« 前へ | Main | 次へ »
この夏のバカンスは、何処へ3


さてさて第3話は、スペイン・バスクをあとにしてフランスへ。
大西洋岸を北上してサーフィンのメッカ、ビアリッツの街へ。「L’EGOIST(レゴイスト)」のショップを取材し、ランチはムールとトゥルトー(蟹)を堪能。海沿いの旅では、欠かせない。



ここまで来たら、やはりワインの取材も欠かせない。「Chateau Fleur de Roques(シャトー・フルール・ド・ロック)」は、サンテミリオンの近く、Puisseguin(ピュイスガン)の宿泊可能なシャトーだ。庭先のテラスでモンターニュ・サンテミリオンの同名ワインとともにフォアグラと鴨のマグレを食す。




PETRVS(ペトリュス)のシャトー前でパチリ。なんとミーハーな(^-^;
以前、ホテルオークラの鉄板焼きで、Jグループ会長自らのワインをお持ちいただき会食した時が、最初で最後のペトリュスでした。



そして本命のボルドー「La Cite du Vin(ラ・シテ・デュ・ヴァン)」を訪ねた後、再び大西洋へと向かった。
映画『冒険者たち』のFort Boyard(フォール・ボヤール)を横目に見ながら、牡蠣。



少し北上してChatelaillon=Plage(シャトレイン・プラージュ)のオーベルジュ「L’Acadie(ラカディ)」へ。コート・ド・プロバンスのロゼに合わせる前菜には帆立のソテーサンドにフルイ・ド・メール、メインにはコート・ド・ブールの赤にフォーフィレのグリルをチョイス。夕景に染まる宿の美しい写真が撮れた。目の前はもちろん浜辺だ。





そこからは内陸に車を走らせ、サントル・ロワールの田舎町、Salblis(サルブリ)のオーベルジュ「LE PARC SOLOGNE(ル・パルク・ソローニュ)」へ。ワインはValencayのロゼにスモークサーモンのメダイヨンとエクルビス(ザリガニ)のサラダ、帆立と野菜のクリームソテーで海鮮さっぱり系。そう、だんだん胃が重くなってきていた。(^-^;




翌日パリへ向かう高速から少し外れて、Barmainville(バルメンビル)の村外れのちょっとしたレストラン「La Panetiere(ラ・パネティエール)」へ。住んでいた頃にはよく、village d’etape(立ち寄り村)の看板に誘われて高速を降り、ちょっとした可愛らしい村を偶然見つける楽しみがあったが、そんな感覚で見つけたレストランだった。



料理は意外にも前菜にマグロのカルパッチョがあり、また魚系をチョイス(^^)/。メインは牛肉のオングレ(横隔膜)で、ワインは運転中なのでガマンガマン(^^)/



パリを離れれば、至る所に素敵なレストランやホテルがリーズナブルな価格で存在している。田舎町を巡る食の旅も、一考の価値があるのではなかろうか。
 2017/08/02 15:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ