« 前へ | Main | 次へ »
「クロコダイル」の新レーベルは良かったよ
 ヤマトインターナショナルが「クロコダイル」の新レーベルを出すというので、ランチついでにキャットストリートを渋谷近くまで歩いてショールームにお邪魔しました。今年二月に開いたというショールームはフレッシュネスバーガーお隣りのビルの4Fで、コンパクトながら見易く陳列されていました。
 まず眼についたのが見知った「クロコダイル」とは異なるコンテンポラリーなスタイリングで、レディスはアラフォーミセス好みの上質なコージーナチュラル・レイヤード、メンズは40代ビジネスマン好みのナチュラルニートなプレップスタイルが打ち出されていました。レディスはゆるくレイヤードしながらもプレップな質感を崩さず、メンズはナチュラルながら加工感を避けて上品なプレップ感を保っていました。
 「クロコダイル」と大差ないお手頃価格できっちり品質を保ち、若々しいスタイリングを打ち出した新レーベル(「クロコダイル・トーキョー」と言うのでしょうか?)は代官山のアドレスや恵比寿のアトレに合いそうで、結構いい商業施設に売場を確保出来るかも。
 最近の新ブランドはファストな市場対応が先に出て品質感やテイスト軸が危うかったり、逆に物作りのこだわりが先に出て何処で誰に売るのか無理を感じるケースが多く、前者は再構築しないと離陸出来そうもないし(はっきり言えば世の中に不要のブランド)、後者は店舗展開が広がらず売上も伸びない事になる(ホントもったいないです)。そんなブランド達に較べると「クロコダイル」の新レーベルは出生が確かで品質やテイストの軸が定まっており、何処で誰に売るのかも素直に読める。今時めずらしく無理のないスタートを切るブランドになりそうだ。


 2012/05/31 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ