| Main |
SPAC研究会は大盛況
 先週はトップへの政策提案が重なり、幾つかのVMDクリニックもあって神経を使いましたが、おおむね順調にまとめる事が出来ました。『在庫圧縮と消化回転向上への調達・配分・運用手法総研究』をテーマに5月24日(木)に開催したSPAC研究会には190名を超えるメンバーが参加し、SPAC史上二番目の盛況となりました(様子はこちら)。6月から新たに2社が入会され、メンバーは90社の大台に乗りそうです。緻密な研究活動と時を得たテーマ設定が評価されたのでしょう。6月研究会は店舗要員の採用と育成・定着をテーマに28日(木)に開催しますので、御参画を検討される企業はオブザーバー参加をお申し込み下さい。
 5月中、楽しませてくれた薔薇達も盛りを過ぎ、我が家のデッキガーデンは眩しいほどの太陽と緑に溢れています。オリーブやレモンの花も散り、小さな実がふくらみ始めています。今年は日射しに恵まれ、豊作が期待出来そうです。
 2007/05/28 09:43  この記事のURL  /  コメント(0)

お早めにお申し込み下さい
 先週木曜日に開催した『SC出店戦略ゼミ』は予想外の好評で満席となり、生活雑貨やフードサービス、ゲームセンターなどアパレル以外の企業も増えました。毎回、常連の方も多く、SC選択では本当に助けられたと御礼まで頂きました。11月に開催する次回はもう少し大きな会場を手配しなければならないでしょう。6月15日に開催する『ブランディングVMDゼミ』も出足好調で、今月中に満席になりそうです。ブランディングに直結する洗練された陳列手法を学びたい方はお早めにお申し込み下さい。
 木曜/金曜の夜は月例の「販売情報交換会」を開催しました。5月直近の都内百貨店販売状況はレディス/メンズとも4月よりやや好調のようですが、3〜4月に全面リモデルした両百貨店は連休明けは一気に減速しているようです。もともと無理の有るゾーニングが指摘されていただけに「やっぱりね」というのが実感で、年間予算の達成はかなり苦しそう。商品動向ではレディス/メンズともビビットな綿の夏物を飛ばしてアシッドな麻混の晩夏物が台頭しており、シルエットも緩くなっているようです。レディスではワンピース/チュニック、麻系ハイゲージニット、ギリ短から膝丈までの丈パンツやワイドパンツ、メンズでは綿麻のシャツライクなライトジャケットと衿変化ポロシャツが好調との事でした。
 今週はトップとの会食や面談が重なっており、新たなプロジェクトの依頼も幾つかあって神経を使う週になりそうです。24日の木曜日には『在庫圧縮と消化回転向上への調達・配分・運用手法総研究』をテーマにSPAC月例研究会を開催します。ポイントの桜井常務とジャパンイマジネーションの小嶋専務のパネルも行いますので、御興味ある方はオブザーバー参加をお申し込み下さい(SPAC入会を検討するトップエグゼクティブに限定させて頂きます)。
 2007/05/21 10:45  この記事のURL  /  コメント(0)

「SC出店戦略ゼミ」を開催します
 先週は連休明けでスロースタートとなりましたが、某ブランドのMD戦略提案や「商業界」「販売革新」の原稿をこなす一方、企業再生ビジネスの準備も着々と進行。そのうちお話できる時も来るでしょう。週末は妻と愛犬を伴って目黒川沿いを散策。80年代初期からタイムスリップしたようなセレクトショップが点在する中、美味しいケーキ屋さんや手作りっぽいカフェを楽しみながら午後の時間を過ごしました。お上りさんが溢れる表参道と違って人通りは疎らで、桜並木が日射しを和らげてくれる下、二人と一匹でトロトロ散歩しました。
 今週は木曜日に「SC出店戦略ゼミ」を開催します。今秋から来年に掛けて開業を計画している主要大型SCの商圏/競合環境を検証して売上と販売効率を予測するもので、ほぼ+−5%以内の精度を実証しています。昨年開業した主要大型SCの開業後の営業成績もほぼ予測通りで、当社のSC格付けを信頼して出店の可否を決めているテナント企業では後悔するような出店はまずないはずです。業界紙などでダメSCへ出店するという報道を見る度、なぜ当社のSC格付け情報を活用しないのか(恐らく知らないのでしょう)、大枚を溝に捨てる愚行を残念に思います。とは言え、今回のゼミは会場が狭く、もう一席しか残っていません。御興味ある方はお急ぎ下さい。
 2007/05/14 10:54  この記事のURL  /  コメント(0)

SC栄えて古き街廃る
 GWの前半は土建屋政治とイオンSCによって廃墟と化した故郷の街に久方ぶりに立ち寄りましたが、青春時代に散策した美しき山畑は道路と脈絡ないミニ宅地開発に分断され、見る影もありませんでした。水草が茂り魚影が走っていた清らかな小川やレンゲ畑も宅地に成り果て、かつては多くの画家が好んで住んだというこの城下町の面影は完膚なきまでに破壊し尽くされていました。年老いた両親が棲む屋敷町の一角こそまだ面影を残していましたが、空家となって朽ち果てた古屋が目立ち、老人だけがひっそりと棲むロストタウンに成り果てていました。
 柳川や萩のような数少ない例を除き、日本中の地方小都市を皆、このような姿にしてしまった土建屋政治と開発至上主義を果たして文明と言えるのだろうか。旅行で訪れたフランスやイギリスの田舎町の美しき田園風景を想うたび、やり場のない怒りがこみ上げて来ます。今朝の新聞はイオングループが開発投資を倍増する事を伝えていましたが、これでまた廃墟となる街が増えるのでしょう。『SC栄えて古き街廃る、山河もまた荒れ果てる』などと詠いたくなってしまいます。
 などと想いを巡らしながら、GWの後半は初夏のそよ風が吹き抜ける我が家の緑陰で微睡んでいます。八分咲きの薔薇達に囲まれて時の流れも忘れ、傍らで日向ぼっこする愛犬スヌーピーを薄目で見遣りながら寛ぎを満喫しています。ちなみに我が家の薔薇はつる薔薇からイングリッシュローズまで約50本あり、満開直前の今は400〜500輪が咲き誇っています。来週末のピークには600輪を超える花が咲き揃うのではないでしょうか。明日からはまた仕事に追われる日々が始まるのかと思うと、ちょっと憂鬱です。
 2007/05/07 11:01  この記事のURL  /  コメント(0)

神業的パフォーマンスかも
 先週は27日開催のSPAC研究会の準備を進めながら、名古屋出張を含めて朝に夕なに7回計12ブランドのVMDクリニックをこなし、その合間を縫って「ファッション販売」のカラー原稿を仕上げるというハードな一週間でした。VMDクリニックは開店前か閉店後しか出来ない仕事ですから正に夜討ち朝駆けで、長距離移動もともなって睡眠時間に食い込み、さすがにバテてしまいました。GWを控えて“売れる陳列構成”を求めるブランドのニーズが集中し、超多忙なスケジュールになってしまったのです。
 VMDクリニックは、ブランドのポジションと周辺のスタイリング傾向を熟知した上で、手持ち在庫を最適なシーズン/テイスト・ポジションとルック/パワーアイテム訴求に再編集し、売上と消化回転を極大化する一方でブランディングを積み上げていくという、繊細かつダイナミックな業務です。実行にあたってはスタイリング/MD訴求の感度、周辺ライバル動向やシーズン進行の掌握が不可欠で、短時間に状況判断力と創造力を発揮しなければなりません。極度の集中力を要するため2時間が限界です。売れてないショップも即時に売れ出すというちょっとしたマジックですから、傍観者には一種の神業的パフォーマンスに見えるかも知れません。
 今週はGWですからお休みが連続しますが、中日にはまた出張のVMDクリニックなどがあり、プロジェクト業務が詰まっている事もあって出勤します。GW後半はどこへも行かず、デッキガーデンの満開の薔薇達を眺めて過ごすつもりです。
 2007/05/01 09:58  この記事のURL  /  コメント(0)

| Main |


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ