« 前へ | Main | 次へ »
バッグブランド「CREEZAN」が城の崎にてオープン


志賀直哉の「城の崎にて」で知られる城崎温泉。直哉が投宿した三木屋は現存しており、日本家屋の老舗旅館として隆盛を誇っている。和風情緒豊かな温泉街は、外国人観光客にも受けているそうで、豊岡市の調べによれば、外国人宿泊者数は年間1000〜2000人程度で推移していたそうだが、2012年に約4700人に急増。2015年には約3万4000人に達した。このうち9割以上が城崎温泉で宿泊しているそうだ。これは海外の旅行ガイドで「Best Onsen Town」として紹介されたことが原因らしい。冬場のカニの季節には日本人観光客が多く訪れるのだが、その狭間の閑散期に外国人観光客を誘致することで活性化を促しているところだ。さて、そんな城崎温泉街にバッグの店がオープンした。



兵庫県豊岡で作るメードインジャパンのバッグブランド「CREEZAN(クリーザン)」を展開するコニーは、旗艦店『CREEZAN 城崎本店』を2017年6月11日にオープンさせた。
2フロア構成で、1階(約70u)はカフェカウンターを併設し、地域団体商標「豊岡鞄」として認定を受けたオリジナルブランド「CREEZAN」のバッグや小物に加え、豊岡の伝統的工芸品「出石焼(いずしやき)」の蕎麦猪口なども販売する。2階(約34u)には、ダイニングスペースがあり、革小物の製作体験ができるワークショップも定期的に開催される。
建物は情緒ある景観にマッチした和風建築で、温もりがありつつもモダンなインテリアが印象的だ。ショップのロゴは豊岡市出身の書道家、川尾朋子さんが手掛けている。



同店限定アイテムには、多彩なカラ一や素材でユニセックス仕様の軽くて旅行に携帯しやすいラインナップを揃えた。
地元食材を提供するカフェでは、但馬牛のハンバーガーや八鹿豚のホットドッグなども供される。



「メードインジャパンを世界に」は、国を挙げての課題となっている。特にファッション分野においては、一部の繊維素材を除いて明らかに入超産業だ。豊岡はバッグの産地として、様々な国内見本市に積極的に団体出展している。しかし、シュリンクする国内市場だけに目を向けていたら、ジリ貧になるのは否めない。欧米に打って出行くのも一つの方策ではあるが、それなりの投資が伴う。そんな中、今回の城崎温泉への出店は、訪日外国人観光客にアピールすることで、外に向けた一つの試みとなるに違いない。こうした取り組みやそろえた。SNSの活用、そして本家本元の見本市への出展と多様な取り組みで相乗効果を上げていくことが肝要だ。


 2017/06/18 16:41  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ