« 前へ | Main | 次へ »
ギンザ・シックス、私見を交えてご紹介2
<1の続き>



JOTARO SAITO(ジョウタロウ サイトウ) は気鋭のきものデザイナー、斉藤上太郎のコンセプトショップで内装の象嵌は見事。アイスバーもテイクアウトできるスイーツカフェも併設する。



ヨウジヤマモトのGround Y(グラウンド ワイ) は、同社のフィルターを通し、ジェンダーレス・エイジレスなスタイルを提案するコンセプトショップ。様々なカルチャーとコラボレーションを提案し、『ファイナルファンタジー』とのコラボアイテムも登場。



PARIGOT(パリゴ) は広島のセレクトショップで、丸の内店に続く都内2店舗目。世界で活躍中の日本人デザイナーの限定品やデニム集積など100ブランド以上の最先端ファッションを提案。



Theatre H.P.FRANCE(テアトル アッシュ・ペー・フランス) は、欧州のクリエーションを紹介するという同社の源流。舞台のようなラグジュアリーな空間とソファでもてなしてくれる。



#0107 PLAZA(オトナプラザ)は、PLAZAが「オトナのための、新しいPLAZA」としてオープンさせた。ニューヨークの街角をイメージした店内には、「Stand Bar」を設置し、コールドプレスジュースやコーヒーも提供。またアンファーによる「ドクターズ・ナチュラル・レシピ」シリーズ(写真右)もラインナップ。クレンズフードで内側からボディメイクを目指せるのが特徴だ。

<5階>



輸入卸の三喜商事によるHYDROGEN(ハイドロゲン)は、アジア最大級のフラッグシップショップ。フルラインナップを取り揃え、ジャケットスタイルから大人の休日スタイルまでを提案する。スカルモチーフが随所に散りばめられ、ゴルフバッグは注目商品だ。



英国物の輸入卸、渡辺産業のセレクト業態BRITISH MADE(ブリティッシュメイド) は、人気のラベンハムも揃えるが、同店では「Drake's」のフルラインナップを取り揃えるインショップも展開。



アーバンリサーチのFREEMANS SPORTING CLUB(フリーマンズ スポーティング クラブ)は、ウェアとバーバーが1フロアで展開される国内初のショップで、整髪から洋服までトータルに、クラシカルかつ現代のニーズを反映したスタイルを提案する。またミントグリーンの壁面とファサードは他店との違いで大いに差をつけた。



Paraboot(パラブーツ)は1908年フランス創業の「価値ある歩き」をコンセプトとする靴ブランド。世界で唯一、自社でラバーソールを生産する靴メーカーであり、ブランドの歴史とモデルに精通したスタッフが抜群の歩行性とフィッティングを提供する。照明がかなり明るいのが印象的だ。



メル・ローズのCONVERSE TOKYO(コンバース トウキョウ)は、カルチャー寄りの提案を強化している。ファセッタズムの落合宏理やクラネとのカプセルコレクションも展開する。また1500本限定のテディベアキーリングを発売し、4月29日にはクレア・シュタイフさんが来日して記念サイン会を行う予定。



lululemon(ルルレモン) は、カナダ発祥のスポーツウェアブランドで、ラグジュアリーかつ高品質なフィットネスウェアを展開。ヨガやフィットネスのコミュニティーが集まるショップとして、店内でコミュニティークラスを実施予定。ノリの良い店舗スタッフが面白い。



文具メーカー、マークスによるMARK'STYLE TOKYO(マークスタイル トーキョー)は、ハレの日に贈る特別な一品。ケの場に寄り添う日常の一品を提案するプレミアム・デザインギフトストア。「日本の素敵で世界に快適を」を具現化する場として、マークス製品のみならず、モダンヘリテージ(=伝統に根ざしながらもモダンをまとった日本の逸品)をセレクト。昨年末にはパリのマレ地区にも店舗を出している。



アッシュ・ペー・フランスが輸入するOSKLEN(オスクレン) は、ブラジルを代表するリオデジャネイロのニューラグジュアリーブランド。コレクションラインを中心にリラックスしたモードを感じるラインナップでブランドの世界観を表現し、アマゾン川の淡水魚ピラルクの革を使った商品も展開。



SOMES SADDLE(ソメスサドル)は、1964年創業の日本唯一の総合馬具メーカーとして、伝統と技術に基づくハンドメイドの革製品を提案。驚くほど軽量なのが限定商品のドライカーボンのアタッシュケース。もちろん内装はコードバンだ。また同店ではカスタムオーダー対応やメンテナンスコーナーも設置し、多様なリクエストからアフターケアまで革製品のプロが対応する。

 2017/04/16 13:10  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
名前:久保 雅裕
Masahiro KUBO

アナログフィルター『ジュルナル・クボッチ』編集長

ファッションジャーナリスト・ファッションビジネスコンサルタント。繊研新聞社に22年間在籍。『senken h』を立ち上げ、アッシュ編集室長・パリ支局長を務めるとともに、子供服団体の事務局長、IFF・プラグインなど展示会事業も担当し、2012年に退社。

大手セレクトショップのマーケティングディレクターを経て、2013年からウェブメディア『Journal Cubocci』を運営。共同通信やFashionsnap.comなどにも執筆・寄稿している。杉野服飾大学特任准教授の傍ら、コンサルティングや講演活動を行っている。また別会社で、パリに出展するブランドのサポートや日本ブランドの合同ポップアップストアなども実施し、日本のクリエーター支援をライフワークとして活動している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ