« 前へ | Main | 次へ »
プリンシプルとフェアプレイ
 昨日午後、『アジア市場における事業展開』をテーマに月例のSPAC研究会を開催しましたが、時節を得たテーマと魅力的なゲストパネラーで会場は満員となり、息苦しいほど熱気が溢れていました。中国/アセアン市場の最新動向と事業展開、出店コストや取引条件など私の詳細な報告の後、アパレルウェブの千金楽社長をコーディネーターに、シンガポール国際企業庁東京事務所所長 リー・ホイリョンさん、キャピタランド・リテール・マネジメント代表取締役 ケック・チーハウさんをお招きしてパネルディスカッションを開催しましたが、千金楽さんの突っ込みが上手かったのか私のリアルな報告でテンションが上がったのか、お二人とも期待以上にオープンに発言され、『シンガポールや中国に出店されるならご遠慮なくご相談ください』と締めくくって下さいました。という訳で、バネル終了後はお二人の前に名刺交換の行列が出来ました。
 お二人に共通するのは日本在住が長く(どちらの奥様も日本人)言葉に不自由がないこと、恐らく30代の若さで重要なポストに在ること、そしてプリンシプルが通った知的ジェントルマンであることでしょう。中国/アセアンというと属人的な要素が強く賄賂が横行するイメージがありますが、かつて英国の植民地であったシンガポールはプリンシプルとフェアプレイの紳士のお国柄で、公務員であるリーさん、国家資本デベロッパーのエグゼクティブであるケックさん、お二人ともプリンシプルの通ったサービス精神を感じさせてくれました。会場には香港貿易発展局のスタッフも駆けつけてくれましたが、同様に旧英国植民地である香港もプリンシプルとフェアプレイの紳士のお国柄である事は言うまでもありません。
 中国進出がブームとなり中国資本が日本企業を買いあさる昨今、「中国式ビジネス」を真似る経営者もおられるようですが、ビジネスの王道はプリンシプルとフェアプレイに徹してお客様やお取引先を裏切らない事だと思います。中国/アセアン進出においては信頼出来るパートナーや行政サービスを活用すべきで、‘裏技’に期待すべきではないでしょう。
 2012/06/29 11:02  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ