« 前へ | Main | 次へ »
この夏のバカンスは、何処へ2

サンセバスチャンの海岸

またまた昨夏の話で大変恐縮だが、たまたま今年6月のパリメンズのショーで著名なフリージャーナリストがショーの後、スペイン・バスクの美食の町、サンセバスチャンへ赴くと話していたのを思い出し、これまた今夏の旅先にいかがかと書かせていただくことにした。これまた取材旅行で、スペイン・バスクからビアリッツ、ボルドーなどを回った時の話である。


サンセバスチャンの旧市街

星付きレストランの数が世界で一番と言われているサンセバスチャン(スペインでは、ドノスティアと表記が出る)には、美食を求めて世界中から人が集まる。またあの有名な牛追い祭りの開かれるパンプローナも車で1時間ほどのところにあり、7月初めのこのエリアのホテル予約は苛烈を極める。予定が決まっていれば、早めの予約がオススメだ。
旧市街には雰囲気の良い数多くのバルが集まっているが、そこはやはり観光地。少々お高いのである。そこでオススメしたいのが、旧市街のちょっと外側のバルなのだ。こちらは、住人たちが普通に行き付けにしているところが多く、値段も驚くほど安い。バスクのバルでは、薄いバゲットの上に様々な食材を載せたピンチョスという一口料理(カナッペよりは大きいので二口かもしれない)が供される。もちろんメイン料理もあるのだが、これらのピンチョスを立ち飲みしながら、はしごするのがバルの楽しみ方。
海鮮物と合わせるなら、バスク名産の微発泡白ワイン「チャコーリ」がお勧め。細かな泡とさっぱり感がマッチする。ちなみに少し西へ向かったZARAの故郷、ガリシア地方ではチャコーリを出す店がほとんど無い。ローカリズムが強い土地柄なのかもしれない?。
さて、どれだけお安いかの具体例。このフォアグラのソテーが、わずか3ユーロ程というからコスパが良すぎる。



マテ貝(NAVAJAS)のソテーは絶品。揚げ物も多い


生ハムなら、JAMON IBERICO BELLOTA をチョイス。ハブーゴ村産ならベストだ

サンセバスチャンから西へ車を1時間ほど走らすとバスクの主要都市、ビルバオに行きつく。20年以上前に、「ミリアム・オカリス」を取材しに訪れて以来の訪問だ。まずは現代アートを中心に集めたGuggenheim Museum(グッゲンハイム)美術館へ。もちろんフランク・ゲーリー建築の外観は20年経っても変わらない。



そしてケーブルカーを吊るしたようなデッキが川を渡る世界最古の運搬橋、ビスカヤ橋も見ておきたいスポットの一つ。エッフェル塔で有名なギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人、建築家のアルベルト・パラシオによって設計されたもので世界遺産でもある。
次はフランスに戻りながらの食中心の話を第3話で。
 2017/07/23 17:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ