| Main | 次へ
24時間戦えますか
 政府の産業競争力会議では高給ホワイトカラーを労働時間規制の適用除外とする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を検討しているそうだが、実現するにしても何らかの上限規制や一般社員との連携への配慮が必要だと思う。幹部が競って働き仕事のテンションとスピードを上げる事が良い結果をもたらすとは限らないからだ。
 功を焦る幹部間で『24時間戦えますか』が競われれば過労から身体や精神を病む人も出て来るし、育児や介護のハンディを抱えた人を昇進レースから締め出す事にもなりかねない。社内競争が過熱すればペースの異なる人たちとのギャップも拡大して組織の連携が綻び、業務精度が崩れたり戦線を離脱する人も出て来る。幹部が目一杯仕事にのめり込めば視野も狭まるから、思わぬ判断ミスも生じて会社にとってもリスクが高まりかねない。
 『24時間戦えますか』はバブル最盛期の80年代末、三共の「リゲイン」というドリング剤のCMで一世風靡したキャッチフレーズだが、当時は『五時から男』のCMで売り出した中外の「グロンサン強力内服液」など覚せい剤紛い?の効能を謳ったドリンク剤が大流行りで、長時間労働が社会的な問題になる事もなく「ブラック企業」という言葉もなかった。
 そんな習慣は太平洋戦争直前の昭和16年頃から在り、大日本製薬の「ヒロポン」や武田の「ゼドリン」など‘覚醒剤’として公然と売られ、疲労回復や眠気防止、気分高揚や暗視力向上を目的に軍需工場や軍隊で広く活用された(いわゆる突撃錠/猫目錠)。日本に限らず、大戦中のドイツやイギリスでも使われたという。それが敗戦とともに一般に流れて濫用され中毒患者が広がって社会問題となり、1951年の「覚せい剤取締法」の施行に繋がった。
 覚醒効果は薬物だけではない。組織のテンションを高めるべく朝礼などで声高に一斉唱和したり、びっくりするぐらい大声で挨拶を交わすなど、どこの会社でも大なり小なり見られる戦意高揚策だ。会社によってはそれが嵩じて始終、ハイテンションを強要する雰囲気が定着し、長時間労働の要因になったりもする。「ブラック企業」と後ろ指さされる会社はきっと、そんな覚醒状態で走っているのだろう。お通夜みたいにローテンションなのも困るが、異様なハイテンションを保つのも無理が在るのではないか。
 そこまではともかく、始終ハイテンションに組織を回すため不要な仕事を創造する会社が少なくないのには驚かされる。煩雑な会議体系や交錯した業務、様々な営業イベントや自己啓発研修を見ていると、本末転倒な覚醒ゲームではないかと疑いたくなる。「ホワイトカラー・エグゼンプション」など無闇に導入して覚醒ゲームを過熱させ組織を疲弊させるより、‘労働の質’という視点から全社の業務体系とビジネスモデルを見直す方が先だと思う。
 2014/05/30 10:16  この記事のURL  /  コメント(0)

オムニチャネル革命はチェーンストア革命だ
 今日は午後から「オムニチャネル対応ロジスティクスVMD総研究」をテーマにSPAC月例会を開催するが、後段の実務担当者パネルはメンバーでも突出してEC比率の高い企業にお願いしている。エルエルビーンさんは25%以上、デイトナさんは23%強、ベイクルーズさんは12%近いから、店舗向け在庫とEC向け在庫の振り分けや移動など、胆の実務ノウハウを披露してくれると大いに期待している。
 EC比率の高い企業にはカタログ通販時代からダイレクトマーケティングとロジスティクスのノウハウを確立して来た企業が多く、エルエルビーンはもちろん、アバークロンビー&フィッチは18.9%、ニーマンマーカスは22.2%、Jクルーは31.1%にも達する。国内大手カタログ通販企業でもニッセンは51.7%、ディノスは55%、千趣会は55.8%、フェリシモは57.8%がネット受注だから、今期で7000億円と推計されるアパレル/服飾関連EC市場の実態は一兆円に迫ると見るべきだろう。
 ウォービーパーカーやボノボなど米国でのEコマース発ショールームストアの広がりを見るにつけ、我が国の流通業や商業デベの時代感覚は桁違いにズレていると痛感せざるを得ない。オムニチャネル革命は流通の常識をひっくり返すチェーンストア革命でもある事をそろそろ理解してもよい頃ではないか。
 2014/05/29 11:08  この記事のURL  /  コメント(0)

「蟹工船」からの脱却を急げ!
 景気の回復に若年労働人口の減少が重なって人手不足が深刻化し、これまで低賃金の若年労働者に依存して来た小売業や飲食業が悲鳴を上げているが、極めて好ましい事だと思う。悲鳴を上げているのは低賃金の若年パート/バイト/社員の使い捨ての上に成り立って来た「蟹工船」的ビジネスモデルの事業者であり、多くは大なり小なり「ブラック企業」の指摘を受けて来た当事者だからだ。
 若者を低賃金で使い捨てるビジネスモデルが蔓延しては若年世代への所得移転が進まず、消費が萎縮してデフレから脱却出来ないばかりか、結婚や子育ても躊躇させて少子高齢化を加速させ、日本の将来をシュリンクさせてしまう。日本の未来を明るいものにするには若年世代に職業技術習得の機会を与え積極的に所得を移転させ、将来に希望を持たせて家族と資産を形成させなければならない。
 企業は低賃金労働者の大量供給を前提として来た「蟹工船」的ビジネスモデルから脱却すべきで、とりわけ大恐慌時代の米国に発したチェーンストア流通業、「失われた20年」のデフレ時代に急成長した低価格のフードサービス業やアパレルチェーン業は抜本からビジネスモデルと労働価値を見直す必要がある。その要となるのが販売と物流の分離による提供方法とトータルロジスティクスの革新であり、オムニチャネルなショールームストアや部分的にでもショールーム陳列を取り入れた店舗の開発だ。
 日本の将来を見据えて抜本的な革新に踏み切る経営者の行動が待たれるが、国家社会を論ずるに怖じない柳井さんは何時、動いてくれるのだろうか。彼が動けば一気に‘革命’の狼煙が全国全業界に広がるに違いない。
 2014/05/28 10:19  この記事のURL  /  コメント(0)

クロスマーチャンダイジングの奔流
 「クロスマーチャンダイジング」はVMD手法のひとつで、スパゲティの棚にパスタソースを並べたりスニーカーの中にソックスを入れたりして関連購買を訴求するのは今や常識となった感があるが、ここで取り上げたいのは業種の枠を超えたカテゴリーロビングのお話だ。
 けさの繊研新聞はアクセサリーSPAのミルクが「エテ」ブランドのイヤ・アクセサリーをユナイテッドアローズのOL向けシューズセレクトSPA「オデット・エ・オディール」に置いて協業する事を伝えていたが、そんなクロスマーチャンダイジングが近年、急増している事に注目すべきだ。既にアパレル店のシューズやソックスの取り扱いは当たり前になり、今年のスニーカーブームが火に油を注いだ感があるが、シューズ店とて指を食わえて見ているはずもなく、ABCマートは服飾雑貨やアパレルも加えた新業態「シャルロット」の多店化に乗り出している。
 「チュチュアンナ」は婦人下着に加えてレッグウェアやルームウェア、服飾雑貨まで展開しているし、大手セレクトショップの多くは服飾雑貨比率が3割前後を占める。ストレッチパンツの「Bスリー」では靴の売上が二割近いとも聞く。考えてみれば、婦人下着とレッグウェアやルームウェア、パンツと靴やレッグウェアは購買関連性が強く、一緒に扱う方が自然とさえ思える。
 これまで「業種」の観念に囚われて来た業界だが、Eコマースの拡大やライフスタイル業態の台頭で関連購買の慣習が一般化して来た事が背景にあるのだろう。関連購買のチャンスを狙ってクロスマーチャンダイジングはますます広がるに違いないが、カテゴリーによっては特有の提供方法や購買慣習があり、新たなカテゴリーを取り入れるには注意が必要だ。
 アパレルでは他人が試着した商品も販売するが下着ではタブーだし(採寸フィッティング技術が問われる)、化粧品ではシンクの設置が望ましい。ライフスタイル業態流行で様々なカテゴリーを取り扱うストアが増えているが、カテゴリー特有の提供方法を軽視しては見せるだけの在庫になりかねない。カテゴリーロビングとライフスタイル業態の成功にはカテゴリー特有の「提供方法」研究が不可欠なのではないか。
 2014/05/26 10:11  この記事のURL  /  コメント(0)

鎧を脱いで自然体で!
 今月29日に開催するSPAC月例研究会『オムニチャネル対応ロジスティクスVMD総研究』の参考にとスタートトゥデイさんにお願いして習志野のZOZOBASEを見せてもらった。EコマースではDCの運営効率、とりわけピッキングヤードの機動的オペレーションが要となるからだ。
 13年10月に稼働したZOZOBASEはプロロジスパーク習志野の一番奥の海沿いに新設された5階建て延べ3万3000坪のDCで、年間3000〜4000億円の商品取り扱いキャパがある。入荷のトラックは螺旋スロープで5Fの入荷ドックに入り、同フロアで数量検品(色/サイズのサンプルは採寸、撮影に回る)を経て4F〜2Fのピッキングヤードに適正配置され(機動運用されているようです)、1Fの出荷ヤードで梱包されてヤマト運輸の運用する出荷仕分けヤードを経て顧客に発送される。今日の通販対応DCの模範的なレイアウトで、快適な休息室や食堂なども備わっている。
 出迎えてくれたのはチェックの開衿シャツに短パンの前澤社長で、『ちょっと寄ったわ』という構えない自然体にこちらもリラックス。取締役の大蔵さんの案内で前澤さんたちとご一緒に一時間ほどで一周したが、アマゾンDCのようなハイテクずくめというより人の動きを重視した極めて現実的機動的なオペレーションで、DC現場と経営の距離をまったく感じなかった。事業規模は大きくなっても組織は階級化しておらず、風通しの良い若い会社っていいなと実感させられた。
 そんな事を思うのは、ファッション業界でも社内組織が複雑化して本社と現場(店舗やDC)が階級分化し、世代を問わず鎧を着込む経営者が多いからだ。社外の競争に加えて組織内の階級闘争に晒されれば鎧も着たくなるのは解るが、それでは周囲も身構えてしまう。本質的な問題は組織の在り方で、幹部が覇権を争い現場が収奪される「蟹工船」体質に陥っては誰も幸せになれない。
 堀江貴文さんのサイト「HORIEMON.COM」での堀江さんと前澤さんの対談では鎧を着ない自然体の強者同士の生き様が馴染んでいたし、雑誌での田原総一朗さんとの対談で堀江さんが『気を抜いていない経営者はソフトバンクの孫正義さんとユニクロの柳井正さんとスタートトゥデイの前澤友作さんぐらい』と発言していたのが印象に残る。『鎧を着ない自然体でも気は抜かない』のが堀江さんのお眼鏡に適う経営者なのだろう。
 針鼠のような警戒心剥き出しの鎧を着込む経営者には周囲も構えるから情報も偏り判断を誤りがちで、本人も周囲も疲れてしまう。トップをそんな状況に追いやった(自分がそうしてしまったケースもあるだろうが)組織体質そのものが企業の明日を閉ざすのは明白だから、まずは鎧を脱げる組織体質への改革を急ぐべきだろう。鎧を脱げない経営者は前澤さんや堀江さんと一献傾けてはどうだろうか。

 2014/05/23 11:36  この記事のURL  /  コメント(0)

| Main | 次へ


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ