前へ | Main |
今時不要な巨大SC
 国内最大のSCとして注目される“イオンレイクタウン”が10月2日、武蔵野線越谷レイクタウン駅前に開業します。商業施設面積218,483平米にジャスコ他565店を集積する巨大モールで、駅と繋がる“KAZE”、道路を挟んで2階のブリッジで繋がる“MORI”の2棟から構成されます。3層トライアングル型レイアウトを採る“KAZE”にはビブレやスポーツ/家電のカテゴリーキラーが核的に配置され、郊外SCと駅ビルのハイブリッド的構成。3層の細長いレイアウトの“MORI”はジャスコとオートモールを核にファミリー系やライフスタイル系などで構成されています。バロックジャパンのアズール・マウジー、ユナイテッドアローズのコーエンなど、ここが1号店となる新業態も注目でしょう。
 確かに国内最大のSCとなりますが、果たして今時、こんな巨大SCが必要なのでしょうか?駅から“MORI”の端までは1000m以上あって歩くと15分はかかりますし(3層モールを一周するだけで1時間はかかりそう)、565店もあると玉石混交となって似たような店の重複が避けられません。“ららぽーとTOKYO−BAY”も商業施設面積188,000平米と巨大ですが中庭を囲んでほぼサーキット状のレイアウトになっていて頑張れば一周出来そうですが、全長1000mの直線的モールを歩き切るには相当の苦痛が伴うのではないでしょうか。結局は自分に必要な一画で買い物を済ませ、這う這うの体で退散する事になるのでしょう。駅に近い“KAZE”はともかく、“MORI”の駅から遠い区画や3階は回遊が危ぶまれています。巨大なスペースを埋め切るためにゾーニングも妥協を重ねたようですから、関連購買を効率的に(短い歩行距離で)済ませるのはちょっと難しそう。
 巨大ゆえに広域商圏が必要で自動車30分圏の140万世帯/330万人を想定していますが、ガソリンが200円/Lに迫る今時、既存の巨大モールは皆、車商圏の縮小に苦しんでおり、相当に無理がある期待と言わざるを得ません。元々、足元/広域ともカーアクセスに難がある立地ですから、開店当初は物珍しさで広域集客出来るにしても、半年も経って落ち着けば商圏の収縮は避けられないでしょう。“MORI”の回遊が苦しい区画からは撤退店舗が出始めるのでは。
 不況が深刻化し生活物価が高騰する中、生活防衛姿勢を強める消費者の購買半径は急速に縮小してコンパクトな近隣商業施設にシフトしているのに、企業の威信にかけて誰も求めていない巨大SCを作ったつけはいったい誰に回るのでしょうか。
 2008/08/07 16:47  この記事のURL  /  コメント(0)

マイレージ様様です

 6月からJALとANAを天秤にかけてすったもんだした挙げ句、リミットぎりぎりの今日になってようやく9月の米国調査全旅程の予約がJALで確定し、さすがに肩の荷が降りました。何せJALとANA合計して415,000マイルも溜まっており、使わないと消えてしまうので無料航空券での予約を狙っていたのです。幸いにも米国内の一部を除いてフリーでビジネス席を確保する事が出来ました。同行する3人の部下の分は同じ旅程でちゃんと有料のエコノミーチケットを確保しましたが、運賃は130,000円ほどなのに燃油サーチャージが65,240円も加算されるのはちょっと驚き!!でも、私のビジネス料金がセーブ出来たのは有り難かった。マイレージ様様という訳です。
 米国も欧州も業務上いやいや行っているだけで、国内の温泉旅行や軽井沢滞在しか興味がありませんからマイルを使う機会が少なく、ショッピングマイルが溜まる一方なのです。南仏やハワイもいいけど愛犬スヌーピーをペットホテルに長く預けるのが可哀想で、どうしても国内のペット同伴可のホテルを探してしまいます。先週末も軽井沢のコテージで森を抜けて来るひんやりとしたそよ風を満喫していました。この週末から始まる夏休みもスヌーピーと軽井沢で過ごしたい!!
 2008/08/05 19:14  この記事のURL  /  コメント(0)

前へ | Main |


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ