« 前へ | Main | 次へ »
バギー族殺到
 ジュンがモデルの梨花さんをディレクターに起用して4月12日に代官山駅前に開業した「メゾンドリーファー」に、梨花さんのライフスタイルに憧れるバギー族が殺到している。開店直後は来店客の殺到で整理券を発行して入店を制限する騒ぎが続き、当社のコーディネーターも入店を諦めて帰って来たほど。そんな開店景気も一巡した今週の平日、ようやく店内を覗く事が出来ました。
 ビルの1〜2階に位置するものの店内は部屋毎に区切られたハウス感覚で、二階はカフェになっている。一階のブティックはリビング、ダイニング、ベッドルーム、子供部屋などで構成され、ナチュラルなリラックス感で統一されている。ベッドリネンやルームフレグランスなど生活雑貨が過半を占め、衣料品はセレクト主体で、オリジナルの「リーファー」はホームウエアとディリーウェアがラック3〜4本というささやかな展開。予約制のウエディングサロンではドレスのセミオーダーを受けるそうだが、ライフスタイルブランドだけに主役は生活雑貨とホームウエア。そんな世界に共感するアラサーのバギー族が殺到し、子供を乗せたバギーが狭い店内に溢れて混雑を過熱させていた。そんな混雑を回避するためか、店頭右側のオープンスペースをバギー専用駐輪場にしていたのが目を惹いた。
 「メゾンドリーファー」に限らず、最近は生活雑貨主体で衣料品がおまけのようなブランドが急増している。渋谷ヒカリエの四階、五階にはそんなブランドが幾つも並んでいたし、B1Fの百貨店的コスメとは別に1Fをナチュラルコスメのフロアとしていた事が印象的だった。20年続いたデフレを脱して衣料消費は回復基調にあるとは言え、消費マインドはファッションよりライフスタイルに移り、よりナチュラルでリラックスしたマインドを志向しているように思われる。
 2012/04/27 10:11  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ