« 前へ | Main | 次へ »
明日から東コレですが、衆院選とファッション業界の行く末は?

総務省のホームページより

明日から「アマゾンファッションウイーク東京」がスタートする。連日、ヒカリエと表参道ヒルズを中心に朝から晩まで駆け抜ける日々が続く。生憎の雨模様のようで少し気も重いが、若手のデビューショーもあり、また合同展や個展も来週にかけて続々と開かれるので、老体に鞭打って回ることにしよう。

さてそんな中、衆議院選挙も真っ盛りだ。東京コレクション終了後の日曜日、10月22日が投票日となる。たとえ疲れていたとしても選挙には行かねばと、こちらも固く決意を持っていこう。
「やれ3極だ。いや実際は2極だ」と様々な意見が飛び交うが、果たしてファッション業界にとって有用な政策は何なのだろう。トリクルダウンを謳って早何年? 一向にその気配も無く、アベノミクスにかなり懐疑的にならざるを得ない。金融政策頼みばかりで、円安に誘導されても、個人消費が回復しなければ、市場の価格指向は減らないから、アジアからの製品輸入が主な入超産業の我が業界は、輸入価格の上昇と小売価格の下押し圧力の狭間で、苦しむところとなっている。もちろん輸出にとって円安は歓迎すべきことだが、ファッション業界では、まだ緒についたばかりだから、その恩恵は少ない。個人消費を回復させるには、将来不安の解消や国民の懐を温める政策が必須と言える。広く薄く取る消費税増税の是非も問われる。

憲法改正もファッションと決して無縁ではない。多くの国々で戦乱が続くが、そこにファッションを楽しむ余裕はあるだろうか。一日一日を生き延びるので精一杯の彼らに、そんな余裕はない。平和であってこそ成り立つのがファッション産業。この国は悲惨な戦争体験から立ち上がってきた唯一の被爆国。武器や失敗した原発技術を輸出する事が、世界を平和にすることになるのだろうか。北朝鮮問題をネタに本当は別の意図を狙っていないだろうかと今一度、立ち止まって日本国憲法の平和に対する理念が世界に果たしてきた役割を考えてみても良いと思う。

最後にひと言。「しっかりと」「愚直に」「丁寧に」など個人の主観によって如何ようにも解釈できる曖昧な言葉で語られるのは困る。「しっかり丁寧にやりました」「いやいや全然足りていませんよ」という何の結論も得られない無駄な議論になってしまう。政治家には「コレコレをやります」「これには賛成もしくは反対です」と明快な政策を述べてもらいたいとつくづくテレビ討論を見ていて思った次第だ。では皆さん、次の日曜日には選挙に行きましょう。

 2017/10/15 13:20  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ