| Main |
コレクションMDから月度展開MDを組む
 先週はロンドンと東京でふたつの欧州ブランドの日本展開MD組み立てに関わりましたが、どちらもオリジナルMDは季節感を欠いており、月度に切り替えて行く日本展開MDに組み換えるのは難渋しました。どちらのコレクションもパリで組まれているのですが、シーンテーマやスタイリングテーマがほぼ季節に関係なく並行展開されていくパターンで、カラーパレットも並行してしまいます。どっと投入して売り減らしていくわけで、在庫は半期で一回転しかしません。欧州式のコレクションMDとはそのようなもののようで、季節感を訴求して半期で3回転以上を回す日本式のMDとは隔世の感があります。
 パリやロンドンに季節がないかと言うと、「日が短くなるとピノの新酒が出回り・・・・」「プラタナスの落ち葉がペーブメントに・・・・」「寒さが身に凍みるようになるとジビエが恋しくなる・・・・」などと言いますから決してそんな事はないのですが、秋がごく短く冬が長いのは事実でしょう。店頭のデリバリーを見ても、機動的なSPAやごく一部のラグジュアリーブランドを除いては、バカンス明けにようやく秋物が入り始めたと思うと9月第2週にはウールコートまでが並ぶという忙しなさで、短い秋の後は9月後半から長い冬展開になり、11月末になってようやくクリスマス休暇向けのホリデイやクルーズが投入されるという変化しかありません。長い冬+半秋/半ホリデイの計2期展開がせいぜいという印象です。リテイル系SPAや一部のラグジュアリーブランドではホリデイの投入がもっと早く、毎月のウインド打ち出しにも変化が見られますが、MD総体が月度展開されるというのは極めて例外的なようです。
 鮮度と変化を訴求して在庫の回転を上げるには月度MDが不可欠で、テーマとカラーパレットが月度に切り替わって見えるよう、かつ月度にスタイリングが決まってキーアイテムの奥行きが出るよう、四苦八苦しながら組み直しました。実際の売場展開でも前月のアクセントカラーを抜き上げたり色回ししたりし、パキっとした切り替えが成り立つよう在庫運用すべきでしょう。
 
 2007/01/29 10:24  この記事のURL  /  コメント(0)

ロンドンから帰って来ました
 日曜日に成田を立ってロンドンで2泊して仕事を片し、水曜日の夕刻に成田に帰って来ました。ロンドンのホテルは今ひとつだったけどJALのシートはゆったりしていて、しっかり眠れました。眠い中で見た浅田次郎の「メトロに乗って」は泣けましたネ。岡本綾が演ずるMICHIKOが自らの出生を断つシーンは涙なしには見れませんでした(行き帰り2度も見た)。
 さすがにロンドンは東京より切れるように寒かったけど、現地では記録的な暖冬だと言っていました。駆け足で春の立ち上げもチェックしましたが、ラグジュアリー系はコレクションで見た通りで「ああそう」という感じ。トップショップの60'Sモダンなヴィンテージ調ドレスのオンパレード(千着じゃ効かないほど)が印象的でした。
 月〜水と会社を空けていましたから、木曜朝には判断案件とチェック案件が山積み。それを午前中に片し、午後はパシフィコ横浜(SCフェアの最終日なのです)まで飛んで行ってデベロッパー関係者に顔を売らなくてはなりません。いいお仕事がいっぱい来るよう営業に出かけるのです。
 金曜日は某大手アパレルで07AWのディレクションセミナーをして、夜は某大手百貨店で春立ち上げの売場VMDクリニック。ロンドンで別れた頑張り女史と再会してコレクションのMD展開構造を議論する事になりそう。土曜日はある仏系ブランドの07AWコレクションからMD展開を詰めるのでお休み出来ません。午前中には目処を付けてオフにしたいものです。お疲れさまという感じなのですが、未だ新スタッフのあてがついていないのが気掛かりです。
 2007/01/25 11:51  この記事のURL  /  コメント(0)

誰か手伝って
 年末からSC評価やリモデル企画の仕事が相次ぎ、多忙を極めています。前者は不動産あるいは受益権の取得を想定したもの、後者も大規模投資による付加価値向上を目指したもので、新規大型SCの開発規制によって既存SCへの投資意欲が高まっているのが実感されます。SC評価業務は独自のデータと多層環商圏占拠率計算に基づくハフモデル的売上予測が基本で、デスクワークで大半の作業は終わってしまいますが、特殊な要件がある場合は現地調査も加えています。リモデル企画でも同様な検証を行いますが、売場調査や客層調査も重視し、スタッフ総出で現地に出かける事もあります。
 1月はブランドビジネスの来秋冬コレクションから国内展開のMDを組むという重要業務も重なり、神経をすり減らし気味。クリエイティブかつ経験蓄積を要する業務なので部下のサポートも望めず、私一人がクライアントのスタッフと缶詰め状態で取り組んでいます。国内での作業ならともかく、パリやロンドンまで出掛けて缶詰めになるというのはハードワークで、正直言ってちょっと滅入ります。
 来週はロンドン出張で大半が潰れそうだから、今週中には幾つかのSC評価案件やリモデル案件に見通しをつけなければなりません。スタッフ不足に青くなるのも必然の状況なのですが、よほどの人材でない限り戦力になるのは半年か一年先なので、今は気力で乗り切るしかありません。誰か手伝ってくれませんか。
 2007/01/15 10:58  この記事のURL  /  コメント(0)

スタッフを募集します
 2年かけて育てて来たレディスMDコーディネーターのOさんが家業(テキスタイル企画販売)を手伝わねばならなくなり、3月末で退社する事になりました。マーケットやスタイリングの捉え方、MD展開の読み方、その文章表現など一通りマスターしたところだったので、大変残念です。昨年末にはメンズMDコーディネーターのM君がMD実務のキャリアを積む為、大手アパレルの現場へ出ていきました。外資ブランドビジネスから当社に来てまる3年、マーケット動向やMD展開を読む力は抜群だっただけに非常に残念です。彼のキャリアステップを考えるならMD実務のキャリアは不可欠で、やむを得なかったと思います。
 当社のスタッフは、MD実務を経験した上で入社し長く居られる方、次にMD実務に付く為に2〜3年、当社でキャリアを積む若い方、の2タイプに分かれます。後者の場合、ほぼ全員が希望通りに有力企業のバイヤーやMDに栄転しており、有給のビジネススクールみたいな性格があります。もちろん、まともなお給料が出てボーナスも有給休暇もあるちゃんとした待遇なのですが、将来の第一線MDや事業ヘッドを目指す方には
最適なキャリアステップとなるようです。
 2〜3年でキャリアアップされては当社としては苦しいのですが、これも事業の公的負担と諦めています。転職していったスタッフが数年後に重要なポストに付き、当社のSPAC研究会に参加してくれたり仕事を繋いでくれたりというケースもあり、卒業生と割り切る事にしています。
 という訳で、レディスのMDコーディネーター(109系からOLまでカバー)、メンズのMDコーディネーター(モール系から百貨店系までカバー)、各一名を募集する事になりました。一応、『専卒以上でバイヤーや商品企画の経験がある25〜30才ぐらいの方』という募集条件ですが、感性に恵まれ基礎学力が高く吸収力のある方なら短期間で離陸出来ると思います。レディス/メンズともしっかりした先輩がいますから、手取り足取り教えてくれるでしょう。
 現存スタッフに言わせれば私の要求水準は高く日々の研鑽が不可欠との事ですが、業務の多くは定型化されており、きちんと手を抜かずステップを踏めば必ずマスターできます。このブログを読んでいるのはもっと高いキャリアの方が多いと思われますが、後輩に声を掛けて頂ければ幸いです。
 ※応募の方は当社ホームページの募集フォームからアクセスするか、採用担当の掘/深野まで直接お電話下さい(03-3403-8233)。募集の詳細はこちらから。
 2007/01/09 10:59  この記事のURL  /  コメント(0)

事業再生コンサルティングに取り組みます
 昨年末、某大手セレクト企業が役員含みでM&Aの専門家を招聘。その方を紹介された時、『いよいよライブドア戦略ですね』と言いたくなるのを飲み込みました。「ライブドア戦略」と言うと如何にもうさん臭く聞こえますが、『M&Aによって入手した事業を再生して付加価値を高め、株式公開や転売、あるいは自社の成長や株価上昇によって利益を得る資本戦略』と定義される立派に確立された成長戦略なのです。ライブドアはその過程でインサイダー取引や粉飾決算などの違法行為を行った事が指弾されただけで、合法的に行うなら実に効果的な成長戦略であり、イオングループが先行して実践しファーストリテイリングも志向する上場企業のメインストリームと言うべきものなのです。もちろん、前述した某大手セレクト企業に対しても、肯定的な意味で一言述べたくなったわけです。
 近頃は大変な人手不足で、売場スタッフはもちろんですが、事業の盛衰を左右するCOOやMD、営業部長クラスの適材入手は困難を極め、コストも急上昇しています。そんな中、自社で事業を拡大するスピードには限界があり、一気に事業と人材を入手出来るM&Aが極めて魅力的な手法として注目されているのです。某セレクト企業も危なっかしく見えるほど新業態を布石し続けても期待する成長には遠く、資本マーケットの評価を得るにはM&A戦略が不可欠と決断したのでしょう。
 ファンド系に加えて現業企業までもがM&A戦略にしのぎを削るようになれば事業買収の波はさらに高まり、買い値も釣り上がっていきます。となれば、買収した事業をより短期により高付加価値に再生できる技量が問われる事になり、事業再生戦略のキーマンとして戦略コンサルタントや辣腕事業責任者が希求されるのは間違いありません。よって、今年のメイン業務として事業再生コンサルティングに取り組む事にしましょう。となれば、六本木ヒルズに本社を構える某大手ファンドともコミュニケーションを深めなくては。
 
 2007/01/05 16:09  この記事のURL  /  コメント(0)

| Main |


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ