« 前へ | Main | 次へ »
大きく近くなったアウトレットモール
 3月27日開催のSPAC月例研究会「アウトレットモール活用総研究」では全国のアウトレットモールを検証して格付けし、並行して佐野/御殿場のプレミアムアウトレットを実地検証しました。まず目が行くのはラグジュアリー系ですが、昨シーズンの売れ残りばかりで買いたい商品は限られます。それに対してセレクト系は昨シーズンも今シーズンも大差なく(アウトレット用の企画商品もあって品揃えが良く)、プロパー店舗のようにショッピング出来ます。ラグジュアリー系の方がアウトレット本来の姿だと思いますが、セレクト系の品揃えの充実も魅力でしょう。
 近年、アウトレットモールは大型化と都市圏接近が顕著で、4月10日に開業する三井アウトレットパーク入間など圏央道入間IC側に最初から204店(アウトレットは181店)を集積して開業します。同社のジャズドリーム長島と並んで、近い大きいアウトレットの代表例と言えるでしょう。三井アウトレットパーク入間は全天候型の店舗配置や駐車場のレイアウトなど最近の大型モールのように洗練されており、大勢が押し掛けても混乱は最低限に抑えられると期待されます。4月8日のプレスディに出掛けますので、また報告します。
 個人的には、軽井沢の避暑生活の中でゴルフやテニスを楽しむのと同じようにアウトレットショッピングを位置付けています。リゾートやアウトドアに必須のウェアや雑貨ははほぼ100%、プリンスアウトレットで済ませています。これで家具/インテリア系のアウトレットストアが揃えばリゾートライフは完璧でしょう。定価で買うのはトップトレンド商品だけで十分で(それでも百貨店では10%引きが当たり前だが)、実用商品はアウトレットで済ませるのが賢明でしょう。
 2008/03/31 11:41  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ