前へ | Main | 次へ
ODMで‘可愛い/安い/速い’を仕掛けよう!
 商品企画から仕様開発、ソーシングから生産管理まで自社で貫徹する自社開発型SPAのユニクロが好調を継続する一方、これら総てを取引メーカーやOEM業者に丸投げするバイイングSPA型のフォーエバー21も人気沸騰と、様々なビジネスモデルのSPAがマーケットに受け入れられています。GAPやアバクロは前者に近く、セシルマクビーやポイントは後者に近く、H&Mはその中間に位置付けられるでしょう(ZARAはクロージング系は素材からの自社開発/カジュアル単品はH&M的な中間形態のようです)。バイイングSPAの手法は納入業者にデザインも依存する事から、業界ではOEMならぬ‘ODM’と呼ばれてますネ。
 品質や風合いにこだわるなら自社開発を徹底するしかありませんが、ファストを追求するには手間暇かかる自社開発型は不向きで、お手軽なバイイングSPAの方がスピードとバラエティで優ります。ユニクロ型の自社開発SPAばかりが注目される嫌いがありますが、‘可愛い/安い/速い’を実現するにはファストなバイイングSPAの方が遥かに向いているのでは!
 2009/05/22 09:11  この記事のURL  /  コメント(0)

‘群馬の代官山’に行って来ました
 火曜日の午後、東京駅から新幹線に乗って北関東の某都市に出掛けました。その街に発して北関東圏に布陣し、今や全国展開に乗り出した元気なカジュアルチェーンを取材するのが目的です。新幹線を降りてローカル線に乗り継ぎ、何にもない小駅に降り立てば、そこは空っ風の吹く北関東の平原でした(ウソです!ホントは住宅の点在するローカル住宅地でした)。しまむらの本社の在る宮原もこんな感じですよ。
 タクシーを拾って目的地に向かえば、そこはローカル都市に共通するロードサイド銀座。でも4車線の幹道から一歩住宅地道路に入ると顔ぶれは一変。大型モールで見かける小洒落たカジュアルショップや瀟洒な邸宅結婚式場が点在する、世に‘群馬の代官山’と呼ばれるエリアでした(そう言えば20年以上前のロードサイド店ブームの時もここに来たよネ)。“JIN'S”も“スタジオクリップ”も御近所ですよ。
 元気チェーンのトップとの会話は予想外に盛り上がり(率直でピースフルなキャラでした!)、オフィスを辞したのはもう夕刻。再びローカル線に乗って新幹線に乗り継ぎ、表参道のオフィスに辿り着いたのは20時を回っていました。ちょっと疲れましたが、気分のよい出逢いでしたネ。あんなに率直に等身大を語れるトップと逢ったのは久方ぶりで(最近は鎧に隠る方が多い)、会社が大きくなっても今のままでいて欲しいなと願ってしまいました。


 2009/05/21 09:10  この記事のURL  /  コメント(0)

仏の顔も三度
 奇特なファンド様との役員構成を巡る駆け引きが玉虫色に決着したと思ったら、今度は外部アドバイザリーボードを新設して服飾評論家やバブルに転けた編集者、大御所デザイナーや元芸能人国会議員を起用するといいますから、断崖絶壁に追い詰められた企業にしては浮つき過ぎる人選にキレました。これではひところの三洋電機ではありませんか。
 先輩の稼いだ金も株主の金も奇特なファンド様の金も穴開きバケツから垂れ流して来たレナウンに、これ以上、浮ついた金を使う権利などあるはずもなく、最期まで懲りない脳天気ぶりに鉄槌を振り落としたくなります。断崖絶壁に追い詰められてなお真摯さのかけらもない経営陣に再生が果たせる訳もなく、株主の方々も愛想が尽きたのでは!『仏の顔も三度』と言いますから、奇特なファンド様も手を引くかも知れませんネ。
 2009/05/20 09:12  この記事のURL  /  コメント(0)

無理を承知の結末は
 先週末に顧問先のVMDクリニックがあって、2ヶ月ぶりに越谷のイオンレイクタウンに出掛けました。5時起きしてスヌーピーの散歩も済ませ、7時38分発の小田急に乗って新宿、武蔵浦和と乗り換えて越谷レイクタウンに辿り着いたのは8時37分。そこから15分近く歩いてMORIの社員通用口から階段を昇って3Fのお店に辿り着いたのは9時近くでした。ホントに遠くて馬鹿デカイよネ。
 2時間かけて隅から隅まで商品を再編集配置してディスプレイのルックも色順も組み直し、晩夏物提案&初夏物売り切り体制を構築した後(写真を見て!)、MORIの撤退情況を一周して検分しましたが、催事営業で誤魔化している区画も含めて1〜2Fで11区画も空いていました。開業わずか半年にしてこの有り様ですから、聞こえて来る撤退話も加えれば1年を待たずして20区画近くが空いてしまうかも。ショッピングのために15分も直線路を歩けというのは企業側の論理で、MORIは元から無理が在りましたネ(KAZEの方は空き区画は皆無でした)。
 地域消費に応える郊外商業施設がこれほど巨大である必要はなく、無理に埋めたテナントさんが経営破綻したり類似店との食い合いに音を上げたりして撤退が相次いでいるようです。イズミが本店として全力を投じたゆめタウン広島も惨澹たる情況ですし、大企業が無理を承知でゴリ押ししたSCは皆、コケてます。SCは立地/商圏の特性と規模に立脚するものですから、力でゴリ押ししても壁は越えられないものなのですよ。
 2009/05/19 09:20  この記事のURL  /  コメント(0)

希望は消えた!
 先週末に民主党の代表選挙が行われて鳩山由紀夫氏が岡田克也氏を制して新代表に決まり、我が家の週末は落胆で火が消えたようでした。世論は岡田氏を待望していたのに、小沢の意向を汲んだ執行部はわずか一週間の選挙期間で国会議員だけによる投票という非‘民主’的なプロセスで親小沢体制をゴリ押しし、民主党議員達も非小沢の潔癖な体制より議員として食って行く安全パイを選択した訳ですから、民主党員はもちろん国民の多くもガックリと肩を落とした事でしょう。やはり民主党は負け犬家業議員の烏合だったのですネ。これではオバマ的な盛り上がりは期待すべくもなく、来る衆院選の政権交代にも疑問符が付きました。
 官僚主導で利権政治にどっぷり漬かった自民党政権がこれからも続いていくと思うと、もう日本人である事の将来に希望が持てません。不況対策を名目に尋常でないバラ撒きが積み上る中、どさくさに紛れて官僚やそれに繋がる業者に国民の血税が吸い取られ、やがてそのツケが増税となってのしかかって来るのですから、国民は悲憤するしかありません。民主的政権交代の路が閉ざされた以上、青年将校の決起に期待するか日本国民である事を放棄するかの選択しか残されていないのでしょう。希望は消えました!
 2009/05/18 09:14  この記事のURL  /  コメント(0)

前へ | Main | 次へ


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ