/バンクーバー

そして最も注目を浴びたのが「アットトーキョー」の企画だ。「トーガ」「サカイ/アンダーカバー」は、それぞれロンドン、パリコレクションに参加しており、東京でやる必然性は無いのだが、アマゾンという巨大なECプラットフォームの説得力もあったのか、画期的な試みとなった。もっともそれぞれ海外コレクションに参加している立場から「東京コレクションに参加したのではない」との話もあるらしい。やる側の立場は様々だが、盛り上がりに欠けると言われていた東京コレクションが俄かに活気付いたようにも思える。こうした形であれば海外コレクション組も参加する意味を感じるというなら、一層の事、「コムデギャルソン」「イッセイミヤケ」「ヨウジヤマモト」を招致してもらいたいものだ。無理か?(^^;)

但し気掛かりなのは、「ディスカバード」「ドレスドアンドレスド」「ミキオサカベ」など以外、中核を成してきたブランドの存在が無くなった。「ファセッタズム」「ビューティフルピープル」などは海外へと軸足を移し、「ヤストシエズミ」は時期を早めて8月にランウェイショーを行った。それはそれで良い事なのだが、次がなかなか見えてこない。

もちろん「アキコアオキ」「リョウタムラカミ」「ケイスケヨシダ」「ティボー」「ミューラル」「ヨウヘイオオノ」といった若手世代の成長も著しいが、商売ベースで安定感のある中堅が欲しいものだ。ランウェイをやるにはカネがかかる。それを踏まえても投資対効果が望めるなら、挑戦してほしい。もちろん、展示会ベースで着実に伸ばしているブランドもあるし、その方が向いているブランドもある。派手さは無いが、触ってじっくり見てもらった方が良いブランドもある。一方で分かりやすく、キャッチーなブランドなら一気にブレイクできるプラットフォームがランウェイなのかもしれない。

そんな事を思いながら、相変わらず「先生、ガールズコレクションなら知ってま〜す!」などとファッション系学生に言われて、「まだまだ拡散が足りんな」と気を引き締めるのであった。


上段・アキコアオキ/リョウタムラカミ/ケイスケヨシダ
下段・ティボー/ミューラル/ヨウヘイオオノ
 2017/10/22 16:19  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ