« 前へ | Main | 次へ »
優越的地位の濫用!
 先週のWWDジャパンのコラムで伊勢丹新宿本店長の中陽次さんが夏セールを送らせる事が如何に業界や消費者の為になるか延々と論展しておられたが、私には一方的な主張としか思えなかった。実際、6月の専門店各社や百貨店の売上は不調で、多くが夏セールの後ろ倒しを要因として挙げていた。7月の売上が出て合算してみないと解らないが、セールの後ろ倒しが消費の回復基調に水を差した事は間違いないだろう。業界を主導する強大な企業の思いつきに業界が振り回されるというのは一種の優越的地位の濫用ではないかとさえ思える。
 それを言うなら、駅ビル業界の寡占企業、ルミネの夏セールに関する動きはもっと業界を振り回したのではないか。ルミネは三越伊勢丹に同調して夏セールを二週間後ろ倒しし、業界にも同調を強く働き掛けたが、昨年は逆に二週間、前倒ししたという経緯がある。節電下でのセール熱気を回避するためと理由付けしていたが、これも相当の屁理屈と言うしかない。結局、昨年と今年で一ヶ月も夏セールを前後した訳で、業界は散々振り回される事になった。
 セール時期をどうするかは個別館や個別ブランドの営業政策やシーズンMD展開に拠るもので、個々に一貫している限りは自由な競争政策として許容されるべきものだ。しかし、ルミネのように昨年は二週間前倒し今年は二週間後ろ倒すような無節操な跛行は、業界を振り回す優越的地位の濫用と言わざるを得ない。
 三越伊勢丹、とりわけ伊勢丹は欧米式のシーズンMD前倒しをリードして来た百貨店であり、プレフォールを積極的に展開して来た経緯を考えると、これもセールの後ろ倒しとは矛盾している。プレフォールを積極展開する欧米のデパート、とりわけ米国のデパートの夏セールは早く、6月中旬から始まって独立記念日(7月4日)までには一巡し、プレフォール一色に切り替わる。伊勢丹もまた自社の営業政策と矛盾しており、今回の夏セール後ろ倒しの経緯には不透明な点が多い。
 三越伊勢丹のセール後ろ倒し提案に同調した大手アパレルにしても、店頭のMD展開を見る限り、晩夏物を素材から開発した形跡が無く、一部で報道されたように大手アパレル側から働き掛けたとも思われない。セール後ろ倒しでMDも販売も混乱し、振り回された側だったと見るべきであろう。
 セールを何時行うかは営業政策が一貫している限りは個別館の競争的判断に委ねられるが、営業政策が無節操に跛行するようでは業界を振り回すだけで迷惑としか言いようが無い。強大な寡占企業の営業政策においては、優越的地位の濫用とならないよう慎重な行動が望まれる。
 2012/07/23 09:29  この記事のURL  /  コメント(1)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

いつも大変勉強させていただいております。
先日のWWDの記事については、「百貨店はまず買い取りにして商売の原点に立ち戻れ」と正直思います。委託または消化で商品を借りてるだけのくせに勝手にセールを後ろ倒しにしたうえに、中小の資金的余裕のないアパレルには超低金利融資をしろとは呆れてしまいます。超低金利でも金利は金利、本来は払う必要のないコストということも知らないなんてバカを晒すのもいい加減にしろと思います。完全に見方が傲慢です。少なくとも7割〜8割は買い取りにしてからどのような在庫消化も含めたMDを組むか、そこに消費者に対しての説得力があるかです。欧米で僭越ながら私が一番と思っているセルフリッジでも買取が基本、そのためにセール、再値下げ、再々値下げの迫力もすごいですし、各ブランドをしっかり理解したうえでの編集とプロパー立上げの打ち出しは素晴らしいと思います。
また今季のセールで最悪だったのは、7月1日(日)立ち上がりという後ろ倒しを意識しつつ中途半端な対応をしたデベロッパーです。本来であれば6月28日〜29日、または7月5日〜6日にすべきですが、後ろ倒しにしきれず6月中も躊躇し、セールの盛り上がりに必要な金曜も含めた週末3日間を完全につぶしました。「踊るルミネ」同様、このような「踊らされるデベロッパー」も同様に無策と思います。
Posted by:鈴木 晃  at 2012年07月23日(月) 10:31


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ