| Main | 次へ
秋トレンドときちんと系アイテム復活

 毎月末に近付くとMDコーディネーターが各タイプ別の最新注目/主流ルックを70体以上の繊細なカラーイラストで報告して来ます(SPACレポートにMD展開の解説付きで掲載されます)。この7月末も秋立ち上げの様々なルックが報告されましたが、ボヘミアン〜フォークロアと流れるフェミニン系レイヤードにはさすがに飽きが来て、ボーイッシュ〜マスキュリンを軸にブリット/ロック/80'Sパンキッシュと様々にリミックスする流れの方がうんと新鮮に感じます。中でも目立つのが様々な丈のベスト/ジレとタータンチェックアイテムで、8月末の売れ筋になるのは確実。ボトムではクロップドからサルエルまで様々な中途半端丈パンツとミニプリーツスカートが主力になりそう。一番割を食うのは2周回って飽きの来たワンピースでしょう。とは言ってもゴシック×ロマンティック×バンキッシュの‘ゴスロリ’は秋へ向けて一部で盛り上がるかもで、フリル/ティアード満載のブラウス/スカートに加えてワンピースも可愛い。
 そんなカジュアルトレンドの一方でOL〜キャリアの通勤服も再評価されており、フリルデザインのブラウスやカットトップス、テーラードジャケット、ハイウエストのタイトスカートなどが既に動きだしています。レイヤードトレンドに流されて月々の通勤ワードローブを崩してしまった春夏の反省から、ブランド側もお客様もきちんと系アイテムを再構築しようとしているのでしょう。景気が冷え込んで各客層がそれぞれに等身大な生活スタイルを模索する中、OL〜キャリアできちんと系アイテムが復活するのは当然の帰結だと思います。

 2008/07/31 11:37  この記事のURL  /  コメント(0)

斜陽の美学

 先週の木金と月例の『販売情報交換会』を開催しましたが、今年は一部タイプ/ブランドを除き秋物の立ち上げが大幅に遅れており、例年なら7月末の会で秋物の売れ筋報告が上がり始めるところがまったく上がらず、現実の厳しさに一同、シュンとしてしまいました。夏物在庫を大量に抱えて在庫枠がパンパンなのに加え、今必要な物しか売れない御時世では晩夏プロパーに在庫を割くしかなく、本格的な秋物投入は8月に入ってからというブランドが大半の様です。
 6月の販売成績は『6月の惨劇』で私が予測した通りになり、業界平均で既存店前比は85%前後まで落ち込んでしまいました。その分、7月は昨年の反動で二桁増になるはずなのですが、24日段階では都内百貨店は一桁半ばぐらいが多く、中には前年カツカツの店も。メンズは景気後退に直撃されてレディス以上に夏物在庫が積み上がっており、秋物立ち上げはまだディスプレイ程度。当然、売れ筋報告は新味のない夏物/晩夏物ばかりで、金曜のメンズ会はお通夜のようでした。もはや業界の活路は中国大陸しか無いという切羽詰まった情況で、大手流通業の幹部は中国転勤の悪夢が頭を掠めるとか。
 アパログを見ると上海や広州で活躍してる方もいらっしゃるようですが、私はあんなイモラルでルールの怪しい国とは関わりたくない。北京オリンピックも勝手にやったらいい。滅び行く美しい日本と静かに沈んで行く方が私の美意識に適っている。斜陽の美学とでも言うのでしょうか。そんな週末は川本三郎の『荷風と東京』を読み返してしまいます。洋行帰りなのに江戸の昔を慈しんでモダンな東京を疎んじ、山の手人種なのに下町の鄙港に遊んだランティエの情念に共感するものがあります。
 そう言えば一月ほど前の新聞に川本さんの愛妻、恵子さん(服飾評論家)が亡くなったという記事が出ていました。7つ年下の恵子さんを川本さんはきっと溺愛していたのでしょう。氏の悲しみは想像に余り在るものがあります。同じくらい歳の離れた我が家のルンルン妻がいつまでも元気であります様、つい祈ってしまいました。
 
 2008/07/28 10:15  この記事のURL  /  コメント(0)

必然の成功に注力せよ

 ファッションビジネスの消長を見ていると『企業は偶然に因って成功し必然に因って自滅する』というジンクスを実感します。新たなブランドが当たるかどうかは大なり小なりギャンブルと言わざるを得ませんし(実際、大手企業による新ブランドでも離陸率は2〜3割に留まっている)、大枚賭けたメディア露出の仕掛けも人気沸騰に繋がるとは限りません。商品企画やブランディングは時流に左右される水物という性格が強く、成功するか否かは結果論というのが実態でしょう。しかし、MD展開やその売場表現たるVMD、配分・店間移動・再編集といったロジスティクスはテクノロジーとプロセスマネジメントの世界ですから、最新の技術で緻密に組めば確実な成果が期待出来ます。
 ところが、大部分のファッションビジネスはこれらマーチャンダイジングからロジスティクスまで一貫するプロセスが未整備で、個々の技術も自社の経験則に頼っているのが実態です。情況に流されて右往左往するうちに深夜まで業務が及ぶという姿が一般的でしょう。これでは当たる商品企画も活かし切れないのではないでしょうか。きちんとプロセスを整備すれば残業は無くなり、チャンスにも即応出来るはずです。
 当社は企画会社ではありませんからギャンブルな商品企画は提供していませんが、マーチャンダイジングからロジスティクスに至るプロセス設計とその実行に必要な最新技術を、個々の企業に最適にアレンジして提供しています。VMDもマーチャンダイジングからロジスティクスを一貫する在庫運用・陳列表現技術として位置付け、ブランディングに繋がる洗練された技術体系を確立しています。オリジナルなソースに基づいてテクニカルなMD展開計画を組むというマーチャンダイジング業務(商品企画ではありません)も卓越した水準と自負しています。偶然の成功ではなく必然の成功をもたらす事が当社の使命なのです。
 かつてないほどの逆風に業界が晒される中、偶然の成功に頼るリスクはあまりに大きく、必然の成功に注力すべき時と思われます。
 
 2008/07/24 14:18  この記事のURL  /  コメント(0)

当社はビジネススクール

 募集していたレディス担当MDコーディネーターがようやく決まり、肩の荷がひとつ降りました。109系ブランドでデザイナーをしていた美大出のお嬢さんで、当社の希望にピッタリの方です。残るはメンズ担当ですが、どなたか適切な方がいらっしゃいませんか(男女不問、詳細はこちら)。商品企画やバイヤーの経験があって“アバクロ”の味が解るカジュアル大好きな方が来てくれると嬉しいのですが。
 一連の募集で何人かのデザイナーを面接しましたが、お勉強のチャンスを与えられていない人が多いのは意外でした。僕らの若い頃はデザイナーもバイヤーも毎シーズン、パリ/ロンドン/ミラノやNYを視察するのが当たり前でしたが、何年も勤めて一度も無いとか一度だけとかいう人ばかりで、ちょっとビックリ。コレクション報告セミナーも毎回は行かせてもらえないと聞いて、もっとビックリ。インプットしないでアウトプットばかり求める企業側の姿勢には疑問を感じました。
 せっかく専門教育を受けた人達がきちんとした研修や視野を広げる機会を与えられず、一番伸ばせる若い時を浪費してしまうのは可哀想と言うしかありません。技術を体系的に教え視野を広げる機会を与えれば、意欲のある若い人はしっかりとステップを登って行くものです。2〜3年も磨けば蝶に化ける人も出てくるでしょう。それが楽しみでMDコーディネーターを育成しているのかも知れません。
 当社で東京ローカルからパリ/ロンドン/ミラノ/NYまでマーケットとブランドを見る目を養い、スタイリングとMDを組み立てる技法を毎シーズン積み上げて行けば、MD/バイヤーはもちろんディレクターにも化けられます。感性の画素数も桁違いに高密度になるでしょう。当社は真っ当な給与を支払ってMDのプロを育てる希少なビジネススクールなのかも。
 2008/07/22 09:51  この記事のURL  /  コメント(0)

『09SS版MDディレクション』が完成します

 『09SS版MDディレクション』の製作作業もようやく峠を越え、レディスは全12テーマの素材ボードも完成してヘッドラインも固まり、今週中にはフィニッシュ出来そう。メンズも全6テーマの素材ボードが完成してヘッドラインを残すのみですから、数日の遅れでフィニッシュ出来るでしょう。レディスは25日からメンズは30日から契約企業へのディレクションが始まります。
 当社のディレクションは「ブランド別販売動向と客層別スタイリング動向をクロスしてマーケット変化を掌握し、客層別のライフスタイル/スタイリング志向に受け入れられるトレンドをリミックスしてMDテーマを設定する」という手法を採っていますから、コレクション世界のトレンドより国内市場動向を強く反映する等身大な性格と言えるでしょう。今シーズンを総括して来シーズンを予測する為、SS版は7月末、AW版は12月末から提供しています。コレクション総括型のディレクションとは製作方法も提供時期も異なり、国内市場の客層別動向を正確に反映する事を重視しています。
 各MDテーマもコアスタイリングから展開する着回し巾を設定した上でアイテムの展開手法(ディティール/カラー/素材・柄/加工など)と素材構成、カラーリングをビジュアルに表現するもので、MD企画実務に落とし易く構成しています。
 導入を検討される企業は来社してディレクションブックの説明を受けるか、8月7日開催の『09SSのMD戦略ゼミ』(詳細はこちら)にお申し込み下さい。
 2008/07/16 16:53  この記事のURL  /  コメント(0)

| Main | 次へ


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ