前へ | Main |
お勉強しましょう
 コレクション報告や商品企画のセミナーは業界に山ほど溢れていますが、マーチャンダイジング(商品企画とは違います)やディストリビューション(配分・消化管理)、ビジュアルマーチャンダイジング(ディスプレイとは違います)といったリテイリング技術を体系的に提示するセミナーは当社しか開催していません。5月29日から6月12日にかけて三つの実務技術セミナーを開催しますので、実務技術体系を真摯に学習したい方、自社の仕組みを変革したい方は是非、御参加下さい。
 5月29日のSPAC月例会は「消化回転向上への調達・配分・在庫運用手法総研究」をテーマに開催します。メンバー企業の実情検証を起点に、マーチャンダイジングからディストリビューション、ビジュアルマーチャンダイジングを一貫する最新の消化回転技術体系を明らかにします。これほど緻密かつ実務に密着した技術体系を知る機会は他では絶対に在りません。何が何でも必参加でしょう(SPACに入会する必要があります)。
 マーチャンダイジング技術については6月5日開催の公開セミナー「バイヤー/マーチャンダイザー育成マーチャンダイジング技術革新ゼミ」で体系的に提示します。売上・投入・在庫の予算設定からシーズンのMDストーリー構築、単品MD/コーディネイトMDの設計とVMD展開(棚割とフェイス運用)、射程/頻度/完成度/値入れの最適バランスを狙う調達ミックスまで、有力企業の実例を挙げて最新の技術体系を明らかにします。ポイントの桜井健一 営業統括本部長、三陽商会の石井賢 バーバリーブルーレーベルディビジョン企画統括長のパネルにも御期待下さい。
 ビジュアルマーチャンダイジング技術については6月12日開催の公開セミナー「ブランディングへのVMD技術革新ゼミ」で体系的に提示します。売場編成と棚割の基本からスタイリング訴求、洗練のカラー配列/フォルム構成まで、スライドやイラストを駆使してビジュアルに解説します。世に溢れるディスプレイ紛いのVMDではなく、マーチャンダイジングを店頭で訴求・運用して消化を促進しブランド価値を高める本物のVMD技術体系を是非、修得して下さい。

 上記SPAC月例会、公開セミナーの詳細につきましては
当社ホームページ( www.fcn.co.jp )を御参照下さい。当社のセミナーは忙しい実務家の為に短時間で密度の高い情報を体系的に提供しています。受講中は気を抜くゆとりはまったく在りませんのでテンション掛けて御参加下さい(恐くはありません)。
 2008/05/09 09:45  この記事のURL  /  コメント(0)

アウトレットパーク入間の大渋滞
 後半の4連休は軽井沢へ出掛けましたが、いつものコテージでスヌーピーとのんびり過ごしたり近場の温泉に行ったり、上田の手前の東御まで足を伸ばしてヴィラデスト( www.villadest.com )のサパーを楽しんだりしているうちに、あっというまに2泊3日が過ぎてしまいました。いつもながらヴィラデストの料理は旨かった。とりわけ、玉ちゃんが手ずから削いでくれたプロシュートは最高でした。
 連休の最終日になってデッキの薔薇達もようやく咲き揃いました。アンクルウォーターが深紅の輪舞でアーチを彩り月々粉が薄紅色の淡雪のような花弁を散らす様は華麗としか言い様がありません。ジョン・メイヤーも一週遅れで可憐な蕾を開くでしょう。お近くの方は散歩ついでに眺めてやって下さい。
 それにしても連休中の各地のアウトレットは大混雑だったようです。軽井沢のプリンスアウトレットは人まみれで各店舗のレジには長い列が出来、駐車場は早朝から満杯で入場待ちの車列は18号バイパスの交差点まで続いていました。もっと悲惨だったのは入間の三井アウトレットパークで、16号どころか入間ICの中まで閉塞し、駐車場に入るのに3〜4時間もかかったとか。片側2車線しかない16号にコストコとアウトレットパークの入り待ち車列が重なるのですから、週末には大渋滞になってしまいます。工業団地入り口の交差点から裏口に導入しようにも地元の反対で表立っては出来ず(やったとしても入間ICからの渋滞には焼け石に水だが)、打つ手がないのが実情です。電車で行ってもシャトルバスも渋滞に巻き込まれますから何時間もかかるのは同様で、自転車かバイクで行くしか方法は無さそう。これでは広域からのアクセスは不可能と言うしかありません。どうしても行きたい人は平日に行くしかないでしょう。
 それにしても商業施設が周辺の交通を閉塞してしまうのは大問題で、放置すれば大動脈たる16号どころか圏央道まで閉塞してしまいます。そんな事が起こらないように大店立地法があるはずなのに、三井不動産は事前にどのような導入計画を策定したのでしょうか、行政はどう審査したのでしょうか。コストコの入り口からもっと離して入路を設定し、敷地内に入庫待ち車列の収納ラインを長く配置すべきだったのではありませんか。早急に修正工事をして渋滞を緩和してもらいたいものです。
 2008/05/07 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

前へ | Main |


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ