前へ | Main | 次へ
外資頼みでよいの?
 最近の商業施設はキーとなる大型区画を外資SPAに依存するしかなく、彼らの出店政策に振り回されてギリギリまでゾーニングが固まらないケースもあると聞く。開業後にしても、二子玉川ライズのH&Mが震災直後、一方的に長期休業して上層階テナントが苦渋する事態となった事は記憶に新しい。
 H&Mやフォーエバー21は1000〜3000平米と確かに大きいが、周囲を値崩れに巻き込む弊害やブーム冷却による販売効率急落のリスクも大きい。ZARAやGAPは人気が定着して販売効率も安定(決して高くはない)しているが、せいぜい1000平米しか埋められない。TOPSHOPの大型店は価格が高い割りに陳列演出が量販ぽく、アバクロは価格の異様な高さに加えて強烈なアロマの流出が周囲の迷惑となるし、アメリカンイーグルは日本での評価がまだ読めない。他にも外資SPAは幾つかあるがキーとなる規模感があるのはこのあたりまでで、選択肢は極めて狭い。これから上陸するビクトリアズシークレットやアンソロポロジーもせいぜい500平米だから、1000平米級以上の大型店は出尽くした感がある。
 目を国内勢に移しても、1000平米級で販売効率が期待出来るのはユニクロのみ、500平米級でもお手頃なのはアズール・バイ・マウジーぐらいで、大型セレクトショップは価格帯の高さで導入出来るケースが限られる。他にも大型ストアは幾つかあるが、販売効率が低すぎて二の足を踏んでしまう。要はキーとなる魅力的な大型業態が絶対的に不足しているのだ。
 デベの要望もあって外資に張る大型店を開発しようという機運はあるようだが、実験的に開発されたストアを見てもインパクトは今一で、販売効率も期待水準には遠い。これまで幾つか開発された大型業態を見ても、既存ブランドを複合したタイプはどれも寄せ集めの域を出ず、販売効率も低位に留まっている。客数と売場有効率から計算すれば誰でも判るが、個々のブランドをモールに並べた場合のせいぜい7掛けの7掛け(49%)の販売効率になってしまうからだ。未だ大型業態の構成手法や運営手法が確立されていないというのが実情だろう。外資頼みという現状を打破して選択肢を拡げるべく、国内勢には真摯な大型業態開発を望みたい。
 2011/07/22 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)

無国籍解放区と化すお台場
 足元商圏の無いフェスティバル型商業地区としてローカル客やアジア観光客を集めているお台場にまたひとつ、無国籍感覚の劇場型都市空間が登場する。三井不動産/大和ハウス工業/サンケイビル/フジテレビジョンの4社が開発中の「青梅Q街区計画」がそれで、店舗面積4万9600平米の1〜2Fに様々なエンターテイメント施設、3〜5Fに外資ファストファッション大型店やヤングファッションショップを集積し、6Fにはテーマレストランゾーン、7〜8Fにはテニスやボウリング、バスケットボールなどのスポーツ施設を配置するそうだ。施設全体を三井不動産がプロデュースし、来年四月の開業後は運営にもあたる。施設の名称は一般公募を募り、7月16日から開催したイベント「お台場合衆国2011」の来場者投票で決定するそうだから、もうすぐ発表されるでしょう。
 伝え聞くところに拠れば、H&M、フォーエバー21、ZARA、Bershkaはもちろん新規上陸のアメリカンイーグルまで外資SPAが出揃い、109系ブランドから一部、ラグジュアリーブランドまで鏤められるとか。エンターテイメント施設に外資SPAの揃い踏みが加わって無国籍感覚の解放区が出現するお台場は摩訶不思議なフェスティバル空間と化し、アジア観光客の様々な言葉が飛び交うEDO CITYに変貌するのでしょう。来年5月22日開業の東京ソラマチと並んで四月の開業が楽しみですね。
 2011/07/21 09:05  この記事のURL  /  コメント(0)

来春夏はデニム復活?
 日本ジーンズ協議会がまとめた昨年のジーンズ生産統計ではブルージーンズが17%も落ち込んで5年前の半分の2425万本になってしまったと今朝の繊研新聞に載っていたが、ジーンズ凋落を如実に示すデータである反面、不正確なデータでもある。何故なら、この生産数量はジーンズ協議会に参加するNBメーカーだけのものであり、今や市場のメジャーとなったカジュアルSPAや量販店のPBジーンズは含まれていないからだ。業界の定説ではNBジーンズとPBジーンズを合わせた市場規模は8000万本と言われているから、もはやNBジーンズのシェアは三割まで低下した事になる。昨年来のチノブームでジーンズの凋落は一段と加速しているから、その8000万本という数字も相当に怪しいと見るべきだろう。
 低迷が続くデニムだが、来春夏は復活の兆しがある。と言っても正確にはイノセントマインドの高まりでダンガリーやきれい目デニムを中核としたブルー系の台頭が予測され、ジーンズと言うよりダンガリーやシャンブレー、薄地デニムを使ったコージーなパンツやスカート、ワンピース、ロンパースなどが広がりそうだというお話。ジーンズにはワークイメージが付きまとうがイノセントマインドは少年少女チックでナイーブだから、ダンガリーや薄地デニムが広がってもジーンズが復活するという話には繋がらない。ゴワゴワとした厚手デニムや加工感を訴求する所謂ジーンズの復活は未だ見えておらず、来春夏も期待薄のようだ。
 一方で来春夏はブーム三周目となるチノだが、こちらは容易に息切れそうもない。南充浩君も指摘しているように、チノパンは着用TPOが幅広く汚れも目立ち易い上にジーンズほどタフでなく、オフィサータイプから丈パンツやサルエルタイプまでデザインも多様だから、一端広がったら買い替え買い足し需要はジーンズより遥かに大きい。よって、来春夏も需要は落ち込まないと推察されるのだ。
 ナチュラル/プレップ/イノセント/レトロ/クラシックが通低する来春夏はダンガリーや薄地デニムのコージーアイテムが台頭してサックスからネイビーまで様々なブルーが広がるが(当然ながらブルーと合わせる無地やレースの白も広がる)、ジーンズは復活せずチノは継続する、というのが大まかな結論だ。本日ようやく完成した当社の『12年春夏MDディレクション』は必見ですよ!
 2011/07/20 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)

ユニクロはお買い得
 ファーストリテイリング国内ユニクロ事業の3〜5月既存店売上は1.9%減と上期(10年9月〜11年2月)の9.9%減から復調し、クールビズの神風に乗った6月は3.9%増と急回復している。
 ファストファッションの勢いに幻惑されて短期開発のデザイン物を増やしたり、チノ人気を予測出来ずにジーンズに集中し、高機能高品質お手頃ベーシックという自らの本質から振れた昨年のユニクロは酷かったが、今年は本質に回帰してベーシックを再強化し、ようやくチノシフトも間に合って底を打ち、予測通り6月からは節電クールビズの神風に乗って急上昇に転じている。ユニクロが本来のユニクロである限り、国民的需要は手堅いものがあるようだ。
 そんなユニクロの『高機能高品質なのに安い』という原点的魅力を担保しているのが、グローバルSPAとしては例外的な原価率の高さだ。決算書ではマークダウンなどした結果の売上に対する原価率しか判らないが、マークダウン率から逆算して当初価格に対する原価率を推定する事が出来る。H&Mの当初原価率が25%程度、ODM依存国内大手カジュアルSPAのそれが28%程度なのに対し、ユニクロは自社開発・自社生産管理で巨大ロットなのに38%程度と極めて原価率が高い。あくまで当社の推計値だが他社とは大差があり、営業コストを抑えて『良い品が安い』という原点を忠実に守っている。原価率を比較する限り、ユニクロが突出してお買い得なのは間違いない。
 近頃は原価率を切り詰め宣伝費をかけてブランディングし、値引き販売で購買を煽る中国式ビジネスモデルが横行しているが、そんな怪しい商法とは一線を画する確かな存在意義がユニクロには認められる。中国式ビジネスモデルの本場、中国でユニクロが品質のデフェクトスタンダードとなりつつあるのも必然であろう。世界の何処でもユニクロはお買い得なのだ。
 2011/07/19 09:22  この記事のURL  /  コメント(0)

リアルマインドに徹する
 先月下旬から取りかかっていた東京郊外駅前某商業施設の構成企画業務が一巡したので一息つきたいところですが、『12年春夏MDディレクション』が大詰めを迎えて手を抜けず、週末の連休を挟んで来週半ばのフィニッシュまで頑張るしかありません。
 某商業施設の構成企画業務では競合商業施設のブランドをブランドツリーと業態×世代マトリックス表に落とし込んでポジションを明確にし、フロアのストーリーを決めて区画毎に第四候補までリストアップしました。第一候補はスッキリ決まっても第二、第三、第四となるにつれ結構、さまざまな障害があって四苦八苦しましたが、スタッフと議論してひとつひとつクリアしフィニッシュに漕ぎ着けました。
 どんな仕事でも、きちんと手順を踏んで完成度を高めないと品質を担保出来ません。ひとつひとつのステップを確かな技術とデータで固め、ステップを飛ばす事なく積み上げて行く。そんな仕事の進め方を私は『リアルマインド』と呼んでいます。勢いで仕事が進むと錯覚出来るのは幸せですが、そんなやり方は続きません。何処までもリアルマインドに徹して確かな仕事を積み上げるべきだと思います。とは言え今週は色々と疲れ果てたので、連休は軽井沢に逃げ込みましょう。
 2011/07/15 09:24  この記事のURL  /  コメント(0)

前へ | Main | 次へ


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ